FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
50代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
3位
アクセスランキングを見る>>

セットネック

 エレキギターのネックとボディを接続する方法として、ボルトで固定した取り外しの利く「デタッチャブルタイプ」と予めボディとネックを接着接合した取り外しの利かない「セットネック方式」があります。


 エレキギター二大メーカーの一つ、フェンダー社が生産効率を上げる為にデタッチャブルタイプを積極採用したのに対し、もう一方のギブソン社は頑なにセットネック方式に拘りました。


 両者の開発理念の違い。加工難度の効率とそこから産まれる価格設定の差。

結果、デタッチャブルタイプ=リーズナブル。セットネック=高級。

私の様な古い人間は、そんな概念を自然と植えつけられてしまった訳です。


 音響的に優秀とされているセットネック方式にも弱点はあります。

ギブソン社のギターは、基本的にヘッドアングルの付けられた設計のせいもあり、転倒事故でのネック破損が起き易い構造。
ひとたび、ネックが折れてしまえばリペアは容易ではなく、素人が簡単に手を出せるものでもありません。

 その点、デタッチャブルタイプであれば、弦長が同じでネックポケットが合う同等のネックに交換するだけで、リペア可能と言う手軽さです。これなら素人にも何とかなる範囲のトラブルと言えます。


 しかし、高級・音響的に良いとされているセットネックの利点を植えつけられて来た私は、セットネックと聞くだけで誘惑に駆られてしまいます。

 正直な話、過去から現在に至るまで、所持していたギター全てがデタッチャブルタイプであり、そんな経緯もあってか私の中でセットネックのギターは、神話化している感もあるくらいです。


 所持しているデタッチャブルタイプのギターの中でも、響きが良いと感じるギターもあれば、少し劣ると感じるギターもあるわけです。

 そこにセットネック構造という神話が出てくれば、一体どんな響きをするのかと興味をそそられるのは当然でしょう。
デタッチャブルタイプもセットネックに負けじと、ヒールレス加工を施したりしてはいますが、セットネック構造のハイフレットの弾きやすさは如何な物かと興味は尽きません。


 安ギターの部類のレスポールモデル。
デタッチャブルタイプが多かった物が、競争の激化からセットネックの製品も出回るようになり、遂にここまで来たかなんて変に関心をしていたりします。


 しかし、デタッチャブルタイプのメンテナンスのし易さ。問題があればネックを交換すれば良いという手軽さは捨てきれない魅力であり、安ギターとは言えども、デタッチャブルタイプに比べ加工難度の高いセットネックは高価、という図式に変化は無いわけでなかなか手は出せずに居ます。


 ところが、密かな楽しみであるネットウィンドーショッピングをしていると、なかなかとんでもない商品も見つかるものです。



Washburn / XMDLX2F TSB


 ワッシュバーンの入門モデル。弦裏通しとはまた、面倒くさがりやな私の特性をダイレクトに突いて来るような仕様のギターです。




Washburn / XMDLX2F TSB


 セットネックですよ。12800円だそうです。もう私の「セットネック=高価」というセットネック神話って何だったんでしょうかと思ってしまいます。

 素材さえしっかりしているのならば、伝送系を交換してやって、それなりのピックアップを載せてやれば、相当な代物になるのではないかなんて考えました。


 更にこんな物も発見してしまいました。

新品@ギターパーツ ネックプレート FREEDOM Tone Shift Plate 3mm ブラス ニッケル サスティーンの向上に




 デタッチャブルタイプに良く使われている、ベースプレートを厚いものに変え、剛性を上げる事によって音響効果を高めようというリプレイスメントパーツです。


 セットネック神話にやられそうになると、今度はこういったリプレイスメントパーツに興味をそそられてしまうんですよね。


 デタッチャブルタイプの利点は、手軽に自分で色々と手を加えられる点にもあると思うんです。

 こんな事を言っているから、いつまで経ってもセットネックのギターに手を出せず、セットネック神話が消せないのかもしれませんね・・・。




大都市圏に15店舗を運営!楽器の事ならアフターも安心の石橋楽器店!

関連記事
スポンサーサイト




 | ホーム |