FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
50代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
80位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
4位
アクセスランキングを見る>>

気になるギタリスト14

 気になるギタリスト14回目は、グラムロックバンド「すかんち」のボーカル&ギターとしてデビューした、ROLLYさんです。

ROLLY式ギターライブパフォーマンス! ~観客を魅了できるギタリストの作り方~ [DVD]




 すかんち時代は、本名の寺西から取って「ローリー寺西」と名乗っていた彼。

当時から、往年のグラムロックやハードロックに造詣の深いギタープレイで人気を博しました。

 歌を歌いながらギターを弾くというのは実際なかなか難しいもので、多くの場合、ギター演奏は単調なものになりがちなのですが、ROLLY氏は歌いながらも曲中に多彩なフレーズを織り交ぜるスタイルで、ギタリストとしての表現力も一級品であることを証明しています。


 デビューから一環して、聞く者をニヤリとさせるエスプリのきいたギタープレイと、彼独特の歌詞によって作り出される世界感。

 有りそうでなかったロックのスタイルを作り上げた功績は、大変大きいものだと言えるでしょう。


 すかんち解散から再結成を経て、2008年には元マルコシアスバンプの佐藤研二氏、元X-RAYの高橋和久氏と共にスリーピースロックバンド「THE 卍」を結成。

 このバンドでもまた、ROLLY氏独特な詩の世界感が発揮されています。


 奇妙な隣人という曲では、「隣の家族の様子が変だ。障子の穴からこちらを見てる」と歌うROLLY氏。

 よくよく考えてみると、実際奇妙なのは「見ている方」なのか、はたまた「見られて居る方」なのか。

 何気ない歌詞の中に、奥が深い何かを感じさせるのもROLLY氏の類稀な歌詞センスの表れだと思います。


 しかもこの奇妙な隣人と言う曲。完全に往年のハードロックバンド、ブラックサバスへのオマージュですね。

 ブラックサバスがお好きな方ならば、思わず笑ってしまわれると思います。

 有名になった今でも、堂々と好きな事を好きなようにやるスタイルというのも、ROLLY氏らしいと言えるのではないでしょうか。


 最近、テレビの企画でROLLY氏に「化粧を落とした姿を見せられるか否か」というお題が出された事があります。

 結果NGだったのですが、所属事務所の回答として出された理由は、「ROLLYは化粧あってのROLLYなので今後とも化粧を落とすことは無い」との趣旨でした。

 しかしながら、過去にROLLY氏の本名「寺西一雄」名義で発表された楽曲のPVでは、素顔のまま出演している事を考えると、寺西一雄氏とROLLYは別人であり、寺西一雄氏の作り上げたロックスターの姿がROLLYと言う彼の哲学が窺えます。


 数々のロックスターに憧れ、ロックスターはどう有るべきかを常に追及し続け、今や一流のロックスターになったROLLY氏。

 今後もロックスターROLLYの活躍から目が離せません。


CD&DVD THE BEST SCANCH 軌跡の詩(DVD付)




関連記事
スポンサーサイト




 | ホーム |