FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
82位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
4位
アクセスランキングを見る>>

カメラ用電池が使えるパワーサプライ 【3Monkeys】

 世界的人気を誇るバンド「エアロスミス」のギタリスト「ブラッド・ウィットフォード」と、その彼を現場で支えるプロエンジニア等によって創設されたカスタムアンプブランド「3Monkeys AMPS」から、少々変わり種のパワーサプライ製品が発売になりました。


3 Monkeys Solderless Utility Box / パワーサプライ




 それがこちら、3Monkeys 「Solderless Utility Box」です。


 側面に見える赤と黄色の端子。

 こちらからエフェクターに電源を供給するパワーサプライ製品でありますが、その電源元が少々特殊。


ドットサイトやホロサイトの電池に!CR123Aリチウム電池 3本セット≪高出力≫≪バッテリー≫≪乾電池≫




 本体内に、主にカメラ用として使用される”CR123”バッテリーを3本搭載出来る形になっておりまして、そこからエフェクターに電源供給可能になるという機器であります。


3 Monkeys Solderless Utility Box / パワーサプライ




 すなわち、高出力な”電池”を電源としておりますので、9V乾電池でエフェクターを駆動するのと同じくノイズに強い電源になるという訳です。


 しかも、トータル最大4500mAまで電源供給可能という大容量。

 さらに黄色い端子は一般的なセンターマイナス出力となっており、赤い端子の方はセンタープラス仕様。

 少し特殊な仕様のエフェクターも使用可能とする対応力が魅力です。


 本体上部には、2つのフォンジャックと電源プラグとが用意されており、こちらはケーブルテスターとして利用出来る機能となっています。

 現場で活躍するギターテックならではのアイディア機能と言えるでしょう。


 最近では高性能なパワーサプライ製品も随分と増えてきましたが、やはりアナログペダルなどの電池駆動に拘っている方には非常に魅力的な電源となるかと思います。

 非常にコンパクトですので、緊急用の電源として用意しておくのも良いかもしれません。


3 Monkeys Solderless Utility Box / パワーサプライ






楽天市場

 
スポンサーサイト



”Ken Yokoyama”シグネチャーモデル発売開始 【Solid Bond】

 今年2月に設立され、Hi-STANDARD「横山健」氏の思いが詰まった数々のギターアクセサリー製品を発売してきた「Solid Bond」から、遂に”Ken Yokoyama”シグネチャーモデルのセミアコースティックギター製品が登場。

 今月4日より発売開始となっています。





Solid Bond / Coursesetter Sandy


 モデル名になっている「Coursesetter」は、”自分の進む進路 (Course)を決めて進んでいく (Set)”という横山氏の思いが込められた造語なのだそうです。

 まさしくこれから夢に向かって突き進もうとする若者の背中を押す、ギターを愛する横山氏からの強いメッセージが込められた一本と言えるでしょう。





Solid Bond / Coursesetter Sandy


 これまで、「Gretsch」ブランドからシグネイチャーモデルが発売になったり、自身プロデュースのブランド「Woodstics」からエレキモデルが発売されていたりした横山氏でありますが、今回発売された「Coursesetter」は伝統的なセミアコースティックスタイルのエレキギターです。


 ブランドとしての位置づけとしましては、まずは”ステューデントモデル”という事で、しっかりとした造りながら価格を抑えた品という事になるようです。

 つまりは、今後さらにプロスペックの製品を開発する計画があるのかもしれません。


 本機は、メイプル(Plywood)のボディにマホガニーネック。

 スプルースのセンターブロックを持つ構造。

 305mmRの指板はローズウッド製。





Solid Bond / Coursesetter Walnut


 カラーは2色用意されており、渋めの”ウォルナット”カラーとラメ入りの”Sandy White”(横山氏が命名)カラーを設定。

 ウォルナットモデルはシルバーパーツ。

 サンディホワイトモデルは豪華な印象のゴールドパーツ仕様となっています。





Solid Bond / Coursesetter Walnut


 ブリッジは伝統のBigsby。”B70”。

 ピックアップは、ESP製品やPRS製品などにも採用されている「G&B」製品。

 ”G-113”&”G-113-1”を搭載。


 ネック側とブリッジ側それぞれをコントロールするVolumeとTone。

 それに加えて、一弦側ホーン部に搭載されたマスターボリュームが扱いやすさの決め手となる仕様との事です。





Solid Bond / Coursesetter Walnut


 チューナーはロトマチックタイプの物を採用しています。

 存在感のあるヘッドデザインがなかなか恰好良い一品であります。


 ブランドとしてはスチューデントモデルでも、それなりの価格がしてしまう「Coursesetter」でありますが、本来しっかりとした素材や部品を使用し真面目に生産すればこの位の価格になってしまうというのは当然の事でしょう。

 逆に言えば、それだけ自信をもって送り出した品だと考える事も出来ます。

 
 未来の横山健2世はこの一本から。

 そんな希望を抱かせてくれる品だと感じました。





Solid Bond / Coursesetter Walnut




エレキギターなら石橋楽器店!

ミニサイズの”SDC” 【VOX】

 「VOX」ブランドのオリジナルシェイプモデル”SDC”がミニギターとなって登場。





VOX / SDC-1 mini


 印象的なスタイルそのまま。

 可愛らしいサイズのVOX 「SDC-1 mini」が発売になりました。

 
 良く見かけるミニギターのネックよりも、さらに短めの476mmスケール。

 それでも.012~.054の推奨ゲージを利用する事でレギュラーチューニングでの運用が可能という一品。

 ネック長は短くとも、ナット幅は通常のエレキギターと同じ42mm幅となっております。





VOX / SDC-1 mini


 メイプルネックにポプラボディ。パープルハート指板仕様。

 見た目はかなりファニーな一品ですが、作りはしっかりとした本格派。

 ネック接合はボルトオンジョイント方式で、その中央にストラップピンが装備された形。





VOX / SDC-1 mini


 システム的には至ってシンプルで、1Volume、1Tone。

 ミニサイズのダブルコイルピックアップを搭載。

 ブリッジはハードテイルです。(弦裏通し)


 ボディカラーは3色用意されており、レッド、ブラック、ホワイトから選べます。




 全体的な造形バランスを見るとウクレレの様でもありますが、れっきとしたエレキギター。

 これぞどこへでも持ち歩け、気軽に演奏が楽しめる一本。

 音楽的アイディアを練るのにも良い一品だと思います。。





VOX / SDC-1 mini




楽器の事ならアフターも安心の石橋楽器店!

 | ホーム |  次のページ»»