FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
55位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

気になるギタリスト39

 気になるギタリスト39回目は、デビューアルバムでいきなりのビルボード1位を獲得という偉業を成し遂げたバンド。

 そのバンドのギタリストとして、ロックの歴史に残るの有名極まりないギターリフを創作したギタリスト、バートン・アヴェールです。


 ・・・バートン・アヴェールと聞いて、どれだけの方が「おお!」となるでしょうか?


 恐らく殆どの方が、誰それ?という具合だと思います。

 しかし、彼の創り出したギターリフを聞けば、又は音源を聞けば、多くの方がその偉大さを認めるであろうギタリストだと思います。


 バートン・アヴェール。彼の在籍するバンドの名は「The Knack」。

 そう、彼の有名な「My Sharona」のギターリフを編み出した人こそ、The Knackのギタリスト、バートン・アヴェールであります。

ゲット・ザ・ナック




 1979年に発表されたアルバム「Get the Knack」で、いきなりのビルボード1位を獲得したThe Knackですが、その大きな要因ともなったのが、後にシングルカットされる事にもなった「My Sharona」の大ヒットです。


 シンプルなビート・リズム。バートン・アヴェールによって作られたMy Sharonaのフレーズは、世界中の人々を虜にするほどの魔法のフレーズでした。

 G音をオクターブ間で行き来し、そこから続くパワーコードによるブリッジフレーズ。

 My Sharona全編に亘りこのギターリフが繰り返されます。

 このシンプルなリズム遊びとも言えるギターリフは、一度聞いただけで、人の脳裏に焼きついてしまう程のパワーを秘めていました。

 
 バートン・アヴェールの名は知らなくとも、The Knackというバンド名すら知らなくとも、このリフ・フレーズだけは知っているという方は世界中に存在する事でしょう。


 わが国においても、TVCMや番組BGMとして多く使われていた事もあり、若い方々でも何故か知っている魔法のフレーズであると思います。


 このシンプルなリズムパターンのリフ一つで、世界を制してしまったと言えるバートン・アヴェール。

 17歳の少女シャローナに一目惚れし思いついたのが、My Sharonaの有名なフレーズだと言われています。

 そう考えながらMy Sharonaを聞いてみると、美しい少女に心奪われたバートン・アヴェールの心臓の鼓動や躍動する心情が、このギターリフに表現されているように聞こえてきます。


 ちなみに、グランジムーブメントの立役者、Nirvanaがライブでこの曲をカバーしていたのも有名です。

 My Sharonaも彼らの手にかかると、ルーズで荒々しい、また別の魅力を持った曲に聞こえてくるから面白いものです。
 

 My Sharona一曲で(たった一つのリフで?)大人気となったThe Knack。

 他の曲がヒットしなかった訳では無いにも関わらず、あまりにMy Sharonaのインパクトが強すぎて、稀代の一発屋として認識されてしまったと言うのも実に皮肉な話です。

 The Knackは、1982年に一度解散し、その後再始動。

 1998年には、ドラム界の大物、タムに埋もれる巨人、テリー・ボジオを迎え精力的な活動をみせますが、2010年にボーカル・ギターであるダグ・ファイガー死去により、バンド活動は停止してしまいました。


 ギターリフ一つで世界を変えたバートン・アヴェール。

 ロック史に残る、名ギタリストの一人であると思います。




Fender Japan / ST72 3TS Maple




業界No.1のインターネット楽器販売専門サイト石橋楽器店!
関連記事
スポンサーサイト




 | ホーム |