FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
58位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

次世代のギターシンセサイザー 【BOSS】

 エフェクター感覚で扱える「BOSS」のギターシンセサイザー”SY-300”発売から約4年余り。

 今でも十分高性能な「SY-300」の実に6倍にも及ぶ処理能力を持った最新上位機種が遂に発売となりました。





BOSS / SY-1000 GUITAR SYNTHESIZER


 ”新たなステージへ躍進するギター・シンセサイザー”、BOSS 「SY-1000」です。


 最先端のサウンドエンジンや高性能DSP、進化したGKテクノロジーを搭載。

 豊富なシンセサウンドとモデリングギターの中から、3つのサウンドを選択しレイヤー化(重ねる)する事で全く新しいサウンドが創造出来るという最新のギターシンセサイザーユニットです。





BOSS / SY-1000 GUITAR SYNTHESIZER


 本機には”ギターモード”と”ベースモード”が用意されており、それぞれにギター/ベースシンセやギター/ベース+アンプモデリング、アコースティックやポリFXなど多数の音色を装備。

 さらにそれに加えエフェクト類150種以上を搭載。

 まさに変幻自在のギター/ベースサウンドを生み出す夢のような機器であります。


Roland 《ローランド》 GK-3 Divided Pickup [ギター用]




Roland ( ローランド ) GK-3B 【ベース用デバイデッド・ピックアップ】 GR-55 対応




 しかしながら、全ての機能を活用するにはBOSS/Rolandの”ディバイデッドピックアップ(GK-3/別売り)”が必要となります。

 この辺りは、繋ぐだけで特別なピックアップ要らずであったSY-300と大きく異なる点です。





BOSS / SY-1000 GUITAR SYNTHESIZER


 SY-1000本体にGuitar Inputが装備されている事からもお分かりいただけます様に、シンセピックアップなしにもDynamic Synthと内部エフェクトの使用は可能です。

 しかし、全ての機能をフルに活かすためには、各弦独立した信号ピックアップが可能なディバイデットピックアップが必要になるという訳です。

 この点、注意が必要です。




 エレキギターという楽器に馴染みのない方が見れば、エレキギターって(特別なことをせずに)こういう音も出るんだ?と素直に受け取ってしまいそうな程、まったく遅延も違和感も無いシンセサウンド。

 最近でこそ特別なピックアップなしにシンセサウンドが得られるペダルなどがいくつも発売されてきましたが、ここまでのクォリティを求めるとなるとやはりディバイデッドピックアップが必要だという結論に達したのでしょう。


 ギター/ベースを単なる入力機器とするだけでなく、レイヤー化した新しいサウンドが生み出せるSY-1000。

 全く新しいギターサウンドはここから産まれていくのかもしれません。





BOSS / SY-1000 GUITAR SYNTHESIZER




石橋楽器店
スポンサーサイト



幻想的なリバーブが”V3”へとアップデート 【EarthQuaker Devices】

 これ一つで幻想的な世界を作りだす、「EarthQuaker Devices」のリバーブペダル「Afterneath」が”V3”へとアップデートし、発売になります。


EarthQuaker Devices Afterneath V3 【4月15日発売予定】




 進化を続ける異世界リバーブ、EarthQuaker Devices 「Afterneath V3」です。

 発売は少し先の4月15日予定。


EarthQuaker Devices / Afterneath リバーブ 【新宿店】




 これまでのバージョンと比べ、3型は筐体グラフィックが派手になっているのが分かります。

 基本的なコントロール類に変化はありません。

 ただし、新型には新たに”MODE”設定の為のノブが追加されております。(ストンプスイッチ上の小さなノブ)


EarthQuaker Devices Afterneath V3 【4月15日発売予定】




 各種操作に変更はありませんが、少々特殊なコントローラー名となっておりますので今一度確認してみますと、

 ”Length” = リバーブの長さ

 ”Diffuse” = リバーブの質感 

 ”Dampen” = リバーブのトーン

 ”Reflect” = リバーブの深さ、フィードバック

 ”Drag” = ショートディレイの速度


 と、これだけでかなり詳細な残響コントロールが可能な機器であるというのが分かります。


 さらにV3に追加されたMODE選択により、本機の肝とも言えるショートディレイ効果(Dragコントローラー)のエフェクト効果をより細かく設定することが可能になっております。


 前型では、Dragコントローラーの操作に合わせて残響のピッチ変化を起こす仕様となっておりましたが、新型ではピッチの変化に音階が付くようになりました。

 クロマチックやメジャー/マイナーなど、ピッチ変化の音階を新搭載のMODEコントローラーで設定可能です。


 また新たに搭載されたエクスプレッション端子にペダルを接続すれば、このDrag+MODEの機能をリアルタイムで操作出来ます。

 さらにフットスイッチはフレキシスイッチとなっており、ラッチ式/モーメンタリー両方の使い方が出来る仕様となっております。




 ただでさえ強力な空間演出を行える「Afterneath」がより進化したV3。

 適当にギターを弾いているだけでも楽しめてしまうペダルが、さらにその凄みを増した感じが致します。


EarthQuaker Devices Afterneath V3 【4月15日発売予定】






楽天市場

3ノブタイプ”QZone”復活 【Jim Dunlop】

 しばらくの間生産終了機種となっていた「Jim Dunlop」のフィクスドワウペダル「CRYBABY QZONE」が復活。


Dunlop QZ1 CRYBABY QZONE 【2月以降発売予定】




 Dunlop 「QZ1 CRYBABY QZONE」として発売される事が決定致しました。

 発売は2月以降の予定。


 数年前には、4ノブタイプのQZONEなども発売されましたが、今回再登場のモデルはそれ以前の3ノブタイプ。

 コントロール仕様もその当時と変わらぬ、シンプルな形態のQZONEです。


 ご存じワウペダルの名品”CRYBABY”の名を冠するこのペダルは、ワウペダルを途中で止めた(半止め)状態のサウンドをワンタッチで生み出す事が出来るフィクスドワウペダルです。

 微妙な操作を要するワウペダルに比べ、事前に音色作りこみさえしておけば簡単にそのサウンドが呼び出せるという事で、意外とファンの多いペダルであります。

 しかしながら、一応ワウペダルが有ればそうしたサウンドは作れてしまうという事で、常にバカ売れする品ではないのでしょう。

 度々生産中止となりながらも、やはり便利だという事で世の中から消えはしない製品であります。


Dunlop QZ1 CRYBABY QZONE 【2月以降発売予定】




 今回復活する3ノブタイプQZONEは、”ブースト量”、”バンドパスシェイプ”、”周波数帯”が設定可能なシンプルモデル。

 シンプルですがその分扱いやすく、効果もわかりやすい製品です。


 ギターサウンドに何かもう一つ存在感を与えたいという時に大変役立つ品になると思います。


Dunlop QZ1 CRYBABY QZONE 【2月以降発売予定】






楽天市場

 | ホーム |  次のページ»»