FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
75位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
3位
アクセスランキングを見る>>

おっさんの戯言 24

 本日は不定期記事「おっさんの戯言」。


 今回は、Amazonさんでお馴染みの中華ブランド「Donner」のマルチペダルについてです。

 

Donner Alpha Cruncher ギター用マルチエフェクター「ディレイ、コーラス、ディストーション」




 一般的にマルチエフェクトと言いますと、自由にエフェクトパッチを組み合わせて自分好みのエフェクトセットを作りだすタイプを指すものかもしれませんが、Donnerブランドから発売されているものはこうした複数のペダルを一つに纏めた様なタイプ。

 複合型ペダルと言う形態のものです。

 Donner ”Alpha”シリーズとして展開されているこの製品は、3つのエフェクトを一台に纏めたタイプで、上記「Alpha Cruncher」モデルは”ディストーション”+”コーラス”+”ディレイ”と一台で基本的なギターサウンドが生成出来てしまうという大変便利な機器であります。


 3タイプのエフェクターがセットになっていてお値段約6,000円。(2020年2月現在)

 恐るべき低価格のペダルエフェクターが世に溢れる様になった今としても、かなりお得な価格設定の品だと感じられます。


 もちろん、各エフェクトを繋ぐ為のパッチケーブルが要らないという事で、その分もお得。

 ペダル同士を繋ぐルーティング由来のトラブルもこの機器の部分には問題が発生する恐れがないというのも優秀なポイントです。


 しかも、大抵のマルチエフェクトと違い、コンパクトペダルをそのまま横に並べた様な機器ですので、扱いはペダルタイプのエフェクター同様。

 直感的なつまみ操作による扱い易さというのも有利な点だと思います。


 しかし、問題があるとすれば、内臓されているエフェクト、特にドライブエフェクトなどが好みでない場合。

 これは、ドライブエフェクトのみ自分好みの物を選択し、Donner Alphaと組み合わせて使えば回避出来ますが、最近ではこんな製品も登場しています。


Donner ギター マルチエフェクター Alpha FX 「モジュレーション、ディレイ、リバーブ」




 ドライブエフェクト非搭載のAlphaシリーズ、「Alpha FX」です。

 本機は、”モジュレーション”、”ディレイ”、”リバーブ”を搭載した複合ペダルです。

 ドライブペダルは別の物を使用したいと考える場合には実に合理的な複合ペダルであります。


 最近ではかなりリーズナブルな製品を見かける様になったものの、元々値の張るディレイやリバーブエフェクト。

 ですが、こちらもお値段約6,000円と、かなりお得な品と言えるのではないでしょうか。


 お気に入りのドライブペダルとAlpha FX。

 それだけでかなり満足度の高いエフェクターセットが出来上がってしまうのではないかと思います。


 他もハイゲインドライブ搭載型やベース用、アコースティックギター用なども発売されているDonner Alphaシリーズ。

 用途によっては、大掛かりなシステムよりも使える機器になるのではないかと思います。


Donner Alpha Force ギター用マルチエフェクター ディストーション 「ディレイ、コーラス、ハイゲイン(Higain)」



スポンサーサイト



おっさんの戯言 23

 本日は不定期記事「おっさんの戯言」。


 今回は、最近Amazonさんの方で(個人的に)特に気になったあるエフェクターブランドのお話。


GOKKO ディストーション 歪み エフェクター, GK-21 SonicBone




 それがこの「GOKKO」というブランドのコンパクトペダルです。

 Amazonさんに並ぶ数多の格安ペダルの中でも最廉価な価格帯である¥3.000-程のペダルを幾つも販売しているこちらのブランド。
 
 発売する「GOKKO AUDIO」をネットで調べてみましたところ、オフィシャルホームページには”Design & Engineering in Italy”との表記が。

 デザインや設計はイタリアで行っているという事なのでしょう。


 しかし、連絡先を見てみますと、やはりと言いますか中華製廉価ペダルでお馴染みの地、中国は深セン市となっています。

 製品の組み立てなど生産地は中国?

 製品説明にはしっかりと”イタリアのブランド”と書かれていたりしますが、結局のところ中国のブランドという事になるのでしょうか。


GOKKO AUDIO アンプ シミュレーター ペダル エフェクター Vintage Box American Sound GK-33 フェンダーアンプの音




 どの国のブランド/製品かという部分についてはなかなかグレーな感じが致しますが、製品自体は価格とは見合わぬ立派な姿をしております。




 YOUTUBEにもオフィシャル(と思われる)製品レビュー動画などが数多くアップロードされており、どれもが価格に見合わぬ性能を持った製品であるように思えます。


GOKKO AUDIO マルチエフェクター ペダル ディレイ コーラス ディストーション(MX80)




 格安コンパクトペダル以外にも(アナログ)3in1ペダルなども販売しており、価格は6,000円台。

 ヘッドフォン端子やDI出力なども搭載しており、これまた価格的に驚きの品であると思います。


GOKKO AUDIO パワーサプライ エフェクターペダル用 エレキギター用 電源 9V/12V/18V 電源供給 PSE認証(プラス)




 さらには、周辺機器なども充実。

 ハイカレント出力まで備えた立派なパワーサプライがパッチケーブルまでセットになって3,000円台。


 各端子動作LED付。

 ショート保護機能にUSB端子まで備えているとは、いやはや驚きです。


Caline パワーサプライ ギター エレクトリックギター用 フェクター エフェクト 電源 DC 9V/12V/18V 独立型パワーサプライ 10絶縁出力チャネル USB充電コッド付き 短絡保護 過熱保護 PSE認証 (10チャネル 1USB)




 しかし、よく似た製品が他の中国製廉価ブランドからも発売されていますので、パワーサプライに関してはOEM製品だったりするのかもしれません。


GOKKO AUDIO マルチエフェクター ペダル リバーブ ディレイ コーラス ディストーション オーバードライブ ブースト(MX300)




 結構値の張るマルチエフェクトペダルなどもラインナップしておりますので、今はそれほど知名度がなくとも今後さらに成長していく可能性のあるブランドなのかもしれません。


 とにかく、価格と性能が良い意味で見合わないブランドが次々登場してくるもので御座います。


MIMIDI ディレイ エフェクター | ギターエフェクター ディレイ デジタルディレイ Delay Guitar Effect Pedal




 ついでに、もう一つ目につきましたのが、こちらの「MIMIDI」というブランド。

 こちらは深センのお隣の広州から販売されているものなのでおそらく中国製。


 オーバードライブやコンプレッサーなど5種がラインナップされている手のひらサイズの小型ペダル。

 価格は¥2,700-程(税抜き)とこれまた激安なのですが、デジタルディレイまでこの価格で販売されているのに驚きました。


 デジタルディレイが2,000円台とは。

 これこそ開いた口が塞がらないというもので御座います。


 もちろん安ければ全て良しなどと言うつもりは御座いません。

 しかし、この価格でギターがより楽しくなる機器が手に入るというのは非常に嬉しいものであります。


 最近は次々と高級な品も登場している中国製品。

 価格の二極化が進んでいる様にも感じられますが、まだまだ面白い品が登場してくるのではないかと目が離せない存在だと思います。


GOKKO AUDIO エフェクター ペダルボード バッグ付き 日本語の組み立て説明書付き 350x280x45mm (Mサイズ)



おっさんの戯言 22

 本日は不定期記事「おっさんの戯言」。


 依然、驚異的な製品開発スピードを見せる中国ブランド。

 本日は”Amazon”でお馴染みの激安ペダルブランド「Donner」から、また目新しい品が登場しておりましたので、そちらを取り上げてみたいと思います。


Donner Black Devil ギターアンプ AMP プリアンプ エフェクター ミニ




 スリムコンパクトな筐体にズラッと並んだ小さなコントロールノブ。

 操作性という点はさておき、これだけでかなりインパクトのある品でありますが、こちらDonnerブランドの開発したデジタルプリアンプペダルであります。


 この「Black Devil」というペダルは、今やマイクロヘッドなども発売されているPeavey伝統の”6505”モデルをベースとしたプリアンプペダルです。

 デジタルならではのこの大きさ。

 アンプライクな操作性で、クランチチャンネル/リードチャンネルの2チャンネル仕様。

 キャビネットシミュレーション機能も搭載しており、しかもリバーブまで搭載。


 それでいて、やはりというかお値段お手頃。

 最早、言葉を失います。


Donner Green Land ギターアンプ AMP プリアンプ エフェクター ミニ




 デジタルなのですから、中身を変える事も容易です。

 なんとこのシリーズ、全5種用意されています。


 こちら「Green Land」モデルは、クリーンチャンネルとしてFender 「Bassman」ベースのモデリングとクランチチャンネルMarshall 「JTM45」ベースの2チャンネル仕様。


Donner Sweet Juice ギターアンプ AMP プリアンプ エフェクター ミニ




 続いて「Sweet Juice」は見た目通りのOrange 「AD30」ベースのモデリングをクランチチャンネル側に搭載したモデルです。

 クリーンチャンネルはFender 「65 Twin Reverb」をベースとしたサウンド。


Donner Force 2 ギターアンプ AMP プリアンプ エフェクター ミニ




 Donner 「Force 2」は、通好みなSoldano 「SLO 100」ベースのクリーンとクランチチャンネルを搭載。


Donner ギター用プリアンプ マーシャルアンプ ギターアンプ エフェクトペダル Soldano SLO 100




 最後はFender 「65 Twin Reverb」ベースのクリーンとMarshall 「Super Lead 1959」ベースのクランチチャンネルを搭載した「Incredible V」。

 (上記広告には”Soldano SLO100”と書かれていますが、誤植だと思われます)



 以上、全モデル2チャンネル。3バンドイコライザー。

 キャビネットシミュ、リバーブ付き。

 それで価格は税抜き6,000円を切るという、目を疑う様な設定。


 確かに、使える使えない(好みか否か?)はあると思います。

 しかし、すでに本家に肉薄すると噂になった製品も数多く存在するDonnerブランドの品とあれば、自然と期待は高まるものであります。


 それでなくとも、この価格と機能とを見れば文句の付けようがありませんが。


 一体この先、どんな製品が登場してくるのか。

 空恐ろしいものすら感じる中国ブランド製品のお話でした。


Donner 3W ギターアンプ ミニ 充電式





 

 | ホーム |  次のページ»»