FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
3位
アクセスランキングを見る>>

ちょっとした小技70

 知っていると、少しだけためになるかもしれない小技。


 今回は、楽譜アレルギーな方でも少しだけ楽譜が読み易く(?)なるかもしれないちょっとした考え方。

 これで直ぐに楽譜がスラスラと読めるようになるという訳には行かないでしょうが、少しだけ楽譜が身近になる知識を見て行ってみたいと思います。


t001.jpg

 さて、突然ですがこの譜面に示された音名は何でしょう?


 楽譜に慣れ親しんだ方であれば、問題にもなっていない平易な質問だと思われますが、楽譜が苦手という方にとってはこれさえ少し考えてしまうものかもしれません。

 しかし、以前ギタリストのお勉強でも取り上げました、ト音記号のくるっとしている部分にこそ、その書いてある位置(高さ)にこそに意味がるという話を覚えていらっしゃる方には簡単な話だと思います。


 ト音記号は、五線譜の第2線を”ト音”とする。という意味でありますから、すなわちこの音名は”G”だと導き出せます。


 ですが、楽譜嫌いの方にとっては五線譜だの第2線だの言われている時点で、既に嫌気がさしているかもしれません。

 大体がドレミ~のスタート地点でもないG音がどこだとか、その上さらに五線譜の中途半端な位置を示す記号だとか、色々と意味不明だと考えてしまっても仕方がない事だと思います。


t002.jpg

 そこで、ギターを弾く人間には馴染みの深い、六弦開放”E”音の場所はここだと覚えてしまいましょう。

 五線譜上の低いE音の位置は、一番下の線と分かりやすいですし、ビジュアル的にもなんとなく指板と附合すると思いますのでこれなら忘れずに覚えておけると思います。


 さらに、ト音記号のくるっとが”G”という情報も併せて覚えておけば尚譜面が読み解きやすくなると思います。


t004.jpg

 しかしこれは、表記上分かりやすいト音記号を基準とした考え方です。

 通常のチューニングを施したエレキギターから発せられる音程は実際には異なります。

 そこで、実音を譜面に表そうとすると出てきてしまうのがヘ音記号。

 こうなってくると、楽譜嫌いの方は、また一気にやる気を無くしてしまわれるのかもしれません。


 一応、まずは上記譜面で確認して頂きたいのですが、上記に示したのは音程の違うC音です。

 ト音記号部分については、先ほどのE音の位置から数えれば直ぐにC音の位置は把握出来るでしょう。


t005.jpg

 同じように、ヘ音記号部分の(低いほうの)E音を探してみるとここ。

 これがギターで言うところの六弦開放音程です。


 すなわち、ベースギターの四弦開放はここからさらに一オクターブ下。

 ベースパートの楽譜で見かける8vb(=オクターバッサ、さらに一オクターブ下)という表記があるのはこの為です。



 さて、このヘ音記号の場合でも”第4線がヘ音~”などという意味はありますが、この際そんな話は抜きにしてヘ音記号の付いた譜面で六弦開放E音はこの位置とビジュアル的に覚えてしまいましょう。


t003.jpg

 ロックギターで良く使われる5度コード(パワーコード/Eルートのこの場合は+B音)をヘ音記号の譜面上に表すとこんな感じになる。と、このビジュアルごと覚えてしまうと忘れにくいでしょう。


 ギターに馴染みの深いE音の五線譜上の位置とパワーコードに加えられるB音。

 この二つの場所と形を覚えておくだけで随分とヘ音記号の付いた楽譜が見やすく感じられるのではないでしょうか?


t006.jpg

 ですが、まだ少々厄介な問題があるといえば調号の問題です。

 ギターの場合ですと、フレットを移動させる事で調性変化に対応出来ますので、ハ長調の譜面さえ何とか読めればどうにかなるとも言えますが。


t007.jpg

 ですがこれも、実際の音名は何だ?と気になった場合があっても、その調号表記の意味は何かを理解していれば、問題なく導き出せると思います。

 これも以前取り上げましたように、調号として書かれている♯や♭、それぞれ一つ一つの書いてある場所に意味がある訳です。

 (当然、調号の書かれていない低音部にもこの臨時記号は適用されます)


 これであれば、調号の示す調性が瞬時に何かはわからなくとも、その音名は読み取れる筈です。


 (ちなみに上記調号♯4つが示すのはE major。

  E major=ホ長調の音階は~E・F♯・G♯・A・B・C♯・D♯

  含まれる臨時記号の付いた音程は、C、D、F、Gの四つ。

  すなわち、臨時記号も♯4つが表記されているという事です。

  つまり、六弦開放Eの位置から一つずつ♯の付いた音程を辿っていく事も可能です。)


 それでもまだ不安ならば、何時でも見れる状態に五度圏表を用意しておくのも良いかと思います。



 楽譜を読めなければ音楽は出来ないという訳ではありません。

 しかし、多少なりとも楽譜を理解出来ることで、耳だけを頼りに音楽を作るのではなく、そこからさらに頭で考えて工夫を凝らす事が可能になるとも思います。


 TAB譜の無い譜面を読み解いてギターで弾いてみる。

 そうした作業もなかなか面白いものだと思いますので、楽譜アレルギーの方も時にはチャレンジしてみて頂きたいと思います。


できる ゼロからはじめる楽譜&リズムの読み方 超入門 (CD付) (できるシリーズ)



スポンサーサイト

ちょっとした小技69

 知っていると、少しだけためになるかもしれない小技。


 昔に比べると随分と省サイズなエフェクターも増え、エフェクターセットを持ちあるくのも随分とコンパクトに済む時代となりました。

 最近では極小サイズの優秀なマルチエフェクターも増えたため、エフェクターボード自体ほとんど持ち歩かないという方も増えた様に思います。


 しかし、やっぱりお気に入りの、こだわりの、エフェクターボードを。という方にしてみれば、今度はそのセットを以下にコンパクトに纏めるかが重要になってくるのではないかと思います。


 なるべく小さなサイズのペダルボードに必要なエフェクターを並べる。

 ですが、あと一台加えたいのに入らない。

 よくある話だと思います。


 しかしながら、お気に入りペダルの筐体サイズを縮める訳にもいきませんので、あとはレイアウトと配線とを工夫するしかありません。


 今更な感じは致しますが、そうした場合に役立つのが昔ながらのこんなアイテム。

ベルデン【 BELDEN 9395 】 15cm パッチケーブル ヴィンテージ 【 3本セット 】




 クラシックタイプのパッチケーブルです。

 こうした品ですと、パッチケーブル同士がぶつかるスペースも最小限に抑えられますので、ボード内に若干余裕が生まれます。

 もちろんこうして生まれた隙間にペダル一台が入るわけではありませんが、トータルすればどうにかペダル一台分の隙間が空くという場合もあると思います。


Neewer ギターエフェクタープラグセット(4個) Z型とストレート 1/4-inchペダル同士を?ぐ ペダルボードのスペース節約 Boss Marshall Korg Dunlop Fenderに対応




 さらに、こちらも昔から見かける品でありますが、ケーブル部分を無くしてしまった連結プラグという部品も有効です。

 ケーブルが無い分、ペダル同士の設置が少し大変だったり、隣り合うペダル同士のプラグ部があまりに高さの違う物だったりすると使えなかったりもしますが、使える場合には省スペース効果抜群です。


EBS フラットパッチケーブル 18CM PCF-18




 さらに最近ですと、プラグ部がフラットなタイプのパッチケーブルも発売になっています。

 こうした製品を使えば、同じメーカー同士のペダルをわざわざ段違いに配置しなくても済むという場合もあるかと思います。

 (あえて段違いにした方が踏みやすいという場合もあるかとは思いますが)


 最近の小型ペダルは本当にコンパクトな物も増えていますので、あまりにペダル同士がくっ付いていても今度はフットスイッチが踏み分け辛いという事にもなってしまいそうですが、どうしてもあと一台セットに加えたいという場合には大変有効なこれらの品々。

 こんな品もあるのだと覚えておくと、いざという時(?)役に立つと思います。





BLACK SMITH / GOLD FLAT PATCH CABLE 10cm 0.32ft




楽器の事なら石橋楽器!

ちょっとした小技68

 知っていると、少しだけためになるかもしれない小技。


 今回は、先日の定番フレーズに出てきました”裏のベンド”に関連する小技。

 ”シンコペーション”や”アンティシペーション”を意識してみる。という内容です。


 ”シンコペーション”(/アンティシペーション)とは、”強拍と弱拍のパターンを変える等して独特な効果をもたらす方法”を指しますが、音楽的に難しく考えるよりも先に熟練者の方ならば自然と作曲やフレーズ創作に盛り込んでいる技術だと思います。

 アドリブギターを得意とする方などは特に何も考えず行っている行為だと思いますし、リズム遊びの的な見方をするならば、ドラマーの方などもごく自然に触れている筈の概念です。


TAB369.jpg

 2拍目、4拍目が強調される事が普通なロックドラムにおいては、バスドラムなどを裏拍へと持ってきて音楽的な面白みを付加させることも多いかと思います。


 逆に、2拍目、4拍目に特にインパクトのあるロックにおいては、そこに乗るメロディーやギターフレーズなどが裏拍に食い込んでくると非常に効果的。

 大変面白い聞こえ方を生み出すものであったりもします。


 定番フレーズで取り上げました”裏のベンド”もこうした面白さを狙った考え方であります。

 実際に強迫のみに従った曲を作ってみれば、いかにつまらない物が出来上がるか。その一部分でも裏拍へと回してみるだけでお洒落な雰囲気に変わるかというのは簡単に試せる事であると思います。


TAB372.jpg

 さらに通常シンコペーションと言いますと、こうしたメロディやフレーズの一部分を裏拍へと回し、その聞こえ方の面白さを狙うものですが、強迫のハッキリしたロックドラムに乗せるならば、ある程度まとまったメロディやフレーズ(1小節丸々、極端に言えば曲全体)を裏拍へと回してやるだけで、全く違うものが出来上がったりもします。

 
 メロディやフレーズというとその音列(音階)にばかり目が行ってしまうものかもしれませんが、その音が鳴るタイミング、”リズム”が変わると、聞こえ方は予想以上に大きく変わるという音楽の不思議を感じられる事柄であると思います。


 ボーカリストが行う”フェイク”ですとか、ギタリストのアドリブ演奏。

 そんな場合にシンコペーションを入れるのは最早当たり前の話でありますが、フレーズ創作や作曲に際してもシンコペーションの様な”裏拍”意識をもって望むと、マンネリ化した創作に新たな展開がもたらされるかもしれません。


 出来上がったものが何か物足りないなと感じたら、裏拍を考えてみる。

 簡単で効果絶大な創作に対する考え方の小技です。


VOX 軽量・コンパクト設計50Wギター用アンプ VX50 GTV




 | ホーム |  次のページ»»