FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
52位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

最新形態の次世代ルーパー 【BOSS】

 今年、「BOSS」ブランドが発売開始したハイクォリティペダルシリーズ、”BOSS 200シリーズ”と同じ形態を持つ最新型のルーパー機器が発売になります。





BOSS / RC-10R Rhythm Loop Station《予約注文/10月26日発売予定》


 「RC-1 Loop Station」でもお馴染みのサークルインジケーターを2つ搭載した2ストンプスイッチ型。

  10月26日発売予定、BOSS 「RC-10R Rhythm Loop Station」です。





BOSS / RC-10R Rhythm Loop Station《予約注文/10月26日発売予定》


 シンプルな扱いやすさを追求したRC-1から、一気に重厚感あふれる多機能さをアピールする形となった新型RC-10R。

 BOSS自慢のサークルインジケーターは”LOOP”用と”RHYTHM”用二つ搭載されており、各種情報表示のLCDディスプレイも搭載された形となっております。


 サークルインジケーター並びにフットスイッチに”リズム”と表記があることから分かります様に、本機にはリズムマシーン機能が搭載されています。

 内臓されるリズムパターンは実に280種。

 また、SMF(Standard MIDI File)形式による自作のリズムパターンを本機にインポートすることも可能になっています。


 肝心のルーパー部分は、最大6時間録音可能。ステレオ仕様。

 AD/DA変換32bit、内部演算32bit float(浮動小数点)処理の強力な高音質ルーパーエンジンを搭載しています。


 ループトラックは2系統をフットスイッチで切り替えが可能となっており、イントロ、エンディング、フィルから構成されるリズムパターンと組み合わせて柔軟なループパフォーマンスをサポート可能になっております。





BOSS / RC-10R Rhythm Loop Station《予約注文/10月26日発売予定》


 IN/OUT共にモノラル対応のステレオ仕様。

 外部ペダルでのコントロール等、入出力系も充実。





BOSS / RC-10R Rhythm Loop Station《予約注文/10月26日発売予定》


 もちろん、リズムパターンの編集やWAVループ素材のインポートなど、パソコンと連携する為に使えるUSB端子も装備。

 専用のMac/Windowsソフトウエアも用意されているそうです。




 まさしく最高の性能を持って誕生した次世代ルーパー「RC-10R」。

 人前でのパフォーマンスにも、音楽創作にも役立つ、大変クリエイティブな機器だと思います。





BOSS / RC-10R Rhythm Loop Station《予約注文/10月26日発売予定》




楽器の事なら石橋楽器!
スポンサーサイト



名エンジニア設計のアナログディレイ 【Xvive】

 中国ブランド「Xvive」から、新作ディレイペダルが発売になります。


【予約受付中】 Xvive XV-V21 ECHOMAN ディレイ ギターエフェクター




 10月18日発売予定。Xvive 「XV-21 ECHOMAN」です。


Electro Harmonix 《エレクトロ・ハーモニックス》 DELUXE MEMORY MAN 【特価】




 この新作は、「Electro Harmonix」ブランドの名器「Deluxe Memory Man」を開発した事で知られるエンジニア「Howard Davis」氏が設計したというアナログディレイ。

 長くギターエフェクト開発に携わってきた彼が、現代的な設計を盛り込み開発したのが新型ECHOMANであります。


【予約受付中】 Xvive XV-V21 ECHOMAN ディレイ ギターエフェクター




 このECHOMANには、独自に開発されたというチップ、「MN3005 BBD」を搭載。

 ディレイタイムは、最大600ミリ秒。

 コーラスとビブラートを使い分けられるモジュレーション機能を搭載し、Dry/Wetのバランス調整が可能な”BLEND”コントロールを搭載しています。

 ”ハイテクフィルタリング”と”ノイズリダクション回路”を搭載しているそうですので、ノイズ面にも強い設計となっている様です。




 本機はバッファードバイパス仕様。

 電源は9Vのみ。乾電池駆動は出来ないペダルです。


 かなりのハイコストパフォーマンスペダルを多く手掛けるXvive製品としては、エフェクトペダルとして一般的な価格帯の品になる本機でありますが、その品質の高さから考えると、やはり本機もまたハイコストパフォーマンスな品と言えるのではないでしょうか。


 コンパクトでモジュレーション機能・ブレンド機能付き。

 アナログディレイの形も進化しているものだと感じさせてくれる、非常に現代的なアナログディレイペダルだと思います。


【予約受付中】 Xvive XV-V21 ECHOMAN ディレイ ギターエフェクター






楽天市場

カスタムショップ製の特別な”OCD” 【Fulltone】

 アメリカブランド「Fulltone」の発売する超有名オーバードライブ”OCD”にゲルマニウムダイオードを使用した特別なモデルが登場します。





Fulltone / Custom Shop OCD-Ge 《予約注文/10月13日発売予定》


 10月13日発売予定。

 Fulltone 「OCD-Ge」です。


 製品名に”Ge”と付いております様に、ゲルマニウムダイオードを使用した”OCD”という事になりますが、そもそも初期のOCDではMosfet(シリコンの電界効果トランジスタ)2つとゲルマニウムダイオード1つを使用していたそうで御座います。

 しかし、そのゲルマニウムダイオードが入手困難になった為、OCD現在の形へと進化/改良されていったのですが、またゲルマニウムダイオードが入手可能になったという事で、今度は究極のOCDをと生み出されたのがこの「OCD-Ge」になるそうです。


 究極を目指した本機では、Mosfet x2、ゲルマニウムダイオード x2という新たな回路構成となり、新回路に合わせた調整が成されております。





Fulltone / Custom Shop OCD-Ge 《予約注文/10月13日発売予定》


 従いまして、機能的な部分は現行「OCD」と変わりありません。


 ”Volume”、”Drive”、”Tone”の3ノブと評価の高い”HP/LP”スイッチを搭載したおなじみの形。

 通常モデル同様、バッファード/トゥルーバイパスの切り替えスイッチも本体内部に用意されています。




 特別な回路、CUSTOM SHOP製の限定品ということで、お値段は通常モデル約2台分。

 価格的に見ても究極のOCDという感じが致します。
 

 光の当たり方、見る角度によって変化する筐体塗装も特別仕様な、拘りの限定モデルです。





Fulltone / Custom Shop OCD-Ge 《予約注文/10月13日発売予定》




楽器の事ならアフターも安心の石橋楽器店!

 | ホーム |  次のページ»»