FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
3位
アクセスランキングを見る>>

新機能搭載のSavage 120/60 【ENGL】

 ドイツの有名アンプリファイブランド「ENGL」の代表的機種「Savage 120(E610)」がこの度アップグレード。


ENGL Savage 120 Mark ll (E610/2)




 ENGL 「Savage 120 Mark II (E610/2)」として発売になりました。


 ただでさえ機能満載だった旧型から、より繊細なコントロールを可能としたこの新型は、クランチチャンネルの中域コントロールが増やされ、”MID Lean/Bold”と2コントロールへと細分化。

 さらに現代的な進化を遂げ”MIDIポート”を標準装備し、ノイズゲート機能も付加されています。


リードチャンネルには”Gain Lo/HI”回路が搭載されたことにより、今まで以上の繊細な質感コントロールも可能としております。


ENGL Savage 120 Mark ll (E610/2)




 搭載される真空管は、プリ管に”ECC83/12AX7”を6本。

 パワー管に”6550”を2本採用。

 この部分は前型から変更はありません。


ENGL 《エングル》 Savage 60 Mark ll (E630/2)




 さらに、60w出力モデルのSavage 60(E630)も「Savage 60 Mark ll (E630/2)」へとアップデート。

 前型同様、2本のEL34をパワー管に搭載するこちらは、120wモデルに比べエッジの効いたサウンドキャラクターとされております。




 とにかく多彩、詳細なコントロール性能に加えて、当然エフェクトループ(バッファード)などの機能も搭載するプロフェッショナルアンプSavage。

 MIDI対応、ノイズゲート搭載とまだまだその進化は留まるところを知らない様です。

 基本的な部分に大きな変更がないというのも、このモデルが如何に完成された品であるかという証拠なのだと思います。


 尚、今回のMark II発売に伴い、前型Savage 120 (E610)/60 (E630)両機種はDiscontinued。

 生産終了機種となっております。


ENGL 《エングル》 Savage 120 Mark ll (E610/2)






楽天市場
スポンサーサイト

世界初。IR機能搭載型アンプリファイ 【Suhr】

 近年、小型で多機能なものも増えているアンプリファイですが、「Suhr」ブランドがまた新たなアンプの形を作り上げました。


Suhr Amps《サーアンプ》PT15 I.R.【次回入荷分ご予約受付中!!!】




 「Suhr Amps」の開発した新製品「PT15 I.R.」は、通常チューブアンプ駆動に必要なキャビネット接続を不要とする”リアクティブロード”とキャビネットの挙動を解析し再現する技術”IR(インパルスレスポンス)”を機能として本体にビルトインしたという、世界初の”IR対応型真空管アンプヘッド”です。


 フルドライブさせることで真価を発揮する真空管アンプ。

 しかし、常に全力で鳴らすわけにはいかないというのは当然な話でありまして、それはパーソナルなレコーディングの場であれば猶更の事です。


 これまでそうした問題を解決する為に、低ワッテージの小型真空管アンプが開発されたり、ロードボックス製品が開発されたり、(スピーカーシミュレーション搭載の)ライン接続を持つ機種が発売されて来たものです。

 しかし、この新型「PT15 I.R.」では、その更に上を行くIR対応型。

 しかも、リアクティブロード含めて本体に内蔵という更なる進化を見せた形と言えます。

 近頃は、続々とIR対応のマルチエフェクター等も登場しておりますので、これをアンプ機能に~というアイディア自体は浮かぶものかもしれません。

 ですが、それが可能なのか?

 ならば、実際に作ってみれば良いではないかという非常に野心的な一台に感じます。


Suhr Amps《サーアンプ》PT15 I.R.【次回入荷分ご予約受付中!!!】




 製品名にありますように出力は15w。

 しかしながら、真空管アンプですので、トランジスタの15wとは比較になりません。

 自宅でフルドライブさせるには強力過ぎるほどの出力を持っています。


 そんなハイパワーなアンプヘッドでありながら、ヘッドフォン端子がメインパネル部に搭載されているというのが、まず本機の特徴をよく表しているものだと思います。

 出力される音にはIRファイルが使用出来ますので、ヘッドフォン環境と言えどもキャビネット使用時に劣らぬサウンドが得られます。


 当然、背面にはLINE OUTも装備。

 IRを使用しない出力も可能です。 


 搭載される真空管はプリ管に”12AX7”を5本。パワー管に”6V6GT”を2本搭載。

 センドリターン機能も搭載。(チューブドライブ・バッファード)


Suhr Amps《サーアンプ》PT15 I.R.【次回入荷分ご予約受付中!!!】




 本体にはSuhrスピーカーキャビネットのIRデータが16種類搭載済み。

 もちろん、サードパーティーのIRデータも使用可能です。


 3チャンネル仕様となる本機は、チャンネル毎に異なるIRデータを適用可能となっております。

 クリーンにはクリーンに合ったキャビネット。ドライブ A/Bそれぞれ異なるキャビネットを使用する事も出来ますので、従来の真空管アンプヘッドよりも一台でより多彩な音色を扱えるアンプであるとも言えます。


Suhr Amps PT15 Cabinet




 一応、PT15用のキャビネットも用意されていますが、リアクティブロードのおかげで必ずしも必要ではありません。

 そうした意味でも、改めて物凄い真空管アンプが登場したものだと感じるところです。


 こんな品が登場してしまった以上、当然、有名各社もIR内蔵製品を投入してくるでしょう。

 これからどんな製品が出現するのか、少々楽しみな展開になってきたと感じます。


 旧来の真空管と最新のIR。

 この不思議な組み合わせが、しばらく話題を独占しそうな気も致します。

 

Suhr Amps《サーアンプ》PT15 I.R.【次回入荷分ご予約受付中!!!】






楽天市場

”Mark Tremonti”シグネイチャーアンプ 【Paul Reed Smith】

 ギターだけでなくアンプリファイも評価の高いブランド「Paul Reed Smith」から、アメリカのロックバンド「Creed」で活躍するギタリスト「Mark Tremonti」のシグネイチャーアンプが発売になります。


Paul Reed Smith(PRS) MT15H Mark Tremonti Signature AMP マーク・トレモンティ ギターアンプヘッド




 7月28日発売予定のPRS 「MT15 Mark Tremonti Signature Amp」です。


 クリーントーンとハードなドライブサウンドとを使い分けるMark Tremontiモデルという事で、PRSのハイゲインアンプ”Archon”同様の5段ゲインステージを採用。

 濃密なドライブサウンドを生成します。

 ドライブチャンネルとは別のイコライザーを持つクリーンチャンネルには、僅かなブーストをかけられるオーバードライブ機能を搭載。(プッシュプルスイッチ式)

 ハイゲイン、クリーン、クランチと様々な音色を使い分けられる様設計されています。


PRS MT 15 15 Watts Head 【7/28日発売御予約受付中】




 本人曰く、「ワッテージの低いアンプが欲しかった」との事で、出力は15w。

 コンパクトで扱いやすい出力となっております。


 しかしながら、本機はチューブアンプですので、実際の音圧は50w並みとなります。

 そのパワーをコントロールする為、本体背面に”ハーフパワースイッチ”が搭載されております。

 これにより7w駆動も可能です。


 プリ管には”JJ EC83S”を6本。パワー管に”6L6GCMS”を2本搭載。

 背面にエフェクトループを搭載。


Paul Reed Smith(PRS) MT112BK Mark Tremonti AMP CAB マーク・トレモンティ スピーカーキャビネット




 尚、アンプヘッドと同時に専用スピーカーキャビネットも発売されます。

 こちらは、クローズドバック仕様でスピーカーは12インチのCelestion ”Vintage 30”搭載です。




 公式では”ランチボックス・ヒーロー”と表現されていた「MT15」。

 コンパクトでハーフスイッチ搭載など現代的な仕様と本格的なサウンドとが融合した一台です。


PRS MT 15 & MT 1X12 Set 【7/28日発売御予約受付中】






楽天市場


 

 | ホーム |  次のページ»»