FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
55位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

ギターと木材

 以前の記事でギターの重量について少し書きましたが、今回はギターの重量その大部分を占める木材についてです。

 エレキギターのボディやネックには、世界中の様々な種類の木材が使われています。

その種類によって、ギターの鳴りや音質に影響を与えるとされています。


 何故、音の変化が生まれるかを考えてみると、音波は硬い物質を伝う方が速く伝わる特性があります。

音が伝わる物質が硬ければ、空気中を伝うよりも音は速く伝わり大きな響きとなります。

 こうして考えると、硬い木材は音の伝達が速く、大きな音になると言う事が言えます。


 硬い木材は密度の高い木材と考える事も出来、密度が高い木材は加工し難く、重くなっていきます。


 木材の密度や重さを量る基準に「気乾比重」と言う値があります。

 これは、乾燥させた木材と同じ体積の水とを比較した数値です。

 数値が1に近づく程、密度が高く硬い木材と言え、高密度な木材は水に沈むようになります。
 
 ギターのネックに良く使われるメープルですと、気乾比重は0.7程度。

 極端な比較対照を出すと、工作などで使われるバルサ材の気乾比重は、0.15~0.2。

 双方の数値を比べてみると、メープルはより硬く重い木材である事が分かります。


 他にもギター材として有名な木材の気乾比重を例に出してみると、ローズウッド0.75~0.85、マホガニー0.65、ホワイトアッシュ0.6、アルダー0.4~0.5、バスウッド0.4などなど。


 アルダーと音色傾向が似ていると言われるバスウッド。

 双方の気乾比重が近いことを見れば、気乾比重(又は単純にギターの重さ)の違いに着目すれば、ある程度の音色傾向の目安を掴めると言う事かもしれません。


 しかし、木材は自然物であり、生育環境や其の他色々な要因で個体差が生まれると考えられます。

 たとえ同種の木材同士でも、個体差や木材加工過程の違い、そして、最終的にはギターに加工される時点での構造や加工、ボディの厚みや大きさの違いで、それぞれが全く同じ音になる事はまず無いと思われます。

 こうした事から考えても、有名な木材を使っているから良い音がするとは限らないと言う、ギターの難しさにもつながって来るのだと思います。


 特にエレクトリックギターは、ピックアップによって弦振動を検出しそれを増幅して鳴らす構造なので、ギター本体の鳴りの良さや違いが、何処まで良い音色に繋がるか判断し難い点も問題です。

 ○○種の木材を使っているから安心できると言うわけではないのです。

 もちろん良い音と言っても、弾く人間の趣味趣向が関係してくる事もあり、良い音のギターの判別をより難しくする事になります。


 結局、様々な要因を含んだトータルで考えて、良い音がするギターなのかそうでないかを判断するしかないのです。


 もう一歩何か足りないギターをどうにかしたいという場合、木材の特性や気乾比重を考えに入れれば、ギター本体の鳴りの傾向を大まかに掴む事も出来、交換パーツの選定や求めるべき音色へ近づくためのモデファイの方向性が見えてくるかもしれません。




VOX / ToneLab ST モデリング マルチエフェクター




石橋楽器店




関連記事
スポンサーサイト




 | ホーム |