fc2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
50代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

超小型オーディオインターフェイス 【RODE】

 オーストラリアのマイクロフォンメーカー、「RØDE Microphones」より、超小型サイズのオーディオインターフェイス製品が発売になりました。


RODE AI-Micro(国内正規品)




 40 x 11.1 x 38.2(W x L x H mm)という驚くべき小型サイズでデュアルチャンネル仕様。

 RØDE 「AI-Micro」です。


 最近は、特別なオーディオインターフェイスを必要としないインターフェイス機能搭載の各種機器も増えて参りましたが、それでも高性能/高機能を売りとした製品も多く発売され続けております。

 それらとは別に、モバイル機器と相性の良い小型オーディオインターフェイス製品も次々登場しておりますが、そうした小型インターフェイスの最新版と言えるのがこの「AI-Micro」です。


RODE/AI-Micro




 何より、モバイル機器の充電器かと思うほどの小型サイズに驚きを感じるところですが、出力にユニバーサルUSB出力を採用した汎用性の高さにも驚かされます。


 本体には、”USB-A”、”USB-C”、”Lightning”の各ケーブルが付属。

 モバイル機器との接続だけではなく、Mac/Windowsとの接続も可能。

 iOS、Android含め、各器機のプラグアンドプレイに対応しています。


 ポケットサイズで接続先を選ばない、手軽で自由なレコーディングを実現してくれます。


 2チャンネル仕様の入力部分は、ほぼすべての3.5mm出力(ミニプラグ)のマイクに対応。

 さらに入力は、”TRS”または”TRRS”マイクを自動で感知するオートセンシング入力を装備。

 難しい操作不要でハイレゾリューション(24-bit/48kHz)録音が可能です。


 加えて、ゼロレイテンシーのオーディオモニタリング/再生を可能にするヘッドフォン出力も備えています。




 今どきのポッドキャスティングやライブストリーミング向けとして開発された製品とは言え、このサイズと汎用性は楽器演奏のレコーディングツールとしても大変魅力的。

 USBバスパワー駆動で特別な電源不要というのもまさに現代的。

 今の時代を象徴するようなレコーディングツールだと思います。


RODE AI-Micro(国内正規品)






楽天市場
スポンサーサイト



スマホ/タブレット向けオーディオインターフェイス 【JOYO】

 中国ブランド「JOYO」が開発した、スマホ/タブレット向けオーディオインターフェイス製品「MOMIX」が日本でも登場。

 発売開始となりました。


JOYO MOMIX / ミキサー レコーディング スマホ タブレット 配信 ギター エフェクター




 レコーディングツールとしてだけではなく、ライブストリーミング配信にも対応したミキサー/オーディオインターフェイス製品。

 JOYO 「MOMIX」です。


 ポータブルデバイス向けに特化した製品という事で、出力はUSB。

 本体左上に”RECODRING”出力も用意されていますが、これは3.5mmミニジャック(4Pin)仕様となっております。


 入力は、ギター/ベースなどを接続する為の1/4モノラルジャックとキーボード等を接続する為のステレオジャック(1/4ジャックx2)、そして、ステレオ対応のLine Inジャックを装備。

 さらに、48Vファンタム電源対応のマイク入力が用意されています。


JOYO MOMIX / ミキサー レコーディング スマホ タブレット 配信 ギター エフェクター




 外部スピーカーやヘッドフォンなどを接続する為のモニター(ステレオジャック)も搭載されており、ドライ/ウェットの同時モニターやウェットシグナルのみのモニターも切り替え可能です。

 本体下部には、各入力チャンネル毎のインプットレベル調整が搭載されており、中央のノブでモニターボリュームを調整出来る仕組みとなっております。




 Line In入力には、外部音源を流しながら歌うと言った用途に使えるセンターキャンセル機能も搭載。

 ライブ演奏+ライブ配信だけでなく、外部音源+ライブ配信といった用途にも活用出来る機器となっております。


 尚、駆動電源はUSBをスマートフォンやPCに接続することによりそちらから給電する方式。(5V,50mA)

 乾電池駆動には対応していない製品です。


JOYO MOMIX / ミキサー レコーディング スマホ タブレット 配信 ギター エフェクター






楽天市場

進化した”GO:MIXER PRO” 【Roland】

 今の時代を象徴する様なモバイルデバイス向けのポータブルミキサー製品、Roland 「GO:MIXER PRO」の新型が発売になります。





Roland ローランド / GO:MIXER PRO-X モバイル・デバイス専用ポータブル・ミキサー《初回予約満了/納期未定》


 7月31日発売予定。

 Roland 「GO:MIXER PRO-X」です。


 多種の音源ソースを高音質でスマートフォン等へデジタル出力可能な小型ミキサー製品。

 Web配信やミュージックビデオ制作など、幅広い用途に使われている人気の製品であります。


 既に各楽器店で初回生産分の予約が締め切られるなどしており、その人気の程を裏付ける形となっております。





Roland ローランド / GO:MIXER PRO-X モバイル・デバイス専用ポータブル・ミキサー《初回予約満了/納期未定》


 気になる前型との差ですが、まず単純にオーディオチャンネル数が増強されております。

 前型では、(入力/出力)”9/2チャンネル”だったものが、新型では”11/3”チャンネルに。


 しかもこのチャンネル数増加は、単純にインストゥロメンタルチャンネルが増えたということではなく、新たに”ヘッドセットマイク/マイク付きイヤホン”や“4極TRRSでの接続”に対応した結果のチャンネル数増加になっております。





Roland ローランド / GO:MIXER PRO-X モバイル・デバイス専用ポータブル・ミキサー《初回予約満了/納期未定》


 前型で”MONITOR OUT”が搭載されていた部分に”HEADPHONE/HEADSET”端子が装備されました。

 この部分が4極プラグ対応。(+本体右側面のSMART PHONE端子も4極対応)

 ヘッドフォンで音を聞くと同時にこちらからマイク音声を送れる仕組みとなりました。


 尚、前型に搭載されていました、センターキャンセル機能は廃止され、代わりに”PADスイッチ(※)”が搭載されました。


 ※ アクティブピックアップ搭載ギターの様な入力レベルの大きい信号を一定量下げるスイッチ。





Roland ローランド / GO:MIXER PRO-X モバイル・デバイス専用ポータブル・ミキサー《初回予約満了/納期未定》


 もちろん、マイクは48Vファンタム電源対応。

 前型同様、USB電源供給の他、単3アルカリ乾電池4本による駆動も可能です。


 尚、メーカーの動作保証対象外とはなりますが、CubaseなどのPC用DAW環境でもしっかり認識するそうです。

 モバイル向けだけには留まらない、コンパクトで多用途なミキサー/オーディオインターフェイス製品と言えそうです。





Roland ローランド / GO:MIXER PRO-X モバイル・デバイス専用ポータブル・ミキサー《初回予約満了/納期未定》




業界No.1のインターネット楽器販売専門サイト石橋楽器店!

 | ホーム |  次のページ»»