FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
50代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
3位
アクセスランキングを見る>>

ブラックパーツ

 エレキギターに搭載されているパーツとして、標準的なものがクロームメッキの製品です。

よく見かける、銀色に輝く表面処理をされたパーツです。

 高級感を出す為に、ゴールドメッキパーツで統一したギターなども在りますね。

 同様に「精悍なルックス」「引き締まった印象」なんて言葉を売り文句に、ブラックメッキパーツで統一されたギターもあります。


 ところがこのブラックメッキパーツ。一時期、市場から姿を消していました。

?ブラックメッキパーツのギターなんてずっと在ったでしょ?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実は似て異なるブラックメッキパーツが使われていたんです。




GOTOH / SG503 CK 07 6L


 こちらが有名パーツメーカー、後藤ガット社製の「コスモブラック」として売り出されている製品。

ブラックメッキには違いありませんが、何処か地金の銀色が透けている様な、黒銀とも呼べる光沢のある表面処理が施されています。





GOTOH / SG503 B 07 L6


 一方、2012年頃に生産再開された「ブラックメッキ」の同社製品。光沢はありますが、コスモブラックに比べてマットな印象の表面処理がなされています。


 私の様な古い人間は、ブラックパーツと言えば、後者のイメージが強いんです。

昔は、コスモブラックなんておしゃれなメッキパーツは、殆ど見かけませんでしたから。


 ところがこのブラックパーツ。表面処理に6価クロムという物質が使われていて、これが世界的に悪名高い有害物質なんだそうです。

 環境汚染物質と知られる6価クロム。発がん性もあるとの研究から、ヨーロッパでRoHS(特定有害物質の使用制限)に指定されてしまいました。2006年7月の事です。

 困ったのは、パーツメーカー各社。ブラッククロームメッキ製品がRoHS規定値基準をクリアできない恐れがあったからです。

 こうして、ブラックメッキパーツは市場から姿を消し、代替物質を使って表面処理を施した「コスモブラック」等のギターパーツの生産へとシフトして行くことになりました。


 2012年頃、ブラックメッキパーツが復活したのは、前述RoHSの規定値基準をクリア出来たからなわけですが、都合、5年間の間に生産されたギターには、ブラックメッキパーツの搭載された物は無かったと思われます。

 このギター古そうだけど、何時頃のものなのか良く分からないといった場合、ブラックメッキパーツがある程度の生産時期の目安になる場合もあると思います。

 ブラックメッキパーツのギターならば、少なくとも2006年以前の製品である可能性が高いと言う事です。

 CIMG3138.jpg

 以前、ご紹介したVesterの合板ギターですが、20年程前の製品ですので、当然のようにオールブラックメッキパーツです。

 ブラックメッキパーツ、発がん性物質なんて恐ろしい、なんて思われるかもしれませんが、ブラックメッキを処理をされギターパーツに加工された状態では、発がん性等の危険性は無いそうです。





VOX / StompLab 2G




楽器の事ならアフターも安心の石橋楽器店!
関連記事
スポンサーサイト




 | ホーム |