FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
58位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

気になるギタリスト97

 気になるギタリスト97回目の今回は、昨年惜しまれつつもこの世を去ったアメリカ人ギタリスト、「ディック・デイル」です。


【輸入盤CD】【ネコポス100円】Dick Dale / Very Best Of Dick Dale (ディック・デイル)




 この手のギタリストが好きな方ならば有名なギタリストだと思いますが、そうでない方はディック・デイルと聞いてもあまりピンと来ない存在かもしれません。


 彼がデビューしたのは1950年代後半。

 「ザ・ベンチャーズ」などが世を賑わしたギターインストゥルメンタルがブームの頃であります。


サーファーズ・チョイス [ ディック・デイル&ヒズ・デルトーンズ ]




 「ディック・デイル」もそうしたギターインストの名手。

 怒涛の様なオルタネイトピッキング(マシンガンピッキング)を繰り出すギタリストと言えば、その曲は知らなくともおおよその演奏スタイルは想像出来るかと思います。


 しかし、彼のギター演奏が独特なのは、右用のギターを左に構え演奏していた事にもその理由があるのかもしれません。

 通常、そうした使い方を想定するのであれば、ナットを手入れし左用に弦を張りなおすものですが、ディック・デイルは右用をそのまま左に構え扱っていたという少々特殊なギタリストであります。

 こうした事からか、生前のジミ・ヘンドリックスがその影響受けた存在として「ディック・デイル」の名を挙げていたとも言われています。


 さて、日本では「ザ・ベンチャーズ」と比べてそこまで有名ではない彼でありますが、実は多くの方が彼の曲を一度は聞いた事があるのではないかというギタリストでもあります。


パルプ フィクション / 「パルプ・フィクション」オリジナル・サウンドトラック 【CD】




 何故ならそれは、90年代に大ヒットした映画「パルプ・フィクション」の中で彼の「Misirlou(※)」が、ほぼメインテーマとして大々的に取り上げられたからです。

 ※ ミシルルー/もともとイージーリスニングの楽曲をディック・デイルがサーフアレンジしたもの


 おそらく多くの方が、映画「パルプ・フィクション」と聞いて思い出されるあの曲。

 あれこそがディック・デイルの演奏であります。


 『パルプ・フィクション』自体は、おおよそ海やサーフィンとは無縁の映画ですが、そのバイオレンスな疾走感を表現するのにディック・デイルの楽曲を選択したあたりが流石、鬼才クエンティン・タランティーノという感じがします。


 なにより、発表から40近い年月をへて映画の主題歌的な採用をされても、一切古臭さを感じさせなかった彼の曲は驚きに値するものだと思います。

 当然、後のロックミュージックに大きな影響を与えた彼ですが、その疾走感あふれる演奏スタイルはメタルミュージックの源流でもあるのではないかと思える程です。


 晩年までその技術を磨き上げ、映画の成功によって再度脚光を浴びた「Misirlou」をさらにアレンジして演奏している様子が今も印象的であります。

 これからもエレキギターミュージックの歴史の中で、語り継がれるべき偉大なギタリストのお一人であると思います。


The Best of Dick Dale (Songbook)15 Classics from the King of the Surf Guitar【電子書籍】[ Dick Dale ]



スポンサーサイト



気になるギタリスト96

 突然ですが、”速弾き”と聞いて思い浮かべるギタリストは?と質問されたとしたら、一体誰を思い浮かべるでしょうか。

 イングヴェイ?インペリテリ?それとも、もっと現代的な速弾きギターヒーローかもしれません。


 こうした名が挙がるのは当然なのですが、今回取り上げます気になるギタリストもそれ以前の時代の速弾きギタリスト。


Anthology 1967-71




 ブルース/ロックの時代の速弾きギタリストと言えばこの方。

 1960年代から活躍したイギリスのロックバンド「Ten Years After」のVo/Gt、「アルヴィン・リー」です。


 デビュー間もない頃から注目を集めたこのバンドは、正直申しまして「アルヴィン・リー」のバンドと言っても差し支えない程のギタリストメインのバンドであります。

 それだけアルヴィン・リーの存在感やテクニックが(この時代としては特に)注目を集めるものだったからに他なりません。


ディレクターズカット ウッドストック 愛と平和と音楽の3 日間 [Blu-ray]



 
 60年代と言えば、今や伝説となっている1969年の「ウッドストック・フェスティバル」が開催された時代になりますが、当時時代を先取る様な存在であった「Ten Years After」も当然参加しております。

 そこで披露された「アルヴィン・リー」のテクニックは今見ても”速い”と感じさせる驚異的なものであります。

 まだハードロックも生まれてない時代に於いて、後にその原型とまで言われるハードブルースなギター演奏が大変印象的でありました。


 しかし、そこまでの存在でありながら、何故それほど有名ギタリストとして扱われていないのか?

 これに明確な答えを出すことは難しいのですが、一つだけ大きな要因か?と思える事があります。


 それは、同じく”ギタリストが主体”の時代を先取るバンドが同じ時期に存在したという事実。

 ウッドストックの時代で、ギタリストと言えば・・・そうです、「ジミ・ヘンドリックス」の存在です。


ライヴ・アット・ウッドストック(Blu-ray Disc)




 時代を先取りする卓越したテクニックも圧倒的なギターレジェンドの存在感の陰に隠れてしまったという印象は否めません。


 しかし、「アルヴィン・リー」が残した爪痕は、確かに後の時代へと繋がって行きました。

 ジミ・ヘンドリックス程の知名度は無くとも、確かにギター史に残る名(技巧派)ギタリストであると思います。


Live 1973 King Biscuit Flower Hour



気になるギタリスト95

 今回の気になるギタリストは、かつてガレージロックを代表するバンドと評された「ザ・ホワイト・ストライプス」で活躍したギタリスト、「ジャック・ホワイト」です。

ゲット・ビハインド・ミー・サタン




 アメリカのインディーズシーンから活動を始めたジャック・ホワイト。

 後にグラミー賞を何度も受賞するザ・ホワイト・ストライプスは”姉弟”のユニットという事でしたが、実はこの二人ご夫婦。

 この時から既にグラミー賞アーティストとしてのプロデュースが始まっていたのかもしれません。


 ギターと共にボーカルも務める彼は、独特な存在感と激しさを含むギタープレイなどロックアーティストらしい魅力で一躍人気者となって行きます。


Elephant




 2003年にメジャーレーベルより発売されたアルバム「Elephant」からのシングル、「Seven Nation Army」がいきなりグラミー賞、最優秀ロック・ソング賞を獲得。

 インディーズ時代より稀有な存在と知られていた彼の知名度は一気に爆発する事となりました。


イッキー・サンプ




 耳に残る歌唱。

 ハードなギターサウンド。

 ファズと独特なフレーズやギターソロ。

 作り上げられたジャック・ホワイトというキャラクターは、多くの人々が忘れかけていたロックスターそのものと言える存在なのかもしれません。


 しかし、ガレージロックでアーティスティック、激しいギタープレイなどと聞くと技術はあまり・・・とお思いになる方もいらっしゃるかもしれません。

 ですが、彼は歌いながらも独特なフレーズを披露し、さらには挑戦的とも言えるギターソロもこなす素晴らしいギタリストであります。


 歌いながらギターを弾く難しさ。

 実際にやっている方には良くお分かり頂ける事だと思います。


 ギターとドラムという最小(以下)のメンバー構成でありながら、これだけの表現力を発揮するギタリストも珍しい存在なのではないかと思います。

 そういった意味でもまさに2000年代のギターヒーローと呼ぶに相応しい人物であると思います。


 残念ながら離婚という形でその活動を終えてしまった「ザ・ホワイト・ストライプス」でありますが、「ジャック・ホワイト」はソロ活動を含め現在も活躍中です。

 そのロックスターとしての輝きは今も衰える事無く健在であります。


Lazaretto




 | ホーム |  次のページ»»