FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
50代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
3位
アクセスランキングを見る>>

ちょっとした小技83

 さて、今回の小技。

 根本的なテーマを挙げさせて頂きますと、

 「楽になったのは上達か、否か。」です。


 以前より、よりよい演奏をする為には、無駄な力を入れてない状態である”脱力”状態が望ましいという話をしてきましたが、もちろんその脱力を得る為に日々の(筋力的)トレーニングが必要なのは皆様よくご存じの通り。

 ある意味、日常的に行う基礎的な反復練習は、感覚の慣れや技術を磨く以上に、ギターに必要な基礎筋力トレーニングだと考えられるものであります。

 そうして、基礎的な力(筋力)を得、結果無理のない脱力状態での演奏が可能になっていくという訳です。


 こうした地道な練習を重ねていけば、誰しもがある一定の上達はしていくものです。

 これまで弾けなかったフレーズが弾ける様になったり、さらに楽に余裕をもって演奏出来る様になったりしていきます。

 そんな実感が得られた時には、すこし上達したと感じられるものですし、嬉しい瞬間なのですが。

 ここで一つ。
 

 その楽に演奏出来る様になった状態は、本当に上達した(ギターに必要な基礎体力/筋力が上がった)からなのでしょうか?

 それを判断するときに分かりやすい基準として挙げられるのが、正確性です。


 最近、楽に演奏出来る様になったと思ったその時、冷静に考えれば以前よりミスが増えているのではないか?

 押弦にしてもピッキングにしても、単純ミスが多くなっているかどうかという話です。


 もし、これに当てはまる様でしたら、演奏に感じた楽さは間違った楽さなのかもしれません。


 基本的に人間の身体は、キツイ状態を無意識に回避する自己防衛本能があります。

 ギターに必要な筋力を鍛えるべく、基礎的な反復練習を繰り返している間も、身体は勝手に楽な形(での演奏)をしようとするものなのです。

 つまり、楽にはなったがミスが多くなったというその状態は、身体が楽に動ける形を取っただけのもので、当初目指していたギター演奏の理想的なフォームから離れてしまった状態になっていると考えられます。

 練習に際し、正しいフォームを意識していたつもりでも、日々の反復練習を繰り返す内に徐々にそこから離れ、気づけば大分違っていたという事は結構簡単に起こりうるものだと思います。

 無論、そのまま練習を続けていても、肝心の部分は鍛えられず、(フォームが狂っているので)ミスも減りにくいという状態に陥ってしまいます。


 誰かにギターを習っているという場合には、フォームの狂いを随時指摘して頂けるかもしれませんが、個人で練習している場合には自分で修正する必要があります。


 少し楽に演奏出来る様になったと思ったその時こそ、今一度フォームのチェックをした方が良い。というお話でした。


Donner Triple looper ルーパー ギターエフェクター マルチトラックループ タイムプログレス表示 スロットでループトラック保存



スポンサーサイト



ちょっとした小技82

 今回のちょっとした小技は、苦手なコードフォームを克服するためのちょっとした練習法です。


 皆様ご存じの通り、一口にコードフォームと申しましてもその形や押さえ方は様々なものでありまして、頻繁に使うコードフォームならまだしも、滅多に使わない様な形などは押さえるのも一苦労だったりするものだと思います。


TAB438.jpg

 特に、小指まで使う様なコードフォームはただ押さえるだけでも結構苦労するものでして。

 これをテンポに合わせてパッと押さえられる様になるまでかなりの練習が必要だと思われます。

 いっそのこと小指を省略してしまえば良いではないかという話もありますが、出来るならば元の音数のまま押さえてやりたいものです。


 さて、そうした場合。

 以前から言っておりますが、反復練習以外に近道は無いものだと思います。

 コードを押さえる手をフリーにしてから、目標のコードを押さえる練習。

 または別のコードフォームから、目標のコードへと変化する練習。


 しかし、こうした練習をしても難しい形や自身が苦手とする系統のコードフォームはなかなか上達が難しかったりもするものです。


 ここで、今回の小技。

 苦手なコードフォームを少しでも上達するために行う練習とは・・・


 該当のコードを押さえた状態で、押さえる手指にぐーっと力を入れるという方法です。


 兎角、無駄な力はタブーとされるギター演奏で、力を入れる練習とはおかしな話に聞こえるかもしれません。

 まず、この練習の意図は何かと言えば、単純に(そのコードフォームを押さえるのに必要な)手指の筋力強化が目的です。


 何故ならこれは、あまり使わないコードや苦手とするコードフォームを押さえようとする場合、そこに筋力的な不備がある場合が多くみられるからです。

 他の運指では問題ない場合でも、ある指を曲げたり、またある指を伸ばしたりと複雑な形を要するコードフォームを形成する場合には、その形を作る筋力が足りていないという事が良くあるのであります。


 従いまして、一度ぐーっと力を入れておしまいではありません。

 苦手なコードフォームをぐーっと押さえ、緩める。

 この作業を筋力トレーニングと考え反復するのです。


 こんな練習を続けて行きますと、やがてそのコードフォームを形作るのがやっとだったものが、無理なく押さえられる様になっていくと思います。

 もちろん実際に演奏しようとする場合にはそこまで力を込める必要はありません。

 今度は適当な力でコードを押さえられる様、他のコードから円滑にコードチェンジできる様練習するのみです。


 当然ではありますが、この練習さえすれば直ぐに結果が出る、あっという間に苦手なコードフォームを克服出来るというものではありません。

 それでも、地道に繰り返し練習し足りない指の力を補ってやることで、少しずつ色々なコードフォームに対応していける(幅が広がる)と思います。


 同時に苦手なコードフォームを強く押さえてみると、自分の手指の(筋力的に)弱い部分もみつかると思いますので、そこをまた重点的にトレーニングしてみるのも良いと思います。


Roland/JC-22 ローランド ギターアンプ ジャズコーラス 30W



おもしろグッズ86

 今回は予定を変更しまして、2週続けてのおもしろグッズ。


 それは何故かと言いますと、つい最近国内流通を開始したエフェクトペダルが非常に珍しいタイプのコントローラーを持つ製品だったからであります。


GoldTooth dbl / オーバードライブ ギター エフェクター




 そのユニークな操作形態を持つエフェクトペダルを開発したのは、英国のペダルブランド「GoldTooth」。

 本拠はスコットランドのグラスゴーだそうでして、グラスゴーと言えばサッカーの中村俊輔選手がかつて在籍していたセルティックの本拠地として知られる都市であります。


 そんなグラスゴー産ペダルGoldTooth。

 オーバードライブペダルなのにスライダー式コントローラー搭載というこの「dbl」という製品も相当ユニークな形態でありますが、私が注目したのは本ブランドのリバーブペダル。


GoldTooth vrb / リバーブ ギター エフェクター




 それがこちらのGoldTooth 「vrb」。

 一瞬見ても何の事やら分かりにくい形態でありますが、本体上部に見える4つのピンク色のつまみは、縦回転のコントロールノブなのであります。

 説明されれば納得ですが、なんとも斬新な操作デザイン。

 エフェクターの操作方法に初めから決まりなどありませんが、多くの場合有名メーカーの形に倣うものが殆どです。

 そんな常識に囚われないGoldToothのペダルデザインは非常におもしろい物だと思います。




 さて肝心の性能のお話ですが、この「vrb」はクラシックなリバーブを生成し、さらにそこへ詳細な設定を加える事の出来るペダルであります。


 縦ダイヤル左端は”Clock”というコントローラーになっており、DSPのクロック周波数を変更する事により、リバーブの長さ/オーディオの忠実度を調整可能というユニークなコントロールも搭載しています。

 さらにペダル正面に設置されたミニスイッチにより、リバーブモードの変更(Bright/Dark)が可能であったり、リバーブにオーバードライブをかける事が可能になっているなど、見た目だけではなく機能もユニークなものとなっています。

 単に奇抜な操作形態を採用しただけではない、大変個性あるリバーブペダルだと思います。


 もちろん、定番の操作形態やシンプルな操作性も良いものですが、こうした目を惹くアイディアというのはやはりワクワクさせられてしまうものです。

 今後もどんな製品が開発されるのか。非常に楽しみなブランドであると思います。


GoldTooth dblmff 新品 [ゴールドトゥース][Fuzz,Distortion][Effector,エフェクター]






楽天市場

 | ホーム |  次のページ»»