FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
76位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

Epiphoneからも登場。Min-ETune搭載レスポール。

 Gibsonエレクトリックギター2014年モデルにも多く採用されている最先端のオートチューニングシステム「Min-ETune」。

 先日も、この電動チューニングシステム搭載のエレクトリックアコースティックギターがEpiphoneブランドより発売されるという話題を取り上げましたが、予想通りと言いますかMin-ETune搭載型エレキギターなんていうものもEpiphoneブランドより発売される様です。




Epiphone / Les Paul Classic-T (Min-ETune equipped)


 Epiphoneブランド製、Min-ETune搭載型レスポールモデル、Les Paul Classic-Tです。

 ボディ/ネック共にバインディングの入らないスタンダードなレスポールモデル。

 ボディ材は、マホガニー。トップ材には、AAA Flame Maple Veneerと言う一本です。

 ボルトオンジョイント製品も良く見かけるEpiphoneブランドですが、こちらのモデルはしっかりセットネック構造です。





Epiphone / Les Paul Classic-T (Min-ETune equipped)


 ネック材は、3ピースのハードメイプル。ネックボリュート(アングルネックの強度を上げる構造)付。

 Min-ETuneと並ぶEpiphoneブランドのロゴ。

 廉価製品が得意なEpiphoneブランドとMin-ETuneの組み合わせは少し意外な物に見えます。

 ピックアップはオープンタイプのEpiphonセラミックPlusピックアップを採用しています。




Epiphone / Les Paul Classic-T (Min-ETune equipped)


 スタンダードなレスポールモデルですので、当然ミディアムスケール採用のこのギター。

 ネックシェイプは1960's SlimTaper。ミディアムジャンボフレット採用で、指板Rは12インチとありますから、305R程です。

 多くのEpiphoneブランド製品に採用されている、Epiphoneモダンスペックと言った感覚の弾き味であると思われます。


 今回発表された本体カラーは、3バリエーション。

 赤系のブラックチェリーと青系のミッドナイトサファイヤ、それに黒系のエボニーです。




Epiphone / Les Paul Classic-T (Min-ETune equipped)


 気になるのはやはり価格ですが、そこは廉価価格帯に強いEpiphoneブランド。最新鋭のMin-ETune搭載モデルながら実売50.000円台という価格。

 単体販売されている電動オートチューナー、トロニカルチューンの販売価格を考えると、破格と言える価格設定なのではないかなと思われます。

 そうなると当然、競合として本家Gibsonレスポールの入門モデル”LPJ”が絡んでくると思います。




【アウトレット特価】Gibson/LPJ


 LPJ2013年モデルであれば、ほぼ同価格帯。

 LPJ2014年モデルでも、Epiphone Les Paul Classic-Tより1万円程高い程度です。


 最先端のオートチューニングを取るか、やはり本物、伝統のGIBSONブランドを取るか、非常に難しい所で御座います。

 既に立派なギターを所有していると言う方も、最新のオートチューニングシステムに触れられる一品として面白い製品であると感じる新作です。




Epiphone / Les Paul Classic-T (Min-ETune equipped)




楽器の事ならアフターも安心の石橋楽器店!
関連記事
スポンサーサイト




 | ホーム |