FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
73位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

新ラインナップ続々【Mojo Hand Fx】

 アメリカのエフェクターブランド「Mojo Hand FX」から、新ラインナップエフェクトペダルが発売になりました。

 その中から先ずは、歪み系ペダル。
 




Mojo Hand Fx / Extra Special【オーバードライブ】


 Mojo Hand Fx「Extra Special」は、既発の人気オーバードライブペダル「DMBL」の発展型。





Mojo Hand FX / DMBL 【オーバードライブ】


 「DMBL」は、究極のオーバードライブトーンを目指し制作されたダンブル系オーバードライブペダルです。





Mojo Hand Fx / Extra Special【オーバードライブ】


 「Extra Special」では、フルテンを越えるドライブサウンド、ミディアムからハイゲインなトーンを伝説のアンプサウンドを壊すことなく実現する様開発された製品です。

 単に、高ゲイン化された訳では無く、しっかりとレスポンスの良さも維持するよう考えられた設計になっているそうです。

 一般的なVolume、Gain、Toneコントロールに加え、Contour(輪郭)コントロールに似たAccentという独自のパラメーターコントロールを備えていますので、幅広い音色コントロールが可能です。

 中央のミニスイッチの操作でJazz/Rockのボイシング選択も出来ます。


 伝説のトーンのモダン化。現代的趣向に応える新型となりそうです。



 続いては、Mojo Hand Fx 「Superlative」。




Mojo Hand Fx / Superlative 【オーバードライブ】


 こちら一言で言えば、「Supro」を目指して作られたペダルとなります。

 その扱い易さ/コントロールのし易さから、多くのアーティストにレコーディングアンプとして重宝された小型ヴィンテージチューブアンプ「Supro」。

 そんなSuproの持つ、真空管と小さめのスピーカーの織りなす独特なサウンドを再現するべく「Superlative」は開発されました。


 基本的なVolume、Gain、Toneコントロールに加え、2インプット仕様アンプを再現したHi/Lowの切り替えスイッチを搭載。




 あえて小さな出力のアンプをドライブさせて使う。という先人の知恵が詰まったペダルとなっております。



Mojo Hand Fx Speakeasy【即納可能】【試奏サービス可能商品】




 今回のMojo Hand FX新ラインナップには、この他にも往年のテープエコー「ECHOPLEX」のIII型”EP-3”プリアンプ部を再現したプリアンプペダルや「ブラウンサウンド」を目指したディストーション。


Mojo Hand Fx エフェクター Bayou Trem【モジョハンドエフェクツ バイユートレム】【エフェクター】【ピック10枚セット付き!】




 ゲルマニウム&シリコントランジスタのハイブリッドファズペダルやモジュレーション系ペダル等、注目製品が目白押しです。

 既存の製品に加え、ますます魅力的なラインナップとなったのではないでしょうか。





Mojo Hand FX / 1978 LIMITED MODEL




石橋楽器店
関連記事

出ましたギター用【EBS】

 ベースギター向けギアで有名なブランド「EBS」から、ギター用エフェクト3種が発売になります。





EBS / MultiComp Guitar edition 《6月末発売予定/予約受付中》


 発売されるのは、既存のEBSベースギター用エフェクターの”Guitar Edition”とされるペダル。

 ベース用コンプレッサーとして大変有名なEBS「Multi Comp」やコンパクトなベース用デジタルリバーブEBS「DynaVerb」等、ベース用ギアとして高い評価を受けて来た製品のギターエディションです。





EBS / Red Twister 《6月末発売予定/予約受付中》


 EBS「Red Twister」は、同社ベースギター用エフェクター「UniChorus」を元に、ギター用にリチューンされたコーラス/フランジャーペダル。

 トゥルーバイパス仕様で、MONO/STEREOアウトに対応。

 FLANGE/HVY/SOFT三種のモード切替スイッチ搭載。

 内部トリムポットの調整により、ドライ音/エフェクト音のミックスレベルが調整出来る様になっているそうです。


 エフェクトをごく薄くかけたい場合にありがたいミックスレベル調整。

 こうした機能を持たせて来るあたりがEBSらしいと思える部分です。





EBS / DynaVerb Guitar edition 《6月末発売予定/予約受付中》


 ルーム・プレート・ホール三タイプの切り替えが可能なリバーブペダル「DynaVerb」はステレオIN/OUTに対応したペダル。

 こちらにも内部スイッチが搭載されています。

 内部スイッチの変更により、シリアル/パラレルの切り替えが可能。

 外部ミックスによる使用等に対応可能な価値ある付加機能と言えます。


 こちら「DynaVerb」。乾電池駆動可能ですが、電流使用量が多いのでアルカリ乾電池を使用してくださいとの注意喚起があります。

 基本的には、ACアダプター駆動が推奨される様です。





EBS / MultiComp Guitar edition 《6月末発売予定/予約受付中》


 シンプルに見えるMultiCompにも、内部トリマによるスレッショルド調整機能が搭載されています。

 三種のモード切り替えやサイドのスイッチでアクティブ/パッシブの切り替えが可能。

 ベース用製品から受け継がれた細やかな各種設定が魅力のペダルです。


 最小限のコントロールノブとモード切替スイッチ。

 内部スイッチにより、見た目以上の詳細設定が可能というEBSエフェクト”Guitar Edition”。


 真空管を使用したベース用プリアンプ/オーバードライブ、EBS「ValveDrive DI」等、魅力的な製品が並ぶEBSブランドですので、これからの”Guitar Edition”製品にもますます期待が持てます。


EBS ValveDrive DI






楽器の事ならアフターも安心の石橋楽器店!
関連記事

アナログライクなディレイペダル【MI AUDIO】

 オーストラリアのハンドメイドブランド「MI AUDIO」から、アナログ”ライク”な音色に拘ったディレイペダルが発売となりました。


MI AUDIO LO-FI DELAY




 MI AUDIO「LO-FI DELAY」というエフェクターです。

 あえての”LO-FI”と名付けられている時点で、特別な拘りを感じてしまうこのペダルですが、基本的にはデジタルディレイです。

 しかし、ミキシング回路やフィルタリング回路部はアナログ回路で形成されているという、デジタル/アナログ双方の利点を上手く纏めた設計となっている様です。

 こうした特別な回路は、もちろんアナログ”ライク”な音色を得る為の物。

 今だ根強い人気のアナログディレイの音色をデジタル回路で得られる様工夫されています。


MI AUDIO 《エムアイ オーディオ》 LO-FI DELAY




 その音色への拘りは、搭載されたコントロールノブの多さと複数のミニスイッチからも窺えます。


 三つあるミニスイッチの丁度真ん中。HI/LO Tone Switch。

 「HI」に設定すれば、ブライトなデジタルディレイ。「LO」に設定すればやや曇りのあるアナログライクなディレイサウンドへ。

 ”LO-FI”DELAYとしながらも、アナログとデジタルどちらの音色にも対応出来る設計です。


 ミニスイッチ下段は、トレイル機能のON/OFF。

 ペダルOFF時の残響音を残すか、カットするかの設定。


 そして、上段ミニスイッチはと言うと、波形の切り替え「SHAPE Switch」。

 そう、この「LO-FI DELAY」は、モジュレーション機能も併せ持っているのです。


MI AUDIO LO-FI DELAY




 筐体を良く見れば、上段ミニスイッチ部と左下のコントロールノブ部が黒く色分けされています。

 この黒く塗り分けられた部分のコントローラーがモジュレーション操作部となっています。

 モジュレーションコントロールは、RATE ・ DEPTH ・ SHAPE Switchの三つで行います。


 ディレイ部はすこし大きな二つのノブ、ディレイタイム”TIME”コントロールとフィードバック量を決める”REPEAT”コントロールによって行います。

 更に右下、ディレイ回路へ送る信号の大きさを決める”INPUT”。

 ”LEVEL”は、ドライ音に対するディレイ音のミックスレベルをコントロールします。


 と、コンパクトエフェクターでありながら、非常に細かい設定・操作可能な「LO-FI DELAY」。

 更に、アウトプットジャックには、ステレオジャックが採用されており、ステレオY字分岐ケーブルを利用することにより、ドライ音とエフェクト音とを分離出力する事が可能になっております。


 単なるディレイペダルでは無く、一台で色々な使い方が出来るディレイペダルをとお考えの方にはなかなか面白い存在の製品なのではないでしょうか。


MI AUDIO (エムアイオーディオ) エフェクター Super Blues Pro






楽天市場
関連記事

««前のページ  | ホーム |  次のページ»»