FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
68位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

非推奨メンテナンス2

 コンパウンドを使ったメッキ面の研磨というお話には続きがあります。

他にも磨けるメッキ面があるんです。

 エレキギターと付き合っていれば誰しもが遭遇するであろう不具合。



アウトプットジャックの接触不良です。



 数年使いこんだであろうアウトプットジャックのパーツ画像です。

CIMG3002.jpg


 何度となくシールドケーブルを抜き差しした結果、接点部分のメッキははがれてしまっています。
更にここに錆が発生したりすることにより、接点部分はデコボコ状態になり、最終的には接触不良をおこしてしまう状態になります。

 シールドケーブルの接触不良は、練習していても面倒ですしストレス要因ですよね。

実はこれも、コンパウンドで接点部分を研磨してやることによってある程度解消することが可能です。

 単純に接点部分を重点的にコンパウンドで研磨してやるだけです。

 前回の記事に書きましたように、当然非推奨メンテナンスです。

 ジャックポットのガタつきや、錆等によって接触不良を起こしているのならば、ジャックポット交換がもっとも効果的なメンテナンス方法なのですが、そこまで頻繁に出来ないよ!と言う方には効果的な解消法だと思います。

 シールドケーブルを繋ぐ先は他にもありますよね?
コンパクトエフェクターのインプットジャックであったり、アンプのインプットジャックであったり…古いシールドケーブルのインプット端子自体が問題な場合もありますよね?
古いシールドケーブルの端子も磨いてみると、接点不良を解消できる場合もあります。

 CIMG2982.jpg

 写真のシールドケーブルは日常で使っているものですが、買ったのは10年以上前になると思います。
はじめこのジャック部分は金色のメッキが施されていました。
経年劣化により錆でメッキが浮いてきて表面がざらざらになり、接触不良が酷くなってきたらコンパウンドで少し磨いてやることを繰り返した結果、今こんな状態。
 接触不良も無くまだまだ使えます。

 音質という問題ですが、んー私にはそこまでの繊細な変化は分かりません。
新品と比べてみれば変化があるのかもしれませんが、日々使うには十分です。
何よりがさがさノイズが出たり、音が途切れて接続しなおしたりしなくて済むほうが快適です。


 「修理に出さなければどうしようもない。修理に出すのもな・・・」

 長くギターやエフェクターを使っているとそんな場面に出くわすこともしばしば。
押入れの奥にしまいこむ前に、もういいかと捨ててしまう前に、ほんの少し手をかけてみませんか?
あきらめていた機材がもう少しだけ活躍出来るかもしれませんよ?


 前回の記事同様、高級ギターをこんな急場しのぎの方法で痛めつけるような真似はしないで下さいね!
高級ギターは、プロのリペアマンの方にしっかりメンテナンスしていただく事をお勧め致します。


ソフト99(SOFT99)99工房 コンパウンドトライアルセット192


関連記事
スポンサーサイト



非推奨メンテナンス

 前回の有ると便利なアイテムで触れた、コンパウンドの使い方について。

しつこいようですが、以下にご説明させて頂きます使用法は、ギターのパーツを痛める使用法です。

したがって、非推奨メンテナンスであるとご理解の上お読みください。



  さてこのコンパウンド、塗装面の研磨以外にどう使えるか。



 実はメッキパーツ全般のくすみ取り、延いては錆取りに使えたりします。



 ギターパーツ。特に手の触れる部分は、どうしても手汗によるくすみや錆が出てしまうのが常ですよね。
これらをクリーンアップするのにコンパウンドによる研磨が手っ取り早かったりします。

 コンパウンドは研磨剤なわけですから、これを用いて磨いてやるとメッキ面を薄く削っていく事になるわけです。

 くすみ程度なら細めのコンパウンドで少し磨いてやればすぐピカピカに。
メッキ面が錆でかなり傷んだ状態のパーツでも、中目以上のコンパウンドでみがいてやれば、パーツ本来の地金の色にはなりますが綺麗な状態にもっていけます。

下手な錆落としを使うよりも、手間も労力も少なく簡単に綺麗な状態に持って行けます!

 但し!注意!


 コンパウンドは研磨剤です。メッキ部に使用すれば、メッキ部分を削っていくことになりますし、
錆で痛んだメッキパーツを磨いてしまえば、メッキ部分はほぼはがれてしまい”錆に非常に弱い”状態になってしまいます。
そのままギターを使おうものなら、ほんの数日で錆が発生し、黒ずんだ汚い状態になってしまうでしょう。

 なので、コンパウンドで磨いた後、何らかのオイルで磨いた部分を油分で保護するか、手間を惜しまないならば軽くクリア塗装(普通の缶スプレーでOK)を施してやる事が必要でしょう。

 しかし、こまめにオイルを添付したとしても限界はありますし、クリア塗装したとしても手の触れる部分であれば、塗装は自然と削れて落ちていってしまいます。

 したがって、新品状態のメッキパーツよりも耐久性は相当落ちてしまうと言えます。

このへんが非推奨メンテナンスとする理由ですね。

 しかし、くすんだパーツや錆たパーツをすぐに新品に交換すると言うのも大変な話です。
汚れて錆びてしまったパーツも、コンパウンドで磨いてやることによって少しだけ寿命を延ばせると考えれば、やる価値はあるのではないかとも思います。

 汚れてくすんだパーツにも味が有るものですが、磨いて手をかけてやることによって、より愛着がわいたりすることも?


 とはいえ、ビンテージギターや高級ギターにはこんな真似はしないで下さいね。



ソフト99(SOFT99)99工房 コンパウンドトライアルセット192


関連記事

 | ホーム |