fc2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
50代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

08 | 2022/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
48位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
4位
アクセスランキングを見る>>

おっさんの戯言 50

 本日は不定期記事「おっさんの戯言」。


 今回も恒例のAmazonさん(中華製品)ネタです。


 今や有名どころとなったメーカーだけでなく、いまだまったく聞いたことのないメーカーまで次々現れる中国ブランド製品。

 以前も少し取り上げた事があるブランドなのですが、今回取り上げますエフェクトペダルを開発した「Musiclily」というブランドは、もともとエレキギター部品全般を扱うブランドだそうでして、それこそネジ一本からチューナー、ナットやネックなど、様々な製品を扱う会社であります。


Musiclily Basic 小型 エレキギター エフェクター DC 9Vアダプター電源トゥルーバイパス、ビンテージオーバードライブ




 そんなMusiclilyの開発したエフェクトペダルは、スリムコンパクトサイズのエフェクトペダル。

 ”ヴィンテージオーバードライブ”から、”クランチディストーション”、どこかで聞いたことのあるような”US Dream”や”Ultimate Drive”と言ったドライブペダルのラインナップが充実している印象のラインナップです。


Musiclily Basic 小型 エレキギター エフェクター DC 9Vアダプター電源トゥルーバイパス、米ドリームディストーション




 もともと、廉価とも言えるリーズナブルな価格が魅力の製品でありましたが、また最近値下がり傾向にある様でして、どの品も現在Amazonさんの”Musiclily Direct Japan”(公式ショップ)で3,000円以下。

 以前より、若干値上がり傾向が進んでいる中国製廉価ペダルの中でも最安値レベルと言える価格で販売されています。


Musiclily Basic 小型 エレキギター エフェクター DC 9Vアダプター電源トゥルーバイパス、究極のドライブ




 ここまで低価格な製品に多くを望む方はそう多くないとは思いますが、一応レビューを確認してみますと、かかりが悪い(薄い)と言う様な声も挙がっている様です。

 しかし、(製品によっては?)内部にトリマスイッチが用意されており、それを調整することでエフェクトのかかりも良くなる製品も存在するとの事。

 もちろん、すべての製品がそうした仕様になっているのか不明ですが、分解して弄るのがお好きな方には面白い一品なのではないかと思います。


Musiclily Basic 小型 エレキギター エフェクター DC 9Vアダプター電源トゥルーバイパス、アナログイディレイ




 その辺りを差し引いたとしましても、デジタルとアナログとが用意されているディレイペダルがどちらも3,000円以下。


Musiclily Basic 小型 エレキギター エフェクター DC 9Vアダプター電源トゥルーバイパス、デジタルディレイ




 中国製廉価ペダルの登場でディレイペダルも大分安価なものを見かける様にもなりましたが、それにしてもこの価格には驚かざるを得ません。


 普段使っている物とは少し変わったペダルで遊んでみたいと思うならば、Musiclily製品はなかなか面白い存在になるのではないかと思います。


Musiclily Basic 小型 エレキギター エフェクター DC 9Vアダプター電源トゥルーバイパス、クランチディストーション



スポンサーサイト



おっさんの戯言 49

 本日は不定期記事「おっさんの戯言」。


 今回まさにオヤジの戯言という内容ではございますが、よろしければお付き合い頂ければと存じます。


 全国的に平年より猛暑となった2022年夏。

 夏の終わりに近づいたある日、家の近所でミンミンゼミが鳴いているのに気が付きました。


 地域によって差はあるという話ですが、実に夏らしさを感じるミンミンゼミの鳴き声。

 猛暑の中、ふとその声に耳を傾けていたその時、ふと聞きなれたミンミンゼミの鳴き声とは少々異なる点に気が付きました。


 聞こえてくるそのミンミンゼミの鳴き声が嫌にハイテンポだったのです。


 ミンミンゼミとはこんなにハイテンポで鳴くものなのか?

 そんな疑問を抱いた私は、簡単なTAPテンポアプリでそのBPMを計測してみました。


 「ミィーン、ミン、ミン、ミン、ミン、ミー」と鳴く途中の”ミン”の部分を基準としてテンポを計測すると実に120BPM以上の数値を叩き出しています。

 これを倍テンポと考えるならば250BPMに迫る勢い。

 まさしく、ヘヴィーメタルなミンミンゼミです。


ヤマハ YAMAHA クリップ式電子メトロノーム ブラック ME-55BK




 いやはや。ミンミンゼミとは、これほど速いテンポで鳴くセミだったか?

 昔はもう少しゆっくりとしたテンポで鳴いていたのではないかという感覚だった私は、まず自分の感覚を疑いました。

 自分自身歳をとったせいで、セミの鳴き声が速く感じる様になっただけなのか?

 そんな風に考えました。

 
 しかし、一応確認してみようとYOUTUBEでミンミンゼミの動画を検索し、動画中のミンミンゼミの鳴き声のテンポを計測してみたところ、どう速く見積もっても100BPM程度。

 近所のミンミンゼミは明らかに速いテンポで鳴いていたのです。


 そうしている間にも、近くのどこかで鳴いているヘヴィーメタルなミンミンゼミは猛烈なテンポを維持したまま、鳴き続けています。


 それを聞きながら、あの個体は遺伝子的に非常に優れた筋力と鋼鉄魂を持ったセミなんだろうか。

 そんな事を考えていました。

 それと同時に、もしあのミンミンゼミが、来世人間に生まれ変わる事が出来たのならば、歴史に名を残す様なメタルミュージシャンになれるのではないか?

 厳しい暑さのせいか、そうした変な妄想まで抱いていました。



 しかし、後になって調べてみると、ミンミンゼミは気温が高くなればなるほど鳴くテンポが速くなる傾向にあるという事を知りました。

 確かに、まだ気温の上がりきっていない早朝から鳴いているミンミンゼミは落ち着いたテンポで鳴いている様です。


 ハイテンポで鳴き続けるミンミンゼミに驚かされ、変な妄想まで抱いた私ですが、今年の夏はセミにとっても人間にとっても大変な暑さだったようです。


Benkeg エフェクター ペダル、PE100ポータブルマルチエフェクトプロセッサギターエフェクトペダル39エフェクト40ドラムパターン10メトロノームタップテンポ



おっさんの戯言 48

 本日は不定期記事「おっさんの戯言」。


 今回もまたちょっとしたAmazon取り扱い製品ネタ。

 その中でも特にエフェクターボードの話題です。


GOKKO AUDIO エフェクター ペダルボード バッグ付き (560x320x60MM)




 国内外問わず、多くのブランドから発売されているエフェクターボード製品ですが、ことAmazon取り扱い製品の中では海外ブランドの格安エフェクターボードが目立ちます。

 大きさも様々、価格も様々。

 一部、ボード裏側にパワーサプライを設置出来る様工夫されている機種などもありますが、基本的な使い方は大体同じ。

 付属のベルクロテープ(マジックテープ)をセットしたいペダルの背面とボード側とに張り付け、好みの配置にセッティングしていく方式です。


Guitto ギターエフェクター ボードペダルボード クランプブロック固定効果ペダルボードアルミニウム合金超軽量キャリングバッグ付き (中)




 そんな中、こちらの「Guitto」というブランドの製品は、同じペダルボードでもやたらと付属品が多いです。

 これは何故かと言えば、ペダルの固定法が”クランプ式”。


Guitto GPBシリーズペダルボード固定ブロック(8個)




 ネジ固定式の”クランプ”でペダルを挟み込み、ペダルをボードに固定するタイプです。


 この方式であれば、ベルクロテープをペダルに張り付ける必要も無し。

 当然、粘着テープの汚れがペダルに付くこともありませんし、ペダルレイアウトの変更もネジを緩めて再配置するだけの作業で済みます。

 固定用のクランプ部品は追加部品が別売りもされていますので、よりしっかりボードに固定したい場合にはクランプ4点止めなどの工夫も出来ます。


KRCraft 「 PEDAL BASE 」 マジックテープ不要 な エフェクターボード ペダルボード ※ エフェクターケース 別売り (S)




 ”有孔ボード”の様なこちらのペダルボードも”クランプ式”。

 こちらは、国内ブランド「KRCraft」が開発した製品です。


 見てのとおり、パンチングボード同様の多数の穴が開いておりますので、ペダルレイアウトの自由度が高いのが特徴。


KRCraft 「 PEDAL BASE 」 小型クランパー (4個入り) マジックテープ不要 な エフェクターボード ペダルボード




 さらにその穴一つ一つにネジ山が切られていますので、固定用ボルトを受ける為のナット状部品が必要ありません。

 ボードに対してクランプ部品をネジ止めするだけの簡単な作業で済みます。


KRCraft 「 PEDAL BASE 」 交換用ハンドル マジックテープ不要 な エフェクターボード ペダルボード




 Amazonで取り扱われている製品以外にも公式ウェブショップに専用ハードケースなど含めた多数のオプションが用意されており、カスタマイズ性の高さという点を見ても流石国内ブランド製品と言った感じを受けます。


 レイアウト変更も容易なクランプ固定式ペダルボード。

 ただし、部品点数が増える事やボード自体の加工に手間がかかっている事からも想像出来ます様に価格的に高級な製品になってしまうのが少々悩み所と言えるでしょうか。


Mooer Stomplate Mini PB-05 ペダルボード エフェクターボード




 | ホーム |  次のページ»»