FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
58位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

ギタリストのお勉強82

 ギターを弾く上で知っておくとお得な楽典その82。


 今回は、以前より何度も取り上げて参りました”和音の機能”と”代理コード”のお話。

 それを視覚的に分かり易い形で、今一度見直してみましょうという内容です。


 音階上に構成されるダイアトニックコードには、トニックやサブドミナント、ドミナントと言ったそれぞれに機能があり、それは主三和音以外の副三和音にも代理としての機能がある。

 そして、副三和音が代理コードとして働く理由は、各機能を持った主三和音と該当する副三和音が似たような響きを持った和音であるという事についても既に見てきた通りであります。


TSD001.jpg

 これを今一度確認してみましょう。


 Cメジャー(ハ長調)におけるダイアトニックコードの内、トニックコードはC。

 もちろんこれには、CM7やCM7(9)も含まれる訳ですが、さらにEmやAm(これにも+7等も含まれます)コードがトニックの代理として作用するとされています。


 上記図の時点でCとEmはその構成音から似たような響きがする者同士というのはすぐ見て取れるでしょうが、Amもまた似たような響きであると言われても、少し分かり難いかもしれません。


 そこで、CをCM7に、Amを一オクターブ下げ、Am7(9)の形にしてみましょう。


TSD002.jpg

 こうすると見た目にも随分と分かり易くなると思います。

 Am7(9)は、すなわちCM7にさらに根音Aを足したもの。

 似た響きである=C(トニックコード)の代理として利用出来るという意味が視覚的にも確認出来る筈です。


TSD003.jpg

 ハ長調におけるAmは、サブドミナントの代理としても作用する場合がありますが、これも主三和音のサブドミナントコード”F”と比べて見ますと良くお分かり頂けると思います。

 先ほどと同じようにFをF7としてみると、FとAmは似た響きを持ったコードであると見た目にも理解出来ると思います。


 つまり、Amの響きは、トニックコードである”C”とサブドミナントコードである”F”、どちらとも似ている響きを持ったコードであるという事です。


TSD004.jpg

 さらに、トライトーンを内包するBm♭5は、ドミナントの代理として利用出来るというのは以前も見た通りです。


 こうしたコード機能と似た響きという関係は短調においても変りなく、副三和音が持つコード機能は主三和音と似た響きを持っているからだと説明出来ます。


 さて、こうなると主三和音や副三和音、その機能などと言っても似た響きのコードが多く、実は大して変化していないものなのではないか?と疑問に思われるかもしれません。

 実はその通りであり、当然似た響きのコードが連続すればそれだけあまり変化のないコード進行が出来上がってしまいます。(すなわちこれが悪いという訳ではありません)

 ただ、逆に考えれば、コード機能と似た響きに注意をしながらコード進行を組み立てれば、非常に効果的(印象的)な伴奏/コード進行を作り出せるという事でもあります。


 特にダイアトニックコード内だけで和音を考えてしまうと似た響きの連続になり易いとも言えますので、こうした和音の見かたを踏まえれば、ここぞという時のノンダイアトニックコードの積極活用なども見えてくるのではないかと思います。

 同時に、ただ和音構成音を増やせば(複雑な和音にすれば)良いというのも少し違う(似た響きが出来やすくなる)という点にも気付けるのではないかと思います。


Donner イコライザー EQシーカー 10バンド EQ Equalizer ギターエフェクター ペダル (EQ Seeker)



スポンサーサイト



ギタリストのお勉強81

 ギターを弾く上で知っておくとお得な楽典その81。


 今回はメロディやフレーズ内で好ましくないとされる音の繋がりのお話です。


 実際に楽器を使い、作曲やフレーズ制作をすれば、良くない音の繋がり等というものは感覚的に掴めるものだとは思います。

 単純に良くないメロディ、格好の良くないフレーズとして聞こえる訳ですから、そんなものは自然と避ける訳です。


 しかし、こういった良くない音の繋がり方は、(楽典的な解釈で)避けるべき音の繋がりとして既に知られているものであったりします。


 そんな例を一つ。


TAB399.jpg

 最初の音から二つ目の音、三つ目の音と三音連続するメロディ/フレーズ(の一部)があったとします。

 上記の場合、最初の音から二番目の音へと跳躍進行し、さらにもう一度跳躍するという形です(二回同方向への進行/この場合上行二回)。


 実際に弾いてみて頂くとお分かり頂けると思いますが、あまり魅力的とは言えない音列です。

 譜割りやリズムを工夫したとて良くは聞こえないでしょう。


TAB400.jpg

 ここでポイントとなるのは、二回の跳躍の音程差、その合計です。

 このメロディの場合、二回の跳躍の音程差合計は増4度。

 同方向、二回の跳躍進行で増4度に帰結するフレーズはそれだけで良く聞こえません。


TAB401.jpg

 同じように、二回の跳躍後の音程差合計が長/短7度になるもの。


TAB402.jpg

 そして、長/短9度になるものは、それだけで魅力的な音列にはなりません。


 もし実際に弾いてみて、これが魅力的だと捉えられるのだとしたら、その方は少々特異な音楽的感性を持っている方なのかもしれません。

 大抵の方が、収まりが悪いと感じられる筈であります。


TAB403.jpg

 この他にも、一回の跳躍進行が短7度以上(オクターブ移動は除外)になる場合など、楽典的に良くないとされるメロディ/フレーズ進行の形が幾つか存在します。

 しかしながら、特にロックやポップスなどでは、そうした良くないとされる基準も時代とともに曖昧になっている部分もあります。

 必ずしも絶対にダメと言える訳ではありません。

 これは、聞き手に疑問を感じさせてしまう様なメロディやフレーズも、それ自体がインパクトある音列と捉えられる場合もあるからだと思います。


 音楽の常識も時代(やジャンル)とともに変化をする場合もある。

 そうした事柄は、創作という物事上忘れてはならない概念なのかもしれません。


【愛曲クロス付】【フットコントローラー/PEDL91009付】Marshall マーシャル CODE25 あらゆるプログラミングが可能となったモデリングアンプ



ギタリストのお勉強80

 ギターを弾く上で知っておくとお得な楽典その80。


 今回は、見た目と実際の表現とが異なる音符のお話です。


TAB393.jpg

 楽譜に示される四分音符や八分音符などは、小節内における音の長さを示すものであるというのは皆さまよくご存じの通りでございますが、ここにある記号がつくとその意味が変わります。


TAB394.jpg

 ” ・ ”

 これも皆さまよくお馴染みの”スタッカート”です。


 漠然と”音を短く”すると覚えていらっしゃる方も多いかと思いますが、おおよそ表記された音符の1/2。

 音符半分の長さで演奏するという意味であります。


 一つ一つの音符を半分にしてしまうという事ですので、これを無視して演奏してしまうとかなり違った音楽になってしまいます。

 見た目は最初の楽譜と大差ない様でも、その音符の意味が大きく変わるという事になります。


TAB395.jpg

 つまりこれは、上記の様な譜面に表す事も出来ます。

 これも先ほどのスタッカートのついた譜面と全く同じ解釈。

 シーケンサーなどに、スタッカートの譜面とこちらの譜面とを打ち込んだ場合、同じ結果が出力される筈です。


 人間が演奏するとなると完全に音符の1/2というのはなかなか難しいものですが、上記の譜面のイメージで演奏するのだという事を頭に入れておくと良いかと思います。


TAB396.jpg

 加えて、くさび形の記号が付いた”スタッカーティシモ”という表現もあります。

 スタッカーティシモとなると表記された音符より1/4の長さで演奏するという意味になります。


 八分音符の1/4だから32分音符。と、頭では解釈出来てもこれを正確に演奏するのは至難の業でしょう。


 さらにロックギターではほぼ見かけない表現ですが、”メゾスタッカート”(※)というものもあります。


 ※ 音を長めに切る/スタッカートよりは若干長め


 見た目は同じような譜面でも記号一つでその表現に幅があるというのは、やはり人間が演奏する音楽の奥深さを感じさせるものだと思います。

 今一度、レガートやスタッカートなどを意識してギター練習をしてみると新たな発見があるのではないかと思います。


Donner Water Echo ギター エフェクター ペダル 2 in 1 コーラス&ディレイ







 | ホーム |  次のページ»»