FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
53位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

アコースティックギター用”FLY 3” 【Blackstar】

 今やミニアンプ界の定番人気モデルとなっている「Blackstar」ブランドの”FLY3”にアコースティックギター用モデルが発売になりました。


【送料込】Blackstar ブラックスター FLY3 Acoustic アコースティックギター用 ミニ・アンプ【smtb-TK】




 おおよその外観は今までのエレキギターモデルと同様。

 アコースティックギター用の3w出力、Blackstar 「FLY3 Acoustic」です。


Blackstar FLY3 ACOUSTIC(新品)【送料無料】【国内正規流通品】




 メインとなるコントロールノブx4という仕様も従来品と同じアコースティックモデルですが、通常のFLY3の様な”Gain”や”ISFコントロール”は搭載されておらず、”Volume”+”Treble”、”Bass”の2バンドイコライザー使用。

 さらに、通常モデルの”DELAY”エフェクトの代わりに搭載された”ECHO”を調整するコントローラーが搭載された計4コントロール形態となっております。


 他にも小さなノブのコントローラーとしてこのECHOエフェクトのLEVEL調整を装備。

 ミッドカットやロー/ハイブーストの効果が得られる”SHAPE”スイッチ等を搭載しています。


 もちろん通常モデル同様にLINE INやレコーディングにも使える”Emulated Out”を兼ねたヘッドフォンアウトなども搭載。

 どこでも気軽に、そして高音質でアコースティックギターが楽しめる小型アンプリファイとなっております。


BLACKSTAR FLY 103 ACOUSTIC FLY 3 ACOUSTIC用 拡張スピーカー




 追加で拡張スピーカーキャビネットを用意すれば、ステレオ仕様になるのも従来品と同様。

 アコースティックモデル専用の「FLY 103 Acoustic」も同時に発売となっています。


 電源は、FLY専用アダプター(FLY-PSU)に対応する他、単三電池6本による乾電池駆動でも可。

 1kgにも満たない軽量さも魅力のアコースティック用FLY 3です。


【送料込】【純正アダプター/FLY-PSU付】Blackstar ブラックスター FLY3 Acoustic アコースティックギター用 ミニ・アンプ【smtb-TK】






楽天市場

はんだ付け不要の新ヘッドフォンアンプキット 【KORG】

 本日は「KORG」ブランドが展開中の音楽機器をハンドメイド出来るKIT”Nu:Tekt”シリーズの新作。


 発売中だったヘッドフォンアンプキット「HA-K1」が今回リニューアルして新登場。


KORG Nu:Tekt HA-S Nutube搭載ポタアン 携帯ヘッドフォンアンプDIY(自作)キット【送料無料】【smtb-TK】




 KORG 「Nu:Tekt HA-S」として新発売になりました。


 次世代真空管”Nutube”搭載のヘッドフォンアンプが、自分の手で制作出来てしまうというこのキット。

 今回、何より大きく変わったのが、”はんだ付け不要”で制作可能になったという点です。


 既に、はんだ付け作業が不要なデジタルシンセサイザーキット「Nu:Tekt NTS-1 digital KIT」が登場しておりましたので、その後のNu:Tekt製品はこうなっていくのではないかと言う予感がありましたが、それが現実のものとなった形であります。


 既に、今まで発売になっていたオーバードライブペダルキットもはんだ付け不要タイプの新型が発売されると発表になっています。

 こちらもじきにお目見えする事でしょう。




 何より細かいはんだ付け作業が不要になったという事で、これまで以上に多くの方が手軽に組み立て、楽しめる品になったと思います。

 実際に組み立てる様子を撮影した動画なども公開されており、事前にどのような感じで組み立てていくのか確認することも出来ます。


 自分の手で組み上げた、自分専用の音楽機器。

 それだけで夢のある一品であると思います。


Korg Nu:Tekt HA-S 携帯ヘッドフォンアンプDIY 自作キット






楽天市場

”Mustang”シリーズラインナップ拡大 【Fender】

 新しい「Fender」アンプリファイの形。

 デジタルアンプシリーズとして展開されている現行”Mustang”シリーズのラインナップがさらに拡大。

 各機種、新規格のニューモデルが登場します。


Fender Mustang LT50 【ikbp5】 【3月下旬発売予定】




 まずは、小さなカラーディスプレイ搭載のアンプ・エフェクトモデル搭載。

 現行”Mustang LT25”の出力強化版、「Mustang LT50」。


 出力拡大に伴い、12インチスピーカーへと増強。(25wモデルは8インチ)

 プリセット数は50個(※)から60個へと強化されています。

 (LT25モデルの場合には、基本30、追加20という仕様)


 無償で提供されるMac/PC版FENDER TONE 3.0アプリにも対応する本機は、パソコン上でのプリセット管理やファームウェアなどにも対応する、現代型最新アンプリファイとなっております。


Fender Mustang GTX50 【ikbp5】 【3月下旬発売予定】




 続きましては、デジタルアンプ強化版と言った感じの最新モデル、「Mustang GTX」。


 これまで大出力から40wの小型モデルまで取りそろえた「Mustang GT」モデルが発売されていましたが、その進化版と言える本機種。

 

Fender Mustang GTX100 【ikbp5】 【3月下旬発売予定】




 最新型GTXは、50wと100wの2機種が発売になります。

 (100wモデルにはGTX-7フットスイッチが付属します)


 既発のMustang GTモデルでは、Wi-Fi機能搭載というのが話題にもなっておりましたが、GTXモデルでも当然その機能は受け継がれており、ファームウェアのアップデートなどに利用できます。

 そして、こちらも無償のFender TONE 3.0アプリケーションに対応。

 さらに、Bluetooth通信も可能にしておりまして、オーディオストリーミングを活用しながら、手軽に音源とジャムセッションも可能です。


 今回、50wモデルも含めXLRのラインアウトやステレオエフェクトループに対応しているMustang GTX。

 最新デジタル機能の部分がより注目されがちではありますが、DIとしての機能やライブアンプとしての機能も充実したアンプリファイです。

 それでいて、デジタルの強みであるメンテナンスフリー性や価格のリーズナブルさが際だつ、まさに新時代のFenderアンプと感じる一品だと思います。


 尚、Mustang LT50とGTX、どちらもNAMM SHOWでお披露目されたばかりの品ですので、実際の発売は少し先の3月下旬予定となります。

 実際に目にするのが今から楽しみな最新モデルです。


Fender Mustang LT50 【ikbp5】 【3月下旬発売予定】






楽天市場

««前のページ  | ホーム |  次のページ»»