FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
50代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

小型モデリングアンプ比較

 最近、特に進化の著しいモデリングアンプ。

 一台で様々なキャラクターの歪みを再現出来、更にはエフェクト類まで内蔵していると言う、ギターアンプとマルチエフェクターを合体させたような高機能アンプの事です。

 スタジオ練習の為など、頻繁に機材を移動する必要がある場合には、やはりコンパクトマルチエフェクターの方が便利と言えますが、ちょっと自宅で練習する程度ならば、モデリングアンプ一台で用が済んでしまいますから、セッティングも容易ですしこれ程便利なアイテムは無いと言っても良いくらいだと思います。

 私も、自宅練習用に一台欲しいなと思っている訳ですが、いざ探してみると、各社特徴のあるモデリングアンプが数多く発売されていて、一体どれにしようかと迷ってしまいます。

 そこで、各社から発売されている小型多機能モデリングアンプをざっと比較してみようと考えました。

 今回は、手軽な物をと言う事で、実売価格が1万円を切るものから、1万円を少し超える価格帯に的を絞ってみました。




VOX / MINI3 G2 BLACK


 まずは、エレキギターから様々な形態のアンプ、マルチエフェクターでも有名なVOX。

 VOX MINI3 G2から。

 262x223x174(mm)という小さなサイズで出力は3W。

 単三電池六本による、電池駆動にも対応しております。

 本体には、三種のカラーバリエーションもあり、好みの見た目を選べるのも良いですね。



VOX / MINI3 G2 BLACK
 

 この小さなボディに内蔵されたアンプモデリングは、11種類。

 ブリティッシュアンプサウンドから、ハイゲインメタルサウンドまで多彩です。

 8種類のエフェクトを内蔵していますので、多彩な音作りに対応していると言えます。

 チューナーはE音専用を内蔵。

 基準音があれば調律出来るという方ならば、チューナーも不要です。

 AUX入力だけでなく、マイク端子も装備されていますので、エレキギター以外にも使える優れものです。


 MINI3 G2の上位機種にあたるのが、VOX MINI5 Rhythm。




VOX / MINI5 Rhythm


 ややサイズアップしたこちらは、出力5W。

 0.1w/1.5w/5wと三段階の出力切り替え機能も付いています。

 アンプモデル11種・エフェクト8種はMINI3 G2同様ですが、最大の売りは、99種類に及ぶリズムボックス機能です。

 リズムキープトレーニングにも役立つこの機能は、本体だけでメトロノーム要らずといった感じです。

 こちらも、電池駆動に対応。


 続いては、天下のMarshall。 



Marshall / MG2CFX


 一見、小型キャビネットという外見ですが、こちらもれっきとしたモデリングアンプです。

 サイズは、260x263x175(mm)で2w出力。

 予めプログラムされた10種のボイシング(サウンドキャラクター)と5種のエフェクトを搭載。

 チューナー機能、タップテンポ機能内蔵。



Marshall / MG2CFX


 イコライザーは2バンド。

 イコライザーやエフェクトコントロール類は、限られたスペースの中に上手く収められています。

 もちろん、こちらも電池駆動に対応。


 続いてこちらも伝統メーカーFenderのモデリングアンプ。



Fender / Mustang Mini


 Fenderモデリングアンプの定番シリーズ、MUSTANGの最小モデルMustang Miniです。

 サイズは、240x240x170。出力7w。

 8種のアンプモデリング、12種類のエフェクターを内蔵。

 そこは有名アンプメーカーでもあるFenderですから、モデリングされているアンプは、Fender社の誇る有名機種揃い。

(Super Sonic™, '59 Bassman®, '57 Deluxe™, '65 Twin Reverb®, Metal 2000, American 90’s, British 80’s, British 60’s)

 エフェクトの方にも、実在のエフェクトがシミュレートされたものが搭載されています。(Fender ’65 Spring Reverb)

 チューナー機能やタップテンポ機能も搭載し、外部フットスイッチによるプリセット変更にも対応しています。

 更には、USB端子も搭載。

 Fender FUSEソフトウェアを活用する事により、パソコン上での音色編集にも対応します。

 ここまで多機能でも、電池駆動対応です。


 続いては、デジタルモデリング技術に定評のあるLINE6。



LINE6 / MICRO SPIDER


 SPIDERシリーズのもっとも小さいモデル、MICRO SPIDER。

 サイズは、241x254x178。6w出力。

 4種類のアンプモデルと1種類のアコースティックギターモデルを内蔵。

 6種類のエフェクト内蔵で、その内エコー系にはタップテンポ対応です。



LINE6 / MICRO SPIDER


 マイク入力など多種の入力系を備え、クロマチックチューナーをも内蔵。

 本体前面と上部には、スイッチ類が多く配置されていて、多機能ながらもコントロールし易そうな造りが特徴的です。

 こちらも、単二電池六本で駆動可能。



 小型モデリングアンプに限っても、ざっと見ただけでこれ程の機種が販売されていて、その機能も多様であると言えます。

 他にも、最近モデルチェンジしたRoland CUBEシリーズやYAMAHA THRシリーズ等、価格や出力、機能に差のある数多くのコンパクトモデリングアンプが出回っています。

 従来のアンプに比べ、一つのアンプで多様なサウンドを出す事が可能なモデリングアンプですから、音質的な趣味趣向や拘りよりも、如何に便利で使い易いかという要素が選択の決め手になるのではないかと思います。

 それでも、物凄い勢いで多機能化・高性能化が進んで行くモデリングアンプ。迷っている間にまた次の気になる新型が発売されてしまうという状態です。

 願わくば、これらコンパクトモデリングアンプを一同に並べ、思う存分遊んでみたいのは山々ですが、そうも行かないのが現実です。





Roland / MICRO CUBE GX




大都市圏に15店舗を運営!楽器の事ならアフターも安心の石橋楽器店!
関連記事
スポンサーサイト




 | ホーム |