FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
68位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

2016 ”HP”【Gibson USA】

 2016年モデルが発表されて早半年以上が経過しましたが、今年は限定製品含め特に面白い製品が続いている気がする「Gibson USA」。





Gibson USA Les Paul Studio 2016 High Performance HP Ebony Gold Hardware 【S/N 160088842】


 こちら、幾度も生産されてきた経緯のある定番スタイル。一見、普通の”ゴールドパーツ”採用レスポールスタジオモデルに見えますが、製品名はGibson USA 「Les Paul Studio 2016 ”HP”」という今年のモデルです。

 2016 ”HP”は、”ハイパフォーマンス”の略になるそうです。


 そうなると、一体何がハイパフォーマンスなのかと気になる所ですが・・・





Gibson USA Les Paul Studio 2016 High Performance HP Ebony Gold Hardware 【S/N 160088842】


 こうした所や・・・





Gibson USA Les Paul Studio 2016 High Performance HP Ebony Gold Hardware 【S/N 160088842】


 こうした部分(ナット)を見て頂ければ直ぐにお分かり頂けると思います。


 そう、Gibson 2015年モデルの定番として搭載された「Gibson G FORCE」システムやアジャスタブルゼロフレットナットを採用した2016年モデル。それが2016 ”HP”モデルという訳なのです。


 2015年。大きな革新を掲げ大々的なデビューを飾ったGibson Newモデル。

 しかし、市場の反応は冷ややかな物でした。


 確かに、クラシカルなスタイルだからこそGibsonを愛するというファンからすれば、少し急進的すぎる改革だったのかもしれません。

 電動オートチューナーを含む現代的な新機構を盛り込んだその姿に困惑したファンも多かった事でしょう。


 しかし、その批判の多くは若干広くなったワイドフレットに集中していた様にも思います。

 G FORCEシステムやゼロフレットナットに対する批判よりも、演奏性の違いに違和感を感じる声が上がっていたのも事実でした。


 そして産み出された2016 HPモデル。

 2015年モデルに採用されたG FORCEシステム+ゼロフレットナットを搭載しつつも、ネック幅は従来設計の2016年仕様というモデルを誕生させたのです。





Gibson USA Les Paul Studio 2016 High Performance HP Ebony Gold Hardware 【S/N 160088842】


 更に、ハイパフォーマンスを名乗る以上、より現代的な操作性を求めネックジョイント部のヒールレス加工も施されております。

 最新システムと現代的なギターデザインに追従する新仕様。

 スタイルは良いが演奏性/操作性の面で難ありと思われてしまっていた新しい世代の方にも、すんなりと受け入れてもらえる様な新スタイルのレスポールモデルとして生まれ変わりました。





Gibson USA / SG Faded 2016 HP Worn Cherry 【S/N 160050573】


 更に驚くべきは、もともと新型レスポールとして開発され、演奏性の面で既にかなりの向上の見られる「SG」モデルのHPバージョンも発売された事です。 





Gibson USA / SG Faded 2016 HP Worn Cherry 【S/N 160050573】


 G FORCEシステム+ゼロフレットナット仕様はもちろんの事、SGモデルにまで若干のヒールレス加工が施されているのには驚きです。

 元々、ハイフレットの演奏性が高いSGにそれ以上の操作性を求めたモデファイスタイル。非常にアグレッシブな改良/仕様に思えます。


 それに伴い、ストラップピンもカッタウェイ裏へと移動。

 こう見ると、SGストラップピン位置の正解はやはりこちらなのではないかと思ってしまいます。


 歴史的でクラシカルな仕様。だからGibsonを選ぶという方も確かにいらっしゃると思います。

 ある意味それは、レスポールは認めてもSGは認めないなんて言うユーザーの声と同じであるように感じます。


 クラシカルな設計だけでなく、新世代の仕様/演奏性を目指すGibson。

 2016 HPに見られるクラシカルで新しいスタイルは、新しい世代、より多くのGibsonファンを獲得していくきっかけになるのではないかと期待が持てます。





Gibson USA / Les Paul Standard 2016 HP




Gibson、Fender、Martinなら充実の品揃えの石橋楽器店!
関連記事
スポンサーサイト




 | ホーム |