FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
68位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

もうひとつのElitist Limited Edition【Epiphon】

 昨日ご紹介しましたEpiphone ”Japan Limited” Elitist Casinoに続きまして、また別のセミアコースティックギター、Epiphone Elitistが発売になるという話題です。




Epiphone / Limited Edition Elitist 1966 Custom Riviera Outfit (E-360TD)


 こちらも Limited Edition。Epihone Elitist 1966 Custom Rivieraです。


 こうしたホロウボディタイプのセミアコースティックギターにあまり興味がないという方には、どれも同じ様に見えてしまうものかもしれませんが、昨日のギターはCasino。今回のモデルはRivieraです。


 Gibson社傘下に入ったEpiphonブランドからは、本家Gibsonセミアコースティックギターの廉価モデルが数多く生み出されました。Casinoと並んでRivieraもそんな機種の一つ。 

 センターブロック有のボディ構造、ダブルコイルピックアップ採用のRivieraは、Gibsonブランド製品でいう所の「ES-335」や「ES-345」の兄弟とも言える機種になります。





Epiphone / Limited Edition Elitist 1966 Custom Riviera Outfit (E-360TD)


 今回のモデルは、Elitist 1966 ”Custom” Rivieraとありますように、少々カスタマイズされたRiviera。

 元々はクラシカルなテールピースやビグスビータイプのトレモロが搭載されていたところへ、チューンオーマチックブリッジ+ストップテールピースという構成にカスタマイズされた姿でのリリースです。

 そういった点からすると、現代のES-335により近づいた仕様と言えるのかもしれません。


 ネック材はマホガニー。ボディは、3-ply Laminated Maple。

 ナットはボーンですが、ブリッジサドルはデルリン製を採用しています。


 何より特徴的なのは、ミニハムバッカー採用と言う点です。

 前後共に、Gibson USA Mini-Humbuckerを搭載しています。

 ダブルコイルでは鋭さが足りない。かといってP-90まで鋭くても困るなんていう微妙な趣向に答える仕様だと言えます。





Epiphone / Limited Edition Elitist 1966 Custom Riviera Outfit (E-360TD)


 ペグはGOTOH製クルーソン・タイプ。

 クラシカルな部分とモダンな実用性をミックスさせたような仕様。

 一体どんな仕上がりになっているのか、実に興味深い一本に感じます。


 昨日の”Japan Limited” Elitist Casino同様、CTSポットやオレンジドロップキャパシター等を採用したMade in Japan。

 ES-335とは一味違った魅力のある一品だと思います。





Epiphone / Limited Edition Elitist 1966 Custom Riviera Outfit (E-360TD)




楽器の事ならアフターも安心の石橋楽器店!
関連記事
スポンサーサイト




 | ホーム |