FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
50代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
53位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

号外 おっさんの戯言

 既に各所で報じられておりますとおり、今月6月16日「DEAD END」で活躍したギタリスト「足立”YOU”祐二」氏がこの世を去りました。

 死因は敗血症。

 亡くなる直前までツイートを発信するなど、精力的な活動を続けているさ中でしたので、驚いた方も多かったのではないかと思います。


You’s Alien




 ご存じ「DEAD END」は、80年代から活躍し始めたベテランバンド。

 1990年に一度解散を迎えましたが、2009年に再結成を果たし、以降精力的な活動を続けて来ました。


ZERO[ 2]




 高い演奏力とメンバーのカリスマ性で、今やベテランと呼ばれる様になった多くのアーティストに多大なる影響を与えてきたバンドであります。

 足立祐二氏はメジャーデビュー当時からメインコンポーザーとしても活躍して来ました。


【3セット】【限定品】Fernandes フェルナンデス 足立”YOU”祐二(DEAD END) ピックケース&ピックセット




 数年前には、Fernandesよりシグネイチャーモデルを発売し、有名楽器店でギタークリニックを開催するなど、バンド外の活動も積極的に行ったりもしていました。

 若い世代の方でも、そうしたイベントを通じて足立氏に触れ、ベテランならではの卓越した技術に新たにファンになったという方もいらっしゃったのではないかと思います。


 ビジュアル的な要素の強い「DEAD END」に有り、実は昔から高い演奏技量を発揮し続けていた足立氏。

 熟練の域に達して、近年猶更その力量に磨きがかかっている印象だっただけに非常に残念です。


 ご冥福をお祈りいたします。


ANDROMEDIA



スポンサーサイト



おっさんの戯言 28

 本日は不定期記事「おっさんの戯言」。


 近年、ギター用途としてその種類を増やし続ける木材。

 エレキギターと言えば、マホガニーにアルダー、アッシュやメイプル、エボニーやローズウッドと言った素材が定番でありましたが、環境保護の観点から幾つかの素材が供給難となってから久しいものです。


 そうしたことから、最近では今までの定番素材の兄弟や仲間と言いますか、似た特性を持つ別の木材や人工素材などが多く活用される様になってきております。


 しかし、その種類は年々増え続ける一方でありまして、それこそ世界中の木材素材が利用されるようになっています。

 中には全く聞いたことのない木材が登場することも珍しくありません。


 そこで。

 最近、国内有名楽器店「島村楽器」さんがWeb上に公開したページが非常に為になるものでしたので、今回はそれをご紹介したいと思います。


Takamine DMP50S NAT エレアコギター 【島村楽器 x Takamine コラボモデル】 【タカミネ】




 島村楽器さんの運営するWebサイト”ギタセレ”では、数年前よりギター用として使用される木材を解説した”ギターで使われる木材事典”という特集記事が掲載されております。

 最近、ここで取り上げられた多くの木材をインデックス形式で閲覧できるページが公開されました。

 → Google検索 ”ギタセレ 木材辞典


 この”ギターで使われる木材事典 INDEX”には、実に80種類近いギターに使われる木材が纏められており、定番素材から最近よく聞くようになった素材、珍しい素材などの各種情報にアクセスすることが可能になっています。


 こうした素材はギターのみに使われるモノとは限りませんので、これまでも木材素材を調べようと思えば幾らでも調べられる事は調べられたと思います。

 しかし、楽器店さんが制作したこのWebサイトは、完全に楽器素材としての見かた/楽器店目線の木材解説ですので、ギター愛好家にとっては大変参考になるものだと思います。


 もちろん、この辞典に乗っていない素材も次々と登場しているのが現状ではありますが、今現在のギターに多く使用されている素材に関しては大抵記載されているものと思われますので大変有用です。

 実際、素材がギター全ての音色を決める訳ではございませんが、素材由来の傾向や特性などが気になった場合にはとても役に立つ情報だと思います。


 気になるギターが見つかった時などに、そのギターの素材からも素性を探ってみる。というというのも面白いのではないでしょうか。


島村楽器 SP-LP/SLV ギター型スプーン レスポールタイプ 【ShimamuraMusic SPLP】






楽天市場

おっさんの戯言 27

 本日は不定期記事「おっさんの戯言」。


 今回はAmazonさんの方で最近目立っていたディストーションペダルの話題です。


GOKKO ディストーション 歪み エフェクター GK-45 Rocket




 それがこちら。

 以前もおっさんの戯言で取り上げた事のありますブランド、「GOKKO AUDIO」が開発したディストーションペダル、「GK-45 Rocket」です。


 例によって実売4.000円程の大変リーズナブルなペダルなのですが、よく見れば筐体塗装はラメ入りであったり、製品ロゴデザインに少々拘ってみたりと、意外と(?)本気度が感じられる製品であります。


 本ペダルでまず注目されるのが、アンプライクな3バンドイコライザー搭載という点。

 それだけで幅広いディストーションサウンドが生成可能なペダルというのがわかります。


 さらに、かなり広いGain幅を持っているのも本機の特徴的なところで、3バンドイコライザーと合わせて多彩な表現を可能としているディストーションペダルになっております。




 サンプル動画を見てみましてもこれが格安のペダルとは思えぬサウンド。

 中域を持ち上げたリードトーン。

 逆にミッドスクープしてメタル系のハイゲインサウンド等々。

 まさに1台で様々なディストーションサウンドを操れるペダルという感じが致します。


GOKKO ディストーション 歪み エフェクター GK-45 Rocket




 今現在、多くのリーズナブルなペダルが発売されていますが、その中でも本機の様な品が格安で手に入るというのは本当に信じられない感じが致します。

 
 それでも尚、高級な品を作り続けるブティックブランドも数多く存在している訳ですから、高級ブランドは高級ブランドでその開発力の凄さというものを(こうしたリーズナブルな品を通じて)改めて感じさせてくれていると思います。


GOKKO AUDIO OCTAVE FUZZ ファズ エフェクター




 | ホーム |  次のページ»»