FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
76位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

カーク・ハメットシグネイチャーペダル発売【KHDK Electronics】

 NAMM2016で発表された新しいエフェクターブランド「KHDK Electronics」から、メタリカのギタリストとして有名な「カーク・ハメット」のシグネイチャーペダルが発売になりました。





KHDK Electronics / Ghoul Screamer Kirk Hammett Overdrive


 その名も恐ろしい雰囲気、「Ghoul Screamer」。

 製品名からして、激しいイメージのオーバードライブペダルです。


 そもそもこの新ブランド「KHDK Electronics」は、カーク・ハメットとその旧知の仲である業界人デヴィッド・カロンの二人が共同で創設したブランドなのだそうです。

 ”Kirk Hammett”と”David Karon”、二人のイニシャルから”KHDK”というブランド名になっています。


KHDK Electronics Kirk Hammett Overdrive Ghoul Screamer 《エフェクター/オーバードライブ》【送料無料】




 製品名も迫力あるものですが、ミニスイッチが5つも並んだその姿も圧巻。

 これまでにない製品設計。カーク・ハメットの拘りが詰め込まれた製品に見えます。


 このミニスイッチは、左からBASS、HIGH、BODY、COMPRESSIONx2の5つ。


 BASSスイッチは、低域の周波数を増加させる機能。

 HIGHは、ハイレンジのブーストスイッチです。

 BODYスイッチは、ミッドレンジのレスポンスを高め、抜けの良いサウンドに変化させるスイッチになるそうです。


 2と3、2/3と1の表記があるコンプレッションスイッチは、それぞれかかり方の違うコンプレッションのモード選択に使用します。

 1のモードでは、ソフトで温かいヴィンテージペダルの様なコンプレッション。

 3のモードは、透明感の高いハイセッティング。深いハーモニクスのトーンが得られるそうです。

 2のモードは、1と3のモードをブレンドしたミディアムセッティング。





KHDK Electronics / Ghoul Screamer Kirk Hammett Overdrive


 右端のスイッチが1モードに設定されている場合、隣の2と3のモード選択スイッチはキャンセルされる設計になっており、2つのミニスイッチの設定により3つのモードを選択出来る仕組みになっています。


 フットスイッチはトゥルーバイパス仕様。

 9V乾電池駆動にも対応する2電源方式のペダルになります。




 伝説のメタルギタリストが開発した「Ghoul Screamer」。

 カーク・ハメットシグネイチャーと言うだけで気になる方も多い製品なのではないでしょうか。
 




KHDK Electronics / Ghoul Screamer Kirk Hammett Overdrive




楽器の事なら石橋楽器!
関連記事

新作エフェクター発売日決定【BOSS】

 2016NAMMショーに出展された「BOSS」新製品。

 アンプやエフェクターなど多くの注目製品が出展されたわけですが、早くも新作コンパクトエフェクターの発売日が決定した模様です。





BOSS / VO-1 Vocoder ボコーダー【予約注文 / 3月5日発売予定】


 先ず最初の新作は、ギター/ベース用としてはちょっと珍しいボコーダーペダル。BOSS 「VO-1 Vocoder」。発売予定は3月5日。

 マイクを通じて入力された言葉や歌声を楽器の音と合成して出力するエフェクターです。

 トーキングモジュレイターと似たエフェクトと考えると分かりやすいかもしれません。


 本機には4種類の動作モードが搭載されており、その中にはトーキングモジュレイターモードも装備されています。





BOSS / VO-1 Vocoder ボコーダー【予約注文 / 3月5日発売予定】


 本体側面には、マイクを接続する為のXLR入力端子が搭載されています。

 しかし、マイクなしでも動作可能なモード(CHOIRモード)も搭載されていますので、マイクを接続しないで利用する事も可能です。





BOSS / VO-1 Vocoder ボコーダー【予約注文 / 3月5日発売予定】


 本体上部。電源入力端子の横には、マイクの入力感度を設定する「MIC SENSスイッチ」も搭載されています。

 駆動には、9V乾電池もしくはACアダプターが必要になります。




 ギターを歌わせるエフェクター。

 機械的なヴォイスなど、クールなサウンド演出が可能になる面白いエフェクターだと思います。 





BOSS / VB-2W Vibrato 技 Waza Craft ビブラート【予約注文 / 3月5日発売予定】


 続いては、BOSS公式チューンドペダル「-技-WAZA CRAFT」シリーズに加えられた新作。

 ビブラートペダル、BOSS 「VB-2W Vibrato」。


 1982年デビューのビブラートペダルBOSS「VB-2」を進化させた本品。

 BBDビブラート回路を用いた、高品位のフルアナログ回路設計。

 VB-2サウンドも完全再現しています。(コントロールノブ下のスイッチ”S”スタンダードモード)

 同時に、より先進的なカスタムモードも搭載。





BOSS / VB-2W Vibrato 技 Waza Craft ビブラート【予約注文 / 3月5日発売予定】


 LATCH/UNLATCH/BYPASSの3モードを搭載し、更にエクスプレッションペダルを接続する事でリアルタイムにDEPTHコントロールが可能になる機能を搭載。

 高品位かつ豊かな表現力を持ったヴィブラートペダルになっております。




 こちらも9V乾電池駆動に対応。もちろんACアダプター駆動にも対応しています。





BOSS / BC-1X Bass Comp ベース用コンプレッサー【予約注文 / 3月5日発売予定】


 続いてはベース用コンプレッサー。BOSS 「BC-1X Bass Comp」。

 スタジオ品質のマルチバンドコンプレッサーをコンパクトペダルサイズで実現。

 どの帯域でも常に自然なコンプレッションを与えてくれるインテリジェンスなペダルです。


 エフェクトの利き具合が目で見て分かる、コントロールノブ下のゲインリダクションインジケーターが特徴的。

 ハイクォリティとセッティングのし易さが感じられる機能だと思います。





BOSS / ES-5 Effects Switching System 5ループスイッチャー【予約注文 / 3月5日発売予定】


 加えて、5ループのコンパクトな新作プログラマブルスイッチングシステム、BOSS「ES-5 Effects Switching System」も3月5日に発売予定。

 こだわりのアナログ回路。自由度の高いルーティング。余裕の200パッチメモリー。

 バッファーのオン/オフをメモリごとに設定することも可能だそうです。




BOSS / ES-5 Effects Switching System 5ループスイッチャー【予約注文 / 3月5日発売予定】


 チューナーアウト、MIDIコントロールも備えた5ループ。

 エフェクトループは全てモノラル仕様です。


 コンパクト、そして軽量に纏められた設計。

【在庫あり】BOSS ボス / ES-8 Effects Switching System スイッチャー【送料無料】




 上位機種「ES-8」よりも更に手軽に導入出来る様になった新型スイッチャーです。





BOSS / VB-2W Vibrato 技 Waza Craft ビブラート【予約注文 / 3月5日発売予定】




楽器総合小売店の石橋楽器!
関連記事

新作ワウ&フットコントローラー【Jim Dunlop】

 本日もNAMM2016で発表になった品。

 CRY BABYでお馴染みの「JIM DUNLOP」からの新製品です。





JIM DUNLOP / JP95 JOHN PETRUCCI SIGNATURE CRY BABY WAH 【予約注文/3月発売予定】


 先ず一つ目は、シグネイチャーCry Baby。

 ドリームシアターのギタリスト、ジョンペトルーシモデルのCry Babyです。

 
 彼自体は、ラック式のCry Babyを使用しているそうですが、その拘りの仕様をペダル化したのが本品になります。





JIM DUNLOP / JP95 JOHN PETRUCCI SIGNATURE CRY BABY WAH 【予約注文/3月発売予定】


 スモークドクローム仕上げの本体は、光の当たり方によってかなり印象が変わる色味。

 内部トリムによる微調整も可能で、エフェクトON時のヴォリューム、Q 、6バンドイコライザーの各パラメーターをカスタマイズできます。

 6バンドのイコライザー(100Hz~3.2KHz)搭載というのはかなり驚きの仕様。

 実に使いでのあるワウペダルになっている感じが致します。




 ペダル面に施された”JP”の意匠も非常に格好良い仕上がりだと思います。





JIM DUNLOP / DVP4 VOLUME (X)TM MINI PEDAL ボリュームペダル【予約注文/4月発売予定】


 続いての新製品は、昨年発売されたミニサイズワウ「CryBaby mini」に続くミニシリーズ。

 今度はミニサイズのボリュームペダル「Volume X Mini Pedal DVP4」です。


 「CryBaby mini」と同じように通常サイズのものと比べ約半分の大きさ。

 コンパクトでペダルボードへの導入も容易なミニサイズペダルになっております。





JIM DUNLOP / DVP4 VOLUME (X)TM MINI PEDAL ボリュームペダル【予約注文/4月発売予定】


 見た目はかわいらしくとも、筐体は頑丈な軽量アルミ製。耐久力にも問題ありません。

 INPUT/OUTPUTと共に配備されているAUX端子は、エクスプレッションコントロール用。

 ボリュームコントロールだけでなく、エクスプレッションペダルとしても使える便利なペダルです。


 更に内部スイッチの設定でAUX端子をチューナーアウトとして設定し利用することも可能。

 ボリューム用とエクスプレッション用、2台並べても邪魔にならない大きさは大変魅力的な製品かもしれません。


Dunlop 《Jim Dunlop/ジム ダンロップ》 CBM105Q Cry Baby Mini Bass Wah 【5月上旬入荷予定】




 更にこのミニシリーズに白いペダルも発売されます。

 白いCry Babyと言えばもちろん、ベース用ワウ。


 着々とラインナップを増やしていくミニペダルシリーズ。

 やはり皆、心のどこかでペダル物はデカすぎると感じていたという事なのかもしれませんね。


 「JIM DUNLOP」の新製品。ジョンペトルーシモデルCry Babyは、3月発売予定。

 ミニボリュームペダルは4月、ベース用ワウは少し先の5月発売の予定です。





Jim Dunlop / SC95 Slash Cry Baby Classic




楽器の事なら石橋楽器!
関連記事

««前のページ  | ホーム |  次のページ»»