FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
50代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
80位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
4位
アクセスランキングを見る>>

ギタリストのお勉強84

 ギターを弾く上で知っておくとお得な楽典その84。


 今回は音階上のダイアトニックコードとして現れる”4和音”についての一考察です。


 以前、似通った響きの和音だと言う事を確認する為に、4和音のルートを省いた形を考えてみたことがありますが、今回はその似通った和音という点を少し見方を変えて考えてみたいと思います。

 例によって分かり易く、ハ長調を例に話を進めてみたいと思います。


c41.jpg

 ハ長調の主音”C”を根音とする4和音のダイアトニックコードはCM7。

 ご存じ、転回するとCとBという半音違いの音程が含まれるという少し変わった和音であります。


 ここで、仮にルート音のCを省いたとしますと、残るのはE音を根音としたEm。


 こうして考えますと、Cを根音としたメジャートライアドとEから始まるマイナートライアドが絡み合って構成されている和音だというのが分かります。


c42.jpg

 同じようにハ長調ダイアトニックコードでメジャーセブンスが出来上がる根音はF。


 こちらも根音を省いて考えると、残るのはAmとマイナートライアドだと言う事が確認出来ます。


c43.jpg

 残るメジャーコードは、Gを根音としたG7。


 こちらの場合、根音を省くと残るのはBm-5と少々特殊なトライアドが残るのが分かります。

 こうして見ましてもGを根音とする4和音は、ハ長調ダイアトニックコードの中でドミナントモーションを起こす唯一特殊な和音であると言う事が改めて感じられると思います。


c44.jpg

 では、他のマイナー系4和音はどうなるかと言いますと、それぞれのm7コードのルートを省くと残るのは決まってメジャートライアドになっています。


 とにかく4和音というのは響きが難しいと思っている方も結構いらっしゃると思うのですが、こうして考えますとメジャートライアドとマイナートライアドが一つのコード内に混在しているというのが分かりますから、(響きが)難しいと感じるのもごく普通の感覚なのかもしれません。


 また、4和音の性質を決めるのは3度と7度という考え方に基づけば、ルート+3度+7度の5度を省いた形が効果的だというのも頷けるかと思います。

 (4和音から5度を省いた形からさらにルートを省くと残るのはメジャーもマイナーも無い5度コードになります※注。よって5度抜きの4和音は雰囲気を残しつつもすっきりとした響きに聞こえるはずです。)

 ※ ドミナントセブンス(ハ長調=G7)は5度ではなく♭5になります。


c45.jpg

 さて、ちなみに。

 最後に残ったBをルートとする4和音。Bm7-5から同じようにルートを省くと残るのはDm。

 マイナー系+マイナー系というやはり最後まで仲間はずれな感じのする和音であります。


 長調のダイアトニックコードの中でも特に変わった存在であるというのは、こうして見ても同じであります。


ギター・マガジン 2020年4月号



ギタリストのお勉強83

 ギターを弾く上で知っておくとお得な楽典その83。


 今回は少し特殊な音楽・リズム概念、”ポリリズム”についてです。




 ”ポリリズム”と聞いて、日本の女性アーティスト「Perfume」の楽曲を思い浮かべる方も多いかと思われますが、まさにあの曲こそ今回話題とする”ポリリズム”であります。


 ”ポリリズム”とは、リズムの異なる声部が同時に登場する楽曲の事、またその形態を表す音楽用語です。


p431.jpg

 簡単な例としては、上記の様な4/4拍子と4/3拍子、異なるリズムのフレーズが同時に演奏される楽曲です。


p432.jpg

 二つのフレーズを見やすくする為、4/4拍子の譜面に4/3拍子のフレーズを(循環させて)まとめてみますとこうなります。


 この場合、両フレーズは共にに8分音符ですので、音の出るタイミングは綺麗にならびますが、リズムが異なる為フレーズの内容は徐々にずれていってしまう事になります。

 しかし、これを繰り返していくと、4拍子と3拍子の最小公倍数である12小節で一巡する事になります。

 徐々にズレて行く両フレーズが12小節目でぴったり始めに戻るのです。


 これが簡単なところの”ポリリズム”であります。


 しかし、リズムには7/8拍子などの特殊なものも存在します。

 さらには、三連符の循環といったフレーズもありうる訳です。


 こうなると、各フレーズの発音タイミングにもズレが生じる事となり、非常に複雑な楽曲になったりもします。




 有名な所では、ショパンの「幻想即興曲」などが其の好例で、メロディと伴奏(右手と左手)が異なるリズムで演奏されている為、実に不思議な印象の楽曲となっています。

 一瞬、適当に弾いているのではないか?とも感じてしまうところですが、これも何小節(時には何十小節)単位でみるとぴったり合うポイントが生まれています。


 これを演奏するとなると恐るべきリズム感覚が必要だというのは容易に想像出来るかと思いますが、実際ポリリズムを取り入れた曲を演奏するのは大変難しいものであります。

 しかしながら、変拍子が積極的に取り入れられたオルタナティブ系ロックが流行した頃などは、こうした”ポリリズム”の楽曲が多くみられました。

 ギターとベースのポリリズムやギターとドラムのポリリズムなど、聞くものをあっと驚かせる様な楽曲も数多く存在します。

 もちろん、奏者が人間でなくDTMならば簡単なのですが、人の手による演奏でも不可能ではないという事です。


 音楽にはこうした自由な発想、アプローチの仕方があると知っておくと、また違った曲の聞き方・解釈の仕方が出来ると思います。

 バンドアンサンブルなど、ご自身で考え創作してみるのも面白いかもしれません。


幻想即興曲(即興曲 第4番 嬰ハ短調 作品66)



ギタリストのお勉強82

 ギターを弾く上で知っておくとお得な楽典その82。


 今回は、以前より何度も取り上げて参りました”和音の機能”と”代理コード”のお話。

 それを視覚的に分かり易い形で、今一度見直してみましょうという内容です。


 音階上に構成されるダイアトニックコードには、トニックやサブドミナント、ドミナントと言ったそれぞれに機能があり、それは主三和音以外の副三和音にも代理としての機能がある。

 そして、副三和音が代理コードとして働く理由は、各機能を持った主三和音と該当する副三和音が似たような響きを持った和音であるという事についても既に見てきた通りであります。


TSD001.jpg

 これを今一度確認してみましょう。


 Cメジャー(ハ長調)におけるダイアトニックコードの内、トニックコードはC。

 もちろんこれには、CM7やCM7(9)も含まれる訳ですが、さらにEmやAm(これにも+7等も含まれます)コードがトニックの代理として作用するとされています。


 上記図の時点でCとEmはその構成音から似たような響きがする者同士というのはすぐ見て取れるでしょうが、Amもまた似たような響きであると言われても、少し分かり難いかもしれません。


 そこで、CをCM7に、Amを一オクターブ下げ、Am7(9)の形にしてみましょう。


TSD002.jpg

 こうすると見た目にも随分と分かり易くなると思います。

 Am7(9)は、すなわちCM7にさらに根音Aを足したもの。

 似た響きである=C(トニックコード)の代理として利用出来るという意味が視覚的にも確認出来る筈です。


TSD003.jpg

 ハ長調におけるAmは、サブドミナントの代理としても作用する場合がありますが、これも主三和音のサブドミナントコード”F”と比べて見ますと良くお分かり頂けると思います。

 先ほどと同じようにFをF7としてみると、FとAmは似た響きを持ったコードであると見た目にも理解出来ると思います。


 つまり、Amの響きは、トニックコードである”C”とサブドミナントコードである”F”、どちらとも似ている響きを持ったコードであるという事です。


TSD004.jpg

 さらに、トライトーンを内包するBm♭5は、ドミナントの代理として利用出来るというのは以前も見た通りです。


 こうしたコード機能と似た響きという関係は短調においても変りなく、副三和音が持つコード機能は主三和音と似た響きを持っているからだと説明出来ます。


 さて、こうなると主三和音や副三和音、その機能などと言っても似た響きのコードが多く、実は大して変化していないものなのではないか?と疑問に思われるかもしれません。

 実はその通りであり、当然似た響きのコードが連続すればそれだけあまり変化のないコード進行が出来上がってしまいます。(すなわちこれが悪いという訳ではありません)

 ただ、逆に考えれば、コード機能と似た響きに注意をしながらコード進行を組み立てれば、非常に効果的(印象的)な伴奏/コード進行を作り出せるという事でもあります。


 特にダイアトニックコード内だけで和音を考えてしまうと似た響きの連続になり易いとも言えますので、こうした和音の見かたを踏まえれば、ここぞという時のノンダイアトニックコードの積極活用なども見えてくるのではないかと思います。

 同時に、ただ和音構成音を増やせば(複雑な和音にすれば)良いというのも少し違う(似た響きが出来やすくなる)という点にも気付けるのではないかと思います。


Donner イコライザー EQシーカー 10バンド EQ Equalizer ギターエフェクター ペダル (EQ Seeker)




««前のページ  | ホーム |  次のページ»»