FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
50代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
67位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
3位
アクセスランキングを見る>>

New METAL

 正直、私の様なおっさんは、最近の最先端ミュージックシーンなんてものには疎いのでありますが、最近気になった日本のバンド(?)についての話題をひとつ。


 1970年代や1980年代に比べれば、その人気は下火になってしまったと言わざるを得ない音楽ジャンル「Heavy metal」。

 そこから派生したサブジャンルを含めれば、驚くほど裾野は広く、現在へと続くロックミュージックの多くが多大な影響を受けて来たジャンルであるのは言うまでもありません。

 昔ほどの爆発的人気や熱狂は見られなくなった現在でも、その血脈が途切れた訳では無く、様々な形へと姿を変えながら鋼鉄の魂は現在でも世界中で脈々と受け継がれています。

 最近の我が国でも、へヴィーメタルの血を受け継いだと考えられるバンド「マキシマムザホルモン」が人気を博している姿をみかけます。

ぶっ生き返す



 古い時代のへヴィーメタルを知る人間としては嬉しくもあり、確かに鋼鉄の魂は現代に生き続けているのだと実感するところです。


 しかし、へヴィーメタルという音楽ジャンルを冷静に見てみると、容姿の威圧感や暴力的表現が目立つ結果となってしまい、音楽そのもの以前に、イメージ的なものが邪魔をしてすんなり入り難いジャンルであるのかもしれません。

 エレキギター愛好家にしてみれば魅力的に映る爆音も、マイナスイメージを持ってしまった普通のリスナーには騒音としか捉えられないでしょう。

 ロック全般がそんなもんだとおっしゃる方もいるかもしれませんが、ことへヴィーメタルに対しての普通のリスナーの拒絶反応は顕著であると思われます。

 しかし、そうした拒絶反応を含め”へヴィーメタル”であるのかもしれませんし、拒絶反応を起こす方々が居る事自体”へヴィーメタル”という音楽ジャンルが内包するリスクであると考える事も出来ます。

 リスクがあるからこそ熱狂を産み、リスク故に下火になったとも言える「Heavy metal」。

 しかし最近、我が国に於いて新しいヘヴィーメタルの形が産み出された事を知りました。

 その名も「BABY METAL」。

BABYMETAL(通常盤)




 「BABY METAL」は、2010年に活動を開始したグループ。女性アイドルグループを前身とする女性メンバー三人を中心としたメタルユニットです。

 結成当初は、バックバンドのメンバーは当て振りによるパフォーマンスでしたが、現在では「神バンド」と呼ばれるバックバンドのメンバーが生演奏をするスタイルに変わりました。

 この「神バンド」、幾度かメンバー交代があった様ですが、各々が実力派として知られる有名ミュージシャン揃い。

 チッキンピッキングの名手としても有名な技巧派ギタリスト、大村孝佳氏なども参加しています。


 実力派揃いの演奏陣と女性三名のボーカル。爆音とキュートなダンスパフォーマンス。

 何とも不釣合いなこの組み合わせが実に面白いエンターテイメントとしてステージ上に展開されます。

 何より、ヘヴィーメタルにアイドル要素を融合させた事によって、今までヘヴィーメタルに拒絶反応を示していた方々も巻き込む結果になったのは快挙であると言えると思います。

 まさかのこの組み合わせ、特異なアイドル文化を持つ日本だからこそ成しえた異色のコラボであります。

 その世界観や設定もまた面白く、ステージ上のアイドルはきつねに憑かれたという設定であり、ヘヴィーメタルお得意のコルナ(メロイックサイン)ではなく、その手は”影絵のきつね”の形で振り上げられます。

 ゴシック調の衣装や和装を取り入れたプロモーションなど、ユニークに完成されたBABY METALスタイルには、類稀なセンスを感じます。

 こうした”日本らしい”と言えるアイディアは、海外でも注目され、Youtube上にはBABY METALをコピーする外国人ギター愛好家動画が数多くアップロードされています。


 世界を巻き込む事となった日本のメタル+アイドルユニット「BABY METAL」。



 今年7月から始まる、ワールドツアーもすでに決定しています。

 フランスを皮切りに、ドイツ、イギリス公演を予定しているこのツアー。

 イギリス公演のステージがメイン会場に振り替えになるほどの人気だそうです。


 もちろん、コアなへヴィメタルファンからは批判を受けたりしたようですが、日本のアイドル文化とユニークな発想、新しいへヴィメタルの形として考えると非常に面白い試みであると私は感じます。

 ヒットチャートからは縁遠くなった様に感じる音楽ジャンル「Heavy metal」でありますが、BABY METALの世界を巻き込んだ人気を見る限り、「いまだ鋼鉄の魂は人々の心を魅了し続けているのかもしれないな」なんて感じます。




Jackson / Pro Series King V KVMG




楽器の事ならアフターも安心の石橋楽器店!
関連記事
スポンサーサイト




 | ホーム |