FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
3位
アクセスランキングを見る>>

おもしろグッズ76

 今回は急遽予定を変更しまして、2週続けてのおもしろグッズ。


 アメリカブランド「BOHEMIANGUITARS」の開発した大変ユニークなギター製品が日本でも販売開始されたという話題です。





BOHEMIANGUITARS / BOHEMIAN TNT 2X P90 Pickups


 まずは見ていただきたいこのルックス(といいますか形態)。

 分類上、持ち運びに便利なトラベルギター的な製品になるでしょうが、なんとボディはオイル缶です。


 オイル缶も”メタルホロウボディ”という言い方をすれば、何故だかそれっぽく聞こえてくるから不思議です。

 確かにメタルホロウボディです。中身の入っていない缶ですから。


 そんな角形の缶から伸びたギターネック。

 ピックアップやブリッジ、テイルピース、コントローラー類・・・。

 まさしくエレキギターであります。





BOHEMIANGUITARS / BOHEMIAN MOONSHINE Single Pickups


 当たり前の話かもしれませんが、しっかりとストラップピンも装備しています。

 缶のデザインと共に、ピックアップレイアウトの異なるラインナップが5種類ほど用意されているのも、また面白いポイント。

 メタルホロウボディとシングルコイル(/P-90)、またはダブルコイルとの相性は如何な物かと興味が沸きます。





BOHEMIANGUITARS / BOHEMIAN HONEY 1 Humbucker 1 Single Coil


 「BOHEMIANGUITARS」を開発したのは、南アフリカ、ヨハネスブルグ出身のご兄弟。

 ヨハネスブルグで見た廃材を利用した楽器を演奏する地元ミュージシャン達に大きな影響を受けたそうでございます。


 彼らは、アメリカに移住後にもその衝撃が忘れられず、やがてこの奇抜なギターの開発にたどり着いたという事なのだそうです。


 型に囚われぬ自由な発想。

 そうなれば当然ギターだけに囚われる事もありません。





BOHEMIANGUITARS / BOHEMIAN MOTOR OIL 2X Single Coil


 メタルホロウボディのベースギターもあります。





BOHEMIANGUITARS / BOHEMIAN HONEY UKULELE


 こんなに可愛らしいウクレレだってあります。





BOHEMIANGUITARS / Gig Bag


 専用のギグバックだってあります。(※別売品・本体にケースは付属しません。ギター/ベース共用)

 こんなケースから一体何が飛び出してくるのか、ギグバックを見るだけでワクワクさせられる様な品だと思います。


 とにかく衝撃の見た目。

 一応、スルーネック構造となっているそうですが、メタルホロウボディの内部はどんな構造になっているのか非常に気になるお品です。


 この世には珍しい品は幾らでもあれど、これほど楽しげなギター製品というのも珍しいのではないかと思います。

 何しろメタルホロウボディという新しさ。

 個人的にはこの表現が非常に気に入りました。





BOHEMIANGUITARS / BOHEMIAN SURF WAX 1X P90




楽器総合小売店の石橋楽器!
スポンサーサイト

おもしろグッズ75

 ギターにまつわるちょっとおもしろいグッズ。


 弦を弾けば自動でチューニングを行ってくれるという”オートマチックチューナー”と言えば、「Gibson」が開発した”ロボットギター”や、Gibson定番製品に搭載された”TRONICAL TUNE(/G-Force)”が先ず思い浮かびますが、それ以降目立った品が登場することもなく、少々一般化したとは言いずらい状況となっております。


 こうしたオートチューナーは、ギターのヘッドに搭載される形という事で、重量の問題やよもやのトラブルがあった場合等を心配すると少し手が出し辛いものであったのかもしれません。

 六弦を纏めてジャランと弾くだけで、あとは機械が勝手にチューニングをしてくれるというのは、それは大変便利に違いないのですが。


 チューニング作業の手間を大幅に削減してくれるオートチューナー。

 どうにか上手い形はないものか?ときっと多くの方が思案していた事でしょう。

 しかし、激安ペダルを開発するアメリカブランド「RevoL effects」がやってくれました。


RevoL effects RT1 High speed tuner 弦巻き機能付き 自動チューナー




 それが今回のおもしろグッズ。

 今月発売になったばかり(※)の、ハンディ”オート”チューナー。

 RevoL effects 「RT1」です。



 ※ ショップによっては9月頃入荷予定の場合もあるようです


RevoLeffects/RT1 High speed tuner【在庫あり】




 ガンタイプの本体に搭載された液晶画面。

 電動ストリングワインダーにチューナー機能が搭載された様な形と言えるでしょうか。


 当然、弦巻取り機能の部分は充電式の電動。

 本機をチューナーのペグへと差し込み、あとは目的の弦を弾くだけです。


 TRONICAL TUNEの様に全ての弦をまとめて鳴らして勝手にチューニングを行う様な真似は出来ませんが、一本の弦に対し本機が勝手に調律状態を検知し、自動で弦の巻取り/緩め動作を行いチューニングしてくれるという機器であります。


 見ての通りのハンディタイプですので、あらかじめギターヘッドにユニットを搭載しておく必要もありません。

 必要な時に取り出し、手軽にオートチューニング。


 それさえ面倒だという方は…もうそうなると、今まで通り手動でチューニングするしかありませんね。


【DT】RevoL effects RT1 High speed tuner オートマチックチューナー




 本機は基本的にエレクトリック/アコースティックギター用。

 ウクレレには対応出来ます。


 チューニングは、”オート”、”セミオート”、”カスタム”と3種のモード搭載で詳細なチューニング設定が可能です。

 クロマチックチューニングにも対応していますので、半音下げなどの設定も可能。

 カスタムモードで細かく設定を行えば、ドロップチューニング等にも対応出来ます。


 キャリブレーションは、440Hz固定。

 電源は、USBを介した充電式で、充電時間は約2時間との事です。

 どれ位、連続使用が可能なのかは、残念ながら記載がありませんでした。


 大き目なチューニングペグに対応出来る様、それに対応したアタッチメントも付属。

 弦を巻きすぎる事による弦切断を防止する各種安全機能も搭載しています。(絶対に弦が切れないと言うわけでは無いと思われます)


 1分間に約180回転のハイスピードモーターを搭載する本機があれば、ペグをぐるぐる手回しする手間とはおさらば。
 
 しかし、演奏中にいちいちこれを取り出してチューニングする。というよりは、弦交換の際に役立つ品になるのかもしれません。

 ある程度調律されたギターであれば、微調整は手動の方が早い筈ですので。


 とは言え、それこそ未来的な大変便利なお品。

 間違いなく、おもしろグッズと言える製品だと思います。


RevoL effects RT1 High speed tuner オートマチックチューナー






楽天市場

おもしろグッズ74

 ギターにまつわるちょっとおもしろいグッズ。


 今回のおもしろグッズは、近頃日本に入って来ました、新しいタイプの”ギターピック”製品。


Riversong Guitars 2P G2 [Dreadnought]




 開発したのは、オリジナリティ溢れるアコースティックモデルを生産するカナダブランド「Riversong Guitars」。


Riversong Guitars Wooden Guitar Pick Original (1.0mm)


 

 そんな、カナダ産木材に拘るこちらのブランドが開発したギターピックがこちらの「Wooden Guitar Pick Original」です。

 中央にメイプルリーフを象った穴あけ加工の施されたギターピック。

 もちろん素材はカナディアンメイプルが使用されているものなのですが、単なる木材ピックとは一味違います。




 なんとこちらのピックは5層構造。

 表裏にマイラー(※)フィルム、そして中心部のPET素材をカナディアンメイプル材で挟み込んだ構造になっております。


 ※ デュポン社の開発したポリエステル系フィルム素材。絶縁素材として幅広く利用されています。


 簡単に言えば、プラスチック(ペットボトルのリサイクル素材)を天然木でサンドイッチした構造になっているのです。

 異素材多層構造のピックというのは聞いた事がありますが、プラスチックと木材の組み合わせというのは初めて目にするものかもしれません。


Riversong Guitars Wooden Guitar Pick Original (0.8mm)




 肝心なのはこれがどういう効果を生み出すのか?という部分ですが、木材を使った多層構造にする事で一般的なプラスチック由来の素材のものよりもしなりが少なく、それでいて中心部にPET素材を配する事で木材のみのピックよりも割れや欠けなどが起こりにくくなっているとの事。

 そして、木材ピックの良さであるピッキングノイズを抑える効果も見込め、指弾きの様なタッチも得られるものなのだそうです。


Riversong Guitars Wooden Guitar Pick Original (0.6mm)




 こうして利点を挙げれば良いこと尽くめな品でありますが、細やかな音色の違いやタッチに拘るギタリストの方々には実際に使ってみて頂いて合うかどうかを判断して頂く他ありません。

 ただ、画期的アイディアの込められた品であることには間違いありません。


 今のところ、形状はティアドロップ型一種のみ。

 厚さは”0.46mm”,”0.6mm”,”0.8mm”,”1.0mm”と4種類が発売になっています。


 木や石など、一般的な自然素材ピックと比べると1枚400円と意外とリーズナブルなのも嬉しいです。


 自然の生み出した素材と人間の生み出した素材の融合。

 そういった意味でも大変面白い製品なのではないかと思います。


Riversong Guitars Wooden Guitar Pick Original (0.6mm)






楽天市場

 | ホーム |  次のページ»»