FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
73位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

リイシュー続々

 ここの所、50th Anniversaryとして、往年の名機の1Watt Seriesを次々と発表し、元気な勢いをみせる有名アンプメーカーMarshall。




Marshall / 50th Anniversary JVM-1H Head 1Watt Series


 1Watt Seriesは、1960年代から2000年代までの名アンプモデルの数々を、1w出力の小型筐体に再現した、Marshall、その歴史の重みを感じさせてくれるユニークなシリーズです。

 各年代とそれに対応するモデル名は、1960年代モデル JTM-1。1970年代モデル JMP-1。1980年代モデル JCM-1。1990年代モデル DSL-1。2000年代モデル JMV-1となっています。

 当時のモデルを再現したコントロールや、真空管の選択など、時代に合わせたMarshallの作りこみが感じられる大変面白いシリーズです。

 0.1w出力のパワーアッテネート機能も付いていますので、自宅での使用やダイレクトレコーディングにも力を発揮すると思います。

 こちらの1Watt Series。アンプヘッドタイプ・コンボタイプ共に限定生産で、既に完売と言うモデルも多くなっているようです。

 相変わらずのMarshall人気を感じさせてくれます。


 そんな、50th Anniversary 1Watt Seriesが好調の最中、本命の製品とも言えるリイシューアンプが次々と発表されています。



Marsahll / 2245THW


 其の中の一つ、ハンドワイヤードシリーズとして復活を遂げる2245THW。

 1962年、ジム・マーシャルが作り出した伝説のアンプJTM45。そのリイシュー版である2245もまた、伝説の名機として語り継がれています。

 過去、何度も復刻されてきた名機2245ですが、今回トレモロ付きバージョンが復刻される事となりました。

 プリ管はECC83×3。パワー管にECC83とKT66×2という仕様。

 出力30Wの2チャンネル構成のアンプヘッドです。 


 この2245、2チャンネル構成と言っても、最近のアンプの様にチャンネル切り替えスイッチが付いている訳ではありません。




Marsahll / 2245THW


 2245に設けられた、4つのインプットジャック。

 どちらに接続するかによってチャンネルの使い分けをするのですが、ⅠとⅡを対角にケーブルで繋ぎ、其の上でギターをⅠやⅡに接続する”リンク接続”という方法が有名なアンプでもあります。

 こうすることで、各チャンネルがミックスされた音色を得る事が出来、其の上でギターを繋ぐジャックが変わればまた音色が変わるという、見た目以上に表現力のあるアンプヘッドです。

 こんな所にもMarshallアンプの創意工夫の歴史を見ることが出来ますね。


 他にもハンドワイヤードシリーズとして、1958Xや1972Xなどの製品が発売を控えて居るようです。

 それぞれ、2月下旬頃発売になるそうなので、Marshallファンの方は要チェックであると思います。





Marshall / 1973X




楽器の事ならアフターも安心の石橋楽器店!

関連記事
スポンサーサイト




 | ホーム |