FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
3位
アクセスランキングを見る>>

三代目”ULTIMATE”発売 【EBS】

 アイディア溢れる独自仕様。





EBS / Billy Sheehan Signature Drive ULTIMATE【お取り寄せ商品】


 以前も取り上げましたベース用製品のプロフェッショナルブランド「EBS」から発売中の「Billy Sheehan Signature Drive」に新型「ULTIMATE」が発売になりました。


 クリーンとドライブとを個別に設定出来るベース用オーバードライブ(/コンプレッサー)「Billy Sheehan Signature Drive」もこれで3代目。

 Y字分岐ケーブルを利用する、独自のクリーン/ドライブ2系統のループ機能もしっかり受け継がれております。

 もちろん、OFF設定も可能なコンプレッサー機能も継承していますが、内蔵コンプレッサーを使わずにクリーンループにお気に入りのコンプレッサーを組み込むと言った使い方も可能です。





EBS / Billy Sheehan Signature Drive ULTIMATE【お取り寄せ商品】


 今回、新機能として”Tone”コントロールで設定出来る帯域をHigh/Low二段階に変化させることの出来る”FREQ”スイッチを搭載。

 さらにDeluxeモデルより継承された”PHASE”スイッチや”BOOST”を足もとで操作出来る機能も装備。




 ただでさえ繊細な音作りを可能とするBilly Sheehan Signature Driveが、より一層その音作りの幅と操作性を広げた形となっております。


 しかし、相変わらず一番気になるのはY字分岐ケーブルを利用したループ機能。

 これが、クリーンとドライブ2系統用意されているのがやはり秀逸。

 クリーンな音色を大切にするベースギターならではの機能とも言えるのですが、ギターでもDry音をミックスする仕様のオーバードライブも今やポピュラーなものです。

 Billy Sheehan Signature Driveの登場以来、ギター用エフェクターにもこうした機能を持つ品が次々現れるのではないかと考えましたが、未だそうした製品はあまり見られません。

 複雑なシステムを大幅に簡略化出来るこの機能はギターにおいても大変有用だと思うのですが。


 とにかく、他にはない強力な機能を持つ「Billy Sheehan Signature Drive」。

 流石ベース界の巨人がそのアイディアを出したペダルだと感心させられる品だと思います。





EBS / Billy Sheehan Signature Drive ULTIMATE【お取り寄せ商品】




業界No.1のインターネット楽器販売専門サイト石橋楽器店!
スポンサーサイト

日本限定カラーの”M108S” 【MXR】

 「MXR」ブランドの定番、10バンドイコライザー”M108S”に日本限定となる特別カラーモデルが発売になりました。





MXR / M108SE TEN BAND EQ Limited Ebony


 Limited EbonyカラーとなったMXR 「M108SE」。

 エボニーというだけあって、単一のブラックではなく、木目の様な紋様(ヘアーライン加工)が見て取れる高級感ある限定カラーの製品となっております。


MXR M108S TEN BAND EQ 【あす楽対応】【送料無料!】




 ちなみに、標準モデルは少し未来的なイメージのシルバーカラーです。





MXR / M108SE TEN BAND EQ Limited Ebony


 モデルチェンジ前のM108がこうしたブラックカラーでしたが、今回の限定品はより豪華な印象。

 今回、一つ一つのスライダーに内蔵されたLEDが赤色となっておりますので、筐体色との対比がとてもスパルタンな印象でもあります。


 ぱっと見かなりの大型筐体な製品に思えるところですが、その実、結構小型な筐体に驚かされる製品です。

 にも関わらず10バンド。

 積極的なイコライジングから、ほんの僅かなトーン調整まで幅広く対応してくれます。


 出力がモノラル2系統になっているところもポイント。

 スプリッターとしても複雑なエフェクトシステム構成に一役買います。




 ゲインアップ目的にも、ノイズ対策用途にも。

 とにかく多方面に活躍してくれる優秀なイコライザー機器だと思います。


 尚、カラー以外の本体仕様は通常モデルと同等で、スイッチはトゥルーバイパス仕様。

 本体駆動に必要な18Vアダプターが付属します。





MXR / M108SE TEN BAND EQ Limited Ebony




石橋楽器店

世界的ブルースギタリストとのコラボレーション 【Mad Professor】

 お馴染みフィンランドの有名ペダルブランド「Mad Professor」から、世界的ブルースギタリスト「マット・スコフィールド」とのコラボレーションによる新作オーバードライブペダルが発売になりました。





Mad Professor / Supreme


 「supreme(至高)」と名付けられたこのオーバードライブペダルは、1つの筐体に2台分のオーバードライブを搭載した2in1ペダルです。

 A/B、2チャンネルに異なるゲイン/トーンを設定し、瞬時に切り替えが可能な製品となっております。


 A/B両チャンネルは、異なる特性が与えられているのも特徴で、本体左側Aチャンネルは主にフロントピックアップ向き。

 ブースターとしてのセッティングからローゲインドライブとして最適。

 対して右側Bチャンネルは、広いダイナミクスを持ったファットなトーンが特徴。


 ピックアップ毎の音色の違いや微妙なトーンセッティングを使いこなす世界的ブルースギタリストならではの仕様となっております。





Mad Professor / Supreme


 両チャンネルは、本体中央のミニスイッチによる切り替えの他、二つ搭載されたペダルスイッチによる切り替えや個別のON/OFFにも対応。

 当然、二つのチャンネルを同時に使用し、より高いゲインとハイコンプレッションなオーバードライブとしても使用出来ます。


 本機フットスイッチはトゥルーバイパス仕様。

 駆動電源は8V~12Vに対応とされておりますが、電圧を上げてもヘッドルームには影響しない設計になっているそうです。




 以前は「Free The Tone」製のオーバードライブペダル”MS”シリーズを愛用していると有名だった「マット・スコフィールド」。

 今回、Mad Professorとのコラボレーションモデルという事で、”MS”シリーズに並ぶ質感とより扱いやすい機能を追求した形の製品を生み出したと見るのが妥当でしょう。

 フロントピックアップ用、リアピックアップ用とドライブペダルを2台用意しなくて済むようになっただけでも、大変便利な形になったと言えるのではないでしょうか。


 繊細なピックアップ選択+ドライブ/トーンコントロールに拘る方には注目される新型だと思います。





Mad Professor / Supreme




石橋楽器店

 | ホーム |  次のページ»»