FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
70位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

定番フレーズ20

 ギター練習に役立つのではないか?という定番フレーズ20回目。

 以前、何回か取りあげたCメジャースケールポジションまとめ)。

 記事内で苦手な運指パターンを抜き出して~などと書きましたが、今回はCメジャースケールの中から比較的難易度の高い部分を具体的に抜き出して練習フレーズとしてみました。

ポジション10

 ポジションは2フレットからのポジションを利用します。

 ハイフレットに比べ指は開き気味の運指になりますので、これだけで少々弾き辛いものなのですが、更にフレット移動が入る部分が大変です。

 フレット移動が入る部分を利用し、三弦にスケール上の音をもう一音足したのが次の図です。

TAB51.jpg

 先ずは、三弦2フレットからスタート。4フレットを薬指、5フレットを小指と進み、フレット一つ移動しながら、二弦3フレットを人指し指~といった感じです。

 一弦7フレットまで行ったら、今度は下降。

TAB52.jpg

 ここでまた難しいのが、二弦から三弦へのフレット移動を挟んだ運指だと思います。

 フレットを一つずらしながら、今度は小指で三弦5フレットを押さえなければなりません。


 ギターと言う楽器は、弾き難い部分をポジションを変えたり、弾く弦を変えたりすることによって同じ音程を別の運指で弾けるという利点もあります。

 わざわざ弾き難い運指を練習しなくとも・・・なんて考えてしまいがちですが、これにチャレンジするのがスケール練習の意義であり、運指総合力を上げる事に繋がっていきます。

 初心の内はなかなか上手く行かない場合も多く、投げ出してしまいたくもなりますが、諦めずに反復練習すれば必ず克服出来るはずです。


 こうしたスケール練習や基礎練習というものは、上達が実感し難いと言う面もあります。

 しかし、地道に取り組む事で必ず効果の出る練習であるとも言えます。


 なんとなく上記フレーズは弾けると言う状態ならば、左手の運指は大体こんな感じ、大体この辺?といった「フワフワした感じの運指」と表現出来るかもしれません。

 それが、基礎練習を積み重ねて行くと確実な運指、迷いのないカチッとした運指に変化していくものです。


 基礎練習の反復は、そういった確実な運指感覚を上達の指針として取り組むと良いと思います。




Electro-Harmonix / CRYING TONE




石橋楽器店

関連記事
スポンサーサイト




 | ホーム |