FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
62位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

機能充実。マルチブースター【MI Audio】

 オーストラリアのハンドメイドエフェクターブランド「MI Audio」の人気ブースターペダル「BOOST’N’BUFF」がアップグレード。

 ”V5”となってリリースされました。


MI AUDIO 《エムアイ オーディオ》 BOOST'N'BUFF V5




 MI Audio「BOOST'N'BUFF V.5」は、24V昇圧回路内蔵のマルチ(レンジ)ブースター。


MI AUDIO BOOST'N'BUFF V.2




 これまでも、着々とバージョンアップを重ねて来たBOOST'N'BUFF。

 ワンボリュームの初代から、ボリュームとゲインの2コントロールとなったV2。

 内部に昇圧回路を搭載したV3。

 (それまでは9Vバッテリーを2個使用する事でヘッドルームを確保する設計)

 V3以降の機種には、オプション機能選択のミニスイッチも搭載されるようになりました。


MI AUDIO BOOST'N'BUFF V5




 その集大成とも言える、今回のV5。

 ボリューム・ゲインの2コントロールノブに加え、トゥルーバイパスとバッファードバイパスを切り替え可能なミニスイッチを搭載。

 更に、一般的なブースター”フルレンジブースター”から”ミッドレンジブースト”に”トレブルブースト”3種類のブーストモードを搭載。

 これもミニスイッチで選択可能になりました。


 余程気に入った機種がある場合は別として、帯域別のブースターを複数台用意するというのは邪魔なもの。

 用途にあわせ、各帯域のブーストを一台で済ませられるレンジモード切替は、汎用性も高く使い易い機能/ペダルであると思います。


 マルチレンジブースター自体は各社・各ブランドからも発売されていますが、V5はモード切替式とすることで分かり易い機能・操作となっていると感じます。

VOX / Tone Garage TG1-FLBT4 Flat 4 Boost 【ブースター】【真空管搭載】【福岡パルコ店】




 ○○レンジブースターという製品が多い中、色々と活用の見込める製品だと思います。


 "M"ichael "I"brahim Audio渾身のハンドメイドマルチブースターV5。

 一味違うブースターペダルをお探しの方には注目の製品になるかもしれません。


MI AUDIO Blues Pro V.3






楽天市場
関連記事
スポンサーサイト




 | ホーム |