FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
50代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
67位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

ギターとパソコン

 近年、パソコン性能の進化はめざましく、DTMで可能な事も格段に広がりました。

ギターとパソコン、それに双方を繋ぐインターフェイスさえあれば、簡単なレコーディングが出来てしまいます。

LINE6 POD STUDIO GX




 往年の有名メーカーのアンプ。名機と呼ばれたエフェクター。
今ではソフトウェア上でシュミュレートされ、実機なんて無くても事が足りてしまいます。

 私の若い頃は、宅録の限界なんて、それはそれは低いもので、4トラックマルチレコーダーにギターを録音するのがやっとの世界。録音メディアは、もちろんカセットテープ。忍耐と妥協がつきものでした。


DAW01.jpg

 今やDAWソフトの進化もめざましく、外部MIDI音源が無くても立派に聞き応えのある音が発音できたり、VSTプラグインと呼ばれる拡張ファイル(パッケージソフトや無償など様々)で、エフェクターを追加したり、新たな音源を追加したり、足りない機能を拡張したりとなんでもござれ。

 ひとたびギターを録音すれば、WAVEファイルを編集することで、ミスをごまかしたり、途切れた音を連結させたり、イコライジングでもピッチ補正でも楽々加工出来てしまいます。

 MIDI音源では再現の難しかったディストーションギターの音ですら、CPUのパワーアップとサンプリング→再生技術の進歩で、人間が弾いたかのような音の出せるVSTソフトウェアまで出てきてしまいました。


 私の様にコツコツギター練習をしている人間を、滑稽だと感じる人が出てきてもおかしくない世の中ですね。



 「DTM始めてみたいけど敷居が高いな」

 なんて方にお勧めなのが、「Studio One Free」と言うDAWソフトウェア。
DAWソフトウェアとして有名な「Cubase」。その開発にも携わったエンジニアの作ったソフトウェアです。

 このStudio One。製品版は30日間無料なのですが、Studio One Freeは使用期限無しの完全無料版です。

 Studio One 公式サイトに飛びます→ MI7 Japan

 公式ホームページ、上のタブからSTUDIO ONE→製品ラインナップ→Studio One Free


 機能削減版とはいえ、DAWソフトウェアとして十分な機能を備えています。無料とは思えない程です。
まず驚きなのが動作の軽さ。Cubaseと比べてStudio One Freeの方が断然サクサク動きます。
Cubaseには無い便利な機能が色々付いているのも魅力。

 残念な点としては、無償版はVSTプラグインを追加できない事(もちろん製品版は対応してます)。
初めから付属しているドラム音源がややチープな事。
スコアエディタ(譜面入出力)とリストエディタ(数値入力)が無い。ピアノロール編集のみ。
と言ったところでしょうか。


 後はギターとパソコンを繋ぐインターフェイスさえ用意できれば、パソコンのハードディスクを録音メディアとして、自分の演奏をパソコンに保存する事が出来ます。

 USBギターインターフェイスは、安いものであれば3000円程度から買う事ができます。
最近のギター用マルチエフェクターにはUSB端子搭載の機器もありますので、それを利用すると言う方法もあります。

 「パソコンのインプット端子じゃだめなの?」と思われるかもしれませんが、パソコンのサウンドボードを利用してしまうと、どうしてもレイテンシー(音のズレ)が生じてしまいます。それを回避する為にUSBギターインターフェイスを使う訳です。

 録音した自分の演奏を客観的に聞きなおしてみると、練習すべき新たな点が見えてくるかもしれません。
 


 おまけ。



 パソコン一台で色々出来る様になったのですから、そりゃ人間さえ要らなくなっても何の不思議もないですね。

◆YAMAHA STEINBERG Cubase Artist 7 通常版◆日本語対応◆並行輸入品◆ヤマハ◆


関連記事
スポンサーサイト




 | ホーム |