FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
50代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
66位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
4位
アクセスランキングを見る>>

高品位複合機【Keeley Electronics】

 ハイクォリティブランド「keeley Electronics」から、ギターの基本的なサウンドメイクに役立つ3つのエフェクターを一台に纏めたペダルユニットが発売になりました。


keeley 《キーリー》Tone Workstation 【きたぞ円高!還元セール実施中!!】 【入荷】




 その名もKeeley Electronics「Tone Wrokstation」。

 一台に、コンプレッサー、クリーンブースター、2種のオーバードライブが組み込まれたユニットです。


Keeley Electronics Tone Workstation 【期間限定円高還元セール】 【新製品AMP/FX】




 本体右端には、古典的なKeeleyコンプレッサーが搭載されています。

 見どころとしては、ブレンドコントロールが搭載されている点。

 ドライシグナルとコンプレッションのかかったサウンドとをブレンドする事で、バイト感を得たりするのに役立ちます。


 続いて本体真ん中のDRIVE/BOOSTセクション。

【レビューを書いて送料無料】Keeley Electronics Katana Clean Boost エフェクター [並行輸入品][直輸入品]【キーリー】【ブースター】【新品】【RCP】




 ミニスイッチの切り替えで、Keeley自慢のクリーンブースター「KATANA」モードと


Keeley 1962 Overdrive 【送料無料】




 オーバードライブ「1962」モードとを切り替えて使用出来ます。

 LEVEL・TONE・DRIVEコントロールによる分かりやすい操作系。

 最後、本体左端に控えるオーバードライブとの組み合わせで、クリーンブースターとして利用するか、歪みを足すか、お好みのセッティングが選べます。


Keeley Electronics Red Dirt Overdrive 【期間限定円高還元セール】




 左端のオーバードライブに搭載されるのは、Keeley Electronics「Red Dirt overdrive」。

 ここでも2種のモードが選択可能で、TSモディファイのMod PlusモードとBakedモードとが選択可能です。


keeley Tone Workstation 【きたぞ円高!還元セール実施中!!】




 こうした複合機どれにでも言える事ですが、複数エフェクト間のパッチケーブルが不要な分だけノイズや接続トラブルを避けられます。

 そして、バラバラに揃えるよりもリーズナブルな価格設定なものが多いです。


 しかし本品に関して言えば、何よりトータルバランスを良く考えた組み合わせ、Keeleyお勧めのセッティングやバランスなどが込められているという点が見どころな製品に思えます。




 繋ぐだけで良い音になると噂される程のKeeley製品。

 今回のTone Wrokstationは、ギターの基本的な音作りを強力に支援する大変魅力的なユニットだと思います。

 3in1の機材ですので、乾電池駆動は出来ません。


Keeley Electronics Tone Workstation 【期間限定円高還元セール】 【新製品AMP/FX】






楽天
関連記事

気になるギタリスト63

 気になるギタリスト63回目の今回は、比較的若手のギタリスト。

 若手といっても、10代の頃からプロのステージに上がりその天才ぶりを発揮したアメリカ人ギタリスト「デレク・トラックス」です。


デレク・トラックス・バンド




 かの「デュアン・オールマン」率いるロックバンド「オールマン・ブラザーズ・バンド」のオリジナルメンバーであるドラマー「ブッチ・トラックス」の甥にあたる彼。

 幼い頃からその影響を受け、音楽に触れる機会が多かったであろう事は容易に想像出来るものだと思います。


 ”オールマン・ブラザーズ・バンド”の”デュアン・オールマン”と来れば直ぐに思い出されるのが、名曲「Layla and Other Assorted Love Songs(邦題:いとしのレイラ)」を生んだバンド、「エリック・クラプトン」が参加した「デレク・アンド・ザ・ドミノス」です。

 「デレク・トラックス」の名は、なんとこのバンドから取られているそうです。


 まさに、将来バンドマンになることを約束されたかのような周辺環境と名。運命付けられた何かを感じてしまうようなギタリストであります。


アウト・オブ・ザ・マッドネス




 そんな彼は、10代後半には自身のバンド「デレク・トラックス・バンド」を結成し活動を開始します。

 間近で見てきた偉大なギタリストの影響を受けながら、指弾きでボトルネック奏法を自在に操るスタイルを披露していきました。

 このバンドでの活動は、2010年頃まで続きますが、以後ブルースシンガーである妻との活動をメインに据え、バンドも「テデスキ・トラックス・バンド」としてスタートする事となります。


Revelator




 そしてこの「テデスキ・トラックス・バンド」名義で発表した最初のアルバム「Revelator(預言者)」で、いきなりグラミー賞最優秀ブルースアルバム賞を受賞するという快挙を成し遂げています。


 しかし、彼の活躍はそれだけには留まらず、自身のバンド活動と並行し2000年頃から叔父在籍する「オールマン・ブラザーズ・バンド」にも正式メンバーとして参加。

 まさに大車輪の活躍を見せて来ました。

One Way Out




 現在は「テデスキ・トラックス・バンド」の活動に専念する為、「オールマン・ブラザーズ・バンド」からは脱退しています。


Gibson Derek Trucks Signature SG Vintage Red デレク・トラックスSG エレキギター (ギブソン)




 彼の愛機と言えばGibson SG。

 近年、毎年の様にシグネイチャーモデルが発売されています。

 本人使用のSGをイメージし、ピックガードレス、ヴァイブローラーのアームを取り外した姿を再現。

 ストップテールピース仕様ですので、ヴァイヴローラーは見た目だけの演出。

 個性派ギタリストらしい、格好良いスタイルのSGモデルだと思います。


 実力派ギタリスト「デレク・トラックス」。

 スタジオアルバムも良いですが、やはりライブ演奏やライブアルバムが兎に角良いです。

 寡黙なスタイルのステージングも、彼らしいクールなスタイルに見えます。


Everybody's Talkin'



関連記事

クラシカルなサウンドを現代的に【Keeley Electronics】

 最近、物凄い勢いで新作ペダルをリリースし続ける「Keeley Electronics」。

 また、新たなアイディアを詰め込んだ新作ペダルが発売になっています。


Keeley Electronics Gold Star Reverb 【期間限定円高還元セール】 【4月7日発売予定】




 一つ目は、少し変わったコントローラーを備えたリバーブペダル。Keeley Electronics「Gold Star Reverb」。

 このペダルは、1960年代にラジオやジュークボックス上で音楽を再生する際に確立された重厚な音作り“Wall of Sound”を目指して作られたものなのだそうです。

 最新技術にヴィンテージマイクやテープレコーダーのサウンド特性を取り込み、通常のリバーブペダルでは得られない独特のサウンドを生み出します。


 本機は、三つのモード切り替えスイッチを搭載した4コントロール方式。

 Compressed Room Reverb、Warped Flanged Reverb、Distorted Reverb、どれも個性ある3モードを切り替えて使用可能です。

 特徴的な「VINYL」コントロールは、コンプレッションのかかったリバーブ音の圧縮比をコントロールするものになります。




 通常のリバーブペダルとは一線を画す、積極的なサウンドメイクを可能な「Gold Star Reverb」。

 味わい深くサイケデリックな音色は、今逆に新しいサウンドにも聞こえて来る気がしてきます。


Keeley Electronics Monterey Rotary Fuzz Vibe 【期間限定円高還元セール】 【4月7日発売予定】




 続いては、製品名が全てを現しているかのようなモジュレーション付きファズペダル。Keeley Electronics「Monterey Rotary Fuzz Vibe」。

 ロックフェスの源流とされるモントレー。そして、ロータリーにファズにヴァイブ。これ以上ない簡潔な製品名だと思います。

 ヴィンテージファズ、​​ロータリースピーカー、バイブ。そして、オートワウ、オクターブアップ/ダウン機能を一台に収めたユニットです。


 ファズ部とモジュレーション部、それぞれのフットスイッチとレベルコントロールを備え、ロータリー・バイブ・ワウをミニスイッチで切り替え使用可能な設計。

 外部エクスプレッションペダルにも対応し、モジュレーションスピードやワウを足元でコントロールする事も出来ます。




 クラシックなサウンドを新しく解釈する事で産まれた「Monterey Rotary Fuzz Vibe」。

 目指すところは”ネオ”ヴィンテージというだけあって、現代風なアプローチに対応する面白いユニットに仕上がっていると思います。


 以上、どちらのペダルもトゥルーバイパス仕様。

 ACアダプター駆動にのみ対応で、乾電池駆動は出来ないペダルです。


JHS Pedals、Keeley Electronics / Steak & Eggs【オーバードライブ・コンプレッサー】【送料無料】






楽天市場

関連記事

««前のページ  | ホーム |  次のページ»»