FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
70位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

ギタリストのお勉強38

 ギターを弾く上で知っておくとお得な楽典その38。

 今回も和音構成音から考えるギターコードフォーム。

 前回のM7、sus4に続いて、今度はシックスコードについて考えてみましょう。


 シックスコードは、メジャーもしくはマイナートライアドに長6度音程を加えた四和音。

 Cメジャーシックスならば、その構成音はC + E + G + Aとなります。


 前回までと同様、基本的な六弦ルートのメジャーコードから発展させようと考えるならば、5度音程を一音あげてやれば良いと考えられますが・・・
 

MC10.jpg

 単純に五弦部分の五度音程を1音上げた形のメジャーシックスコード。

 押さえられなくは無いですが・・・非常に押さえるのが厳しいコードフォームになってしまいます。


 ではもう一つ有る5度音程、二弦の方を一音上げてみると・・・

MC11.jpg

 先ほどよりはコンパクトなコードフォームに纏まりましたが、これを押さえるとなると五弦と四弦部分を薬指(もしくは小指)でセーハする必要が出て来ます。

 その状態で三弦もしっかりと鳴らさなければならないので、見た目以上に難解なコードフォームになってしまいます。


 とどのつまり、基本的な六弦ルートのメジャーコードから発展させる形のメジャーシックスコードは、非常に扱い辛い形になってしまうという事です。


 そこで、メジャーシックスコードを鳴らしたい場面では、省略コードが使われたりします。


MC12.jpg

 先ほどの二弦五度音を一音上げたコードフォームから、六弦と五弦の音を省略した形。

 こうすると、コードに含まれる音程は、C(root) + E(3rd) + A(6th)となり、5度音程を省略(omit)したメジャーシックスコードと考える事が出来ます。

 (5度音程はコードの性質を決定付ける音程ではありませんので省略可能な音程。omit5は良く有る形と言えます)


 しかし、この省略コードの形。良く見かけるコードフォームなのではないでしょうか。


 コードブック等を見て頂くと、この形はマイナーコードの省略型として良く載っている物だと思います。

 C6 omit5 (C + E + A)という見方をせずに、ルートをAと考え構成音を転回させてみるとA + C + E、つまりはAマイナートライアド(コード)と解釈出来てしまいます。

 むしろこの方が素直な解釈と考えられます。


MC13.jpg

 以前、シックスコードの記事で触れましたが、C6とAm7の構成音は同じ。構成音の同じ和音を転回させた形、異名同和音なのです。

 つまりは、C6コードを鳴らしたい場面で、Am7コードが代用可能であるという事にもなります。


 押さえにくい形のメジャーシックスコードを利用するよりも、根音から見た”六度音程”をルートとするマイナーセブンスコードを利用する方が便利と言えるかもしれません。





HIWATT / SA210/SA2012 Custom 20 Combo 【正規品】




エレキギターなら石橋楽器店!

関連記事
スポンサーサイト




 | ホーム |