FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
52位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

おっさんの戯言 21

 本日は不定期記事「おっさんの戯言」。


 近頃はすっかり身近な存在となりました動画サイト「Youtube」で見かけたこんな動画のお話。



 この動画は、まさしくゼロからレスポールスタイルのギターを一本作り上げてしまうという内容なのですが、作業過程は早送りになっているとはいえ20分以上もある動画です。


 作業の様子をアップロードしてくださっているのは、シカゴに拠点を置く「STRACK WOODWORKING」という木材加工業者。

 家具やエレキギターを主に扱う会社なのだそうです。

 ひょっとしたら個人で営業する家具エンジニアの方なのかもしれません。


 どちらにせよ木材のプロの方がその腕を振るう様子が映された動画ですので、立派なツール/加工設備が登場する時点で素人がギター制作をするのとは訳が違いますが、それにしても一つ一つの作業工程が大変興味深いです。


 木材片を接着し、ボディやトップ材を作り出すところから、その成形。

 当然、ネックなども一から手作りで、指板インレイを埋め込む細かな作業からフレット打ち込み、ナットの加工など、20分もある動画だというのを忘れて見入ってしまいました。


 とにかく、その作業全てが流石プロと思わせる見事なものなのですが、ふと、現代使用されている接着剤というものは本当に優秀なんだなと変な部分に感動もしてしまいました。


 限られた素材の中で、その素材を如何に加工し利用するか。

 すべてワンピースの素材で作れれば手間もないのですが、そうも行かないのが現実です。

 それを如何に創意工夫で克服していくかと考えた、職人の知恵に触れた様な気がします。


 大量生産品でも、ハンドメイドでも。

 これほど多くの工程を経て生み出されるエレキギター。

 こんな動画を見ると、より一層お気に入りの一本を大切に扱おうと思えるのではないでしょうか。


レス・ポールの伝説 (字幕版)



スポンサーサイト



おっさんの戯言 20

 本日は不定期記事「おっさんの戯言」。


 今回は、近年非常に勢いが感じられる、ある国内ハンドメイドペダルブランドのお話です。





Studio Daydream / KCM-OD V8.1 Silver


 そのブランドとは岡山発の個人ビルダーによるブランド「Studio Daydream」。

 一年半ほど前よりイシバシ楽器店さんの方でも取り扱いが始まりましたが、もともとインターネットを通じて個人が制作・販売していたブランドという事もありまして、現在でもメルカリなどを通じて直販が出来るという面白いブランドでもあります。

 製作者がネットを通じて手売りをするというのも、まさに現代的なスタイルと感じるところです。


 (現在では、公式通販サイトからも購入出来ます。→ Studio Daydream Web Shop





Studio Daydream / FETBOX REV.6.5


 そんな新しいスタイルのブランド、「Studio Daydream」製品でありますが、それこそ口コミで評判が高まり、現在ではかなり人気のブランドとなっております。


 ヴィンテージ品を含むこだわり抜いたパーツ選定と丁寧な手作業。

 この辺りは、ブティックブランドとしては当たり前の要素なのかもしれませんが、何より製作者のアイディアが次々と投入されている状態でありまして、ロットが無くなればまた新たなバージョンが登場したりと新製品サイクルが非常に早い様に思います。

 こうしたところは、大手では難しい個人製作ブランドならではのレスポンスの良さとでも言いましょうか。

 とにかく製品開発の勢いが感じられるブランドであります。


 さらに、”ブティックペダル”=”厳選したパーツを使用した拘りの品”。という常識からしますと、にもかかわらず意外とリーズナブルな価格とくれば人気にならない訳が御座いません。





Studio Daydream / Signal Penetrator SP-1


 良いものを作れば必ず売れる。

 必ずしもそうとは言い切れなかったりするのがこの世の中の不思議でありますが、Studio Daydreamの場合には、良いものを作り続けた結果、ネットという世界を通じてどんどん人気が高まっている成功例なのではないかと思います。


 今なお物凄い勢いで広がりをみせている状態のStudio Daydream。

 今後、どの様な新作が登場するのかも非常に楽しみなブランドであります。





Studio Daydream / TRIGGER5 REV.2.0




楽器の事ならアフターも安心の石橋楽器店!

おっさんの戯言 19

 本日は不定期記事「おっさんの戯言」。


 昨日のLOUDNESS「山下昌良」氏シグネイチャーモデルの話題の中で、フランスのハイエンドギターブランド「Vigier(ヴィジェ)Guitars」について少しだけ触れましたので、本日はそんなハイエンドブランドを例に、進化を続けるエレキギターの仕組み/アイディアという話題で行ってみようと思います。


 世界中、どこの国でも、”ハイエンドギター”と呼ばれる製品を生産しているブランドといいますのは、最高級の素材を元に卓越した技術で制作される高級品。

 と言うのは当たり前の話で御座いますが、と同時に新たなアイディアを盛り込んだ最先端の仕組みが導入されることが多いというのも特徴であります。


 今や常識的となったエレキギターの各部構造や仕組み、部品などを改良することによって、大量生産品には無いクォリティを実現しようと取り組めるのも、少数生産・拘りの仕様を追及出来るハイエンド(ハンドメイド)ブランドの強みです。


Vigier V4ECC BRS MY / Black Rising Sun ラウドネス山下昌良シグネチャーモデル 【ヴィジェ】【新宿PePe店】【本人直筆サイン入り】




 LOUDNESS「山下昌良」氏とエンドース契約を結ぶ、この「Vigier Guitars」も今や世界的に有名なハンドエイドギターブランドです。

 世界的なプロフェッショナルに認められる位のブランドですので、その製品クォリティの高さは言うまでもありません。


 さらに各所にアイディア溢れる新機構を組み込んでいるのもVigier製品の特長で、基本的にフレットレス製品を除くすべてのギター/ベースギターに”ゼロフレット”を採用しています。


GIBSON  LES PAUL JUNIOR 2015【中古】




 ここ数年の話で見ますと、「Gibson」2015年モデルに採用された事で話題となりましたゼロフレットナット。

 1フレットとナットの間。通常のナットのすぐ傍にもう一つフレットが撃ち込まれている構造のギターでありますが、通常のフレットを押弦した音色と開放弦演奏時の音色の差が出にくく、また弦高を低く設定しやすいなどの利点があります。


 Gibson 2015モデルの場合には、電動チューナー”G-Force”の動作安定の為に組み込まれたと言う感じが致しますが、Vigier製品では、製品特徴と言う位置付けで拘りをもって採用されている様です。


Vigier Guitars/VE6-CVSP1 Excalibur Special HSH (Amethyst Purple)【在庫あり】【ヴィジェ】




 それを裏付けるのが、Vigier独自の特殊なゼロフレット、「ZeroFret-S」が一部の機種で採用されている事です。


ZFS.jpg

 この「ZeroFret-S」は、通常一本のフレットワイヤーで済ませてしまうところを、ゼロフレットに限り6個の小さな駒(フレット)を埋め込むという非常に細かな細工が施された仕組みであります。

 こうすることにより、摩耗した部分の駒だけを交換することが出来るという、常に最良のコンディションを保つことの出来る仕組みです。


 その形態/形状の意味を知れば至極納得。

 非常に優れたアイディアであると思います。


 ただし、交換には非常に技術力を要するだろうというのは想像に難くありませんが、ハイエンドギターを常に自分でメンテナンスをするという方のほうが少ないでしょう。

 プロのリペアマンの方なら問題のないレベルの作業であると思われます。


【SALE】Vigier G.V.Rock VGV-CR BUF【シリアルNo:0367/3.7kg】【店頭在庫品】




 他にも、意欲的なアイディアが多く導入されているVigier製品。

 ストラップピンがボディ木部に直接ねじ込みではなく、しっかり金属アンカーを打ち込んだ後にねじ止めしてある点などは、たとえ安価な品であっても基本構造として採用して欲しい位の素晴らしい仕様だと思います。


 音色への拘りと、トラブルを未然に防ぐ各部機能性の向上。

 まさにハイエンドと呼ぶに相応しい、名ブランドだと思います。


Vigier Excalibur Custom HSH w/FR Trem (Deep Blue/Rosewood)






楽天市場


 | ホーム |  次のページ»»