FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
70位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

Bill Laurenceテレキャスター再生計画その3

 しっかりと鳴る事を目標に前回ナット交換を済ませたBill Laurenceテレキャスター

CIMG3213.jpg

 今回は、接触不良を起こしている3WAYスイッチの交換をしてみました。

 用意した3WAYスイッチは、SCUD製のYM-30。

CIMG3220.jpg

 一般的なボックスタイプの3WAYスイッチです。

 私は、演奏中にササっと瞬時にピックアップセレクターを変えるなんて言う使い方はしませんし、出来ませんので、特に3WAYスイッチの動作フィーリングやタッチみたいな物には拘りません。

 丈夫である事が何よりと思い、このボックスタイプを選択しました。


 先ずは、現在組み込まれている3WAYスイッチの取り外しから。

CIMG3228.jpg

 オリジナルの状態で取り付けられていたのは、オープンタイプのDM-30と言う3WAYスイッチ。

 長年ガチャガチャ操作した為か、接点部分のガタツキが大きくなってしまっていました。

 これが接触不良の原因ですね。

 接点を磨いたり、接点部分の当たりを調性したりしてきましたが、所詮付け焼刃。

 結局、しばらくすれば調子が悪くなってしまうので、今回の交換に至りました。

 

 次に、新しい3WAYスイッチを金属のコントロールパネルに装着。

 フロントとリアのホットを3WAYスイッチにはんだ付け、ボリュームポッドへと伸びる配線をはんだ付け。

 3WAYスイッチ自体へのアースは、コントロールパネルを通して通電すると思われるので特にしませんでした。

CIMG3223.jpg

 計3本のはんだ付けだけですので直ぐに配線完了。

 しっかりとはんだ付け出来ているか確認した上でパネルを元に戻し、試奏。

 問題なく鳴りました。


CIMG3227.jpg

 フロントピックアップに切り替えても殆ど音が出ない状態から、スムースにピックアップセレクト出来る状態になりました。

 不具合がなくなるだけで、弾いていて気持ちの良い楽器だと感じるものです。

 古い楽器と言えども、コンディションを整えてやれば全然別物になりますね。

 Bill Laurenceテレキャスター再生計画、とりあえずの完結です。


 また何か手を入れたい部分が見つかったら、突然再開するかもしれません。




Squier / Affinity Telecaster




Gibson、Fender、Martinなら充実の品揃えの石橋楽器店!
関連記事
スポンサーサイト




 | ホーム |