FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
48位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

意外な機器を元にしたアンプライクペダル【WALRUS AUDIO】

 個性的なペダル開発で知られるアメリカブランド「Walrus Audio」から、”アンプライク”を掲げた新作オーバードライブペダルが発売になりました。





WALRUS AUDIO 385 OVERDRIVE


 WALRUS AUDIO 「385 OVERDRIVE」です。


 まず、筐体に描かれているオープンリール式映写機が目に飛び込んでくると思いますが、これは単なるデザインではありません。




 1950年代に製作された Bell & Howell 385という16mm映写機(プロジェクター)に搭載されているアンプリファイが本ペダルの元になっている物です。

 よって、385 OVERDRIVE。


 デュアル6V6真空管構成のオーディオアンプ部を持つ「385映写機」を改造し、ギターアンプとして利用する試みは、一部のマニアの間では有名な話なのだそうです。





WALRUS AUDIO 385 OVERDRIVE


 そして産み出されたアンプライクペダルの「385」。

 映写機385の回路やサウンドを研究し開発されたのが本品です。


 コントロール形態は、Volume、Gain、Bass、Trebleの4コントロール構成。

 ピッキングの強弱によりクリーンと歪みを往来できるというタッチレスポンスに優れた特性と合わせて、まさにアンプライクな設計となっております。





WALRUS AUDIO 385 OVERDRIVE


 トーンコントロール部は「カット&ブースト方式」。組み合わせによりミドルレンジをスクープすることも可能な仕様です。




 意外とワイルドな音色が印象的なサウンドです。

 途中出て来るセミホロウギターでのトーンにはグッと来るものを感じました。



 内部で18Vに昇圧される回路設計により、真空管アンプの様なダイナミックさをもつアンプライクペダル「385」。

 駆動は、ACアダプター専用となります。





WALRUS AUDIO 385 OVERDRIVE




楽器の事ならアフターも安心の石橋楽器店!
関連記事

進化したG3。新型マルチエフェクター【ZOOM】

 つい先日、BOSSブランドから注目の新型マルチエフェクター「GT-1」が発売されたばかりのこの時期、数々のベストセラーマルチエフェクター製品を開発して来た「ZOOM」ブランドが新作を投入してきました。





ZOOM / G3N 【アダプター付属】《予約注文/9月下旬発売予定》


 ZOOMマルチの売れ筋モデル「G3」の正当進化型な新作。

 9月下旬発売予定のZOOM 「G3”n” Multi-Effects Processor」です。


 先に発売されている、「G5n」同様のビジュアルイメージとなった新作G3n。

 各エフェクト用のコントロールノブ類にフットスイッチ。それとは別に用意されたパッチスクロール等のフットスイッチが搭載された本体。

 シンプルな構成と扱いやすさがG5n同様の洗練されたイメージを抱かせてくれます。


 特に、前型では小さなスイッチであったパッチ/スクロールスイッチやタップスイッチが大き目なフットスイッチとなった事で操作性が向上。

 より操作のストレスを感じさせない仕様となっていると感じられます。





ZOOM / G3N 【アダプター付属】《予約注文/9月下旬発売予定》


 搭載されるエフェクト/アンプモデルは、70エフェクト、10アンプモデル(5アンプ・5キャビネット)。

 最大7個のアンプ/エフェクトモデルを自由な接続順で同時使用が可能です。


 前型「G3X」が94種類のエフェクト、22種類のギターアンプ/キャビネットモデルであったのに比べ、若干数が減ったようにも感じられますが、よりクォリティアップを図られた結果であることを想像すれば意に介さないレベルの差であると思います。

 (ちなみにG5nは、68エフェクト、5アンプ/5キャビネット)

 更に加えるならば、USB端子搭載型である本機はWEBから定期的に配信される追加アンプモデル、エフェクト、プリセットパッチなどを利用する事が可能ですので(無償)、エフェクト/アンプモデルの初期搭載数は在って無いようなものだとも考えられます。


 データ容量としては、75種類のプリセットを含む、合計150種類のパッチメモリを完備。

 最長80秒のルーパー機能、68パターンのリズムマシン機能、チューナー機能も搭載しています。





ZOOM / G3N 【アダプター付属】《予約注文/9月下旬発売予定》

 
 本体上部には、USB端子の他、外部入力端子などが並びます。

 ヘッドフォン端子を兼ねたアウトプットはステレオ対応。

 本体駆動は付属のACアダプターによりおこないます。





ZOOM / G3XN 【アダプター付属】《予約注文/9月下旬発売予定》


 前型と同じく、パラメータのリアルタイムコントロールが可能なエクスプレッションペダルを備えたG3”Xn”も同時発売。

 (搭載エフェクト/アンプモデル数は、G3n、G3Xn共通。ペダルなしのG3nモデルの方には別売エクスプレッションペダルを接続可能なコントロール入力が標準装備されています)


 より使い易く、そして高音質に進化し続けるデジタルマルチエフェクター。

 この進化の波は一体何処まで続いていくのでしょうか。





ZOOM / G3XN 【アダプター付属】《予約注文/9月下旬発売予定》




楽器総合小売店の石橋楽器!
関連記事

Shin's Musicとのコラボレーションペダル【MXR】

 「MXR」から新作オーバードライブペダルが発売になります。


 その新作ペダルは”Japan’s most celebrated”(日本で最も有名な~)と紹介されているアンプテック/ペダルデザイナー「shin's music」鈴木伸一氏とMXR Custom Shopデザインチームがコラボレーションした特別なペダルになる模様。





MXR Custom Shop / CSP035 shin-juku drive 《予約注文/9月下旬発売予定》


 その名もMXR 「shin-juku drive」。

  shin's musicのロゴには、”Downtown Tokyo”(工房は葛飾区にあるそうです)と書かれていますので、何故に”shin-juku”なのか少し不思議なネーミング。

 とにかく日本の都心、有名都市から世界へ向けてという思いが込められている感じの名前になっております。


WAY HUGE / WHE207 GREEN RHINO(TM) OVERDRIVE MkIV




 音色的には、現MXR/Jim Dunlop開発責任担当:Jeorge Trippsのプライベートブランド「WAYHUGE」から発売されている「GREEN RHINO OVERDRIVE」の様なニュアンスを感じさせつつ、さらに「shin's music」のエッセンスを加えた王道的オーバードライブ。

 やや硬めに仕上げられたトーン、高めに設定されたゲインと歪み方は、Shin's製ペダルお得意の抜けの良いドライブサウンドを感じさせるものになっているそうです。


MXR shin-juku drive [9月下旬発売予定]




 Output、Tone、Gainのシンプルな操作系に加え、本体左上にDarkスイッチを搭載。

 ONにすると帯域がやや下へ落ち、ダークでメローなトーンへと変化します。




 反応の良いワイドオープンなそのサウンドは単純に格好良いものだと感じます。

 幅広いゲインレンジを持つ本機は、低いドライブでも効果的。

 常にON状態にして使えば、”トーンの甘味料”になると紹介されていました。


 MXR 「shin-juku drive」は、9月下旬発売予定。

 トゥルーバイパス仕様のペダルです。





MXR Custom Shop / CSP035 shin-juku drive 《予約注文/9月下旬発売予定》




石橋楽器店
関連記事

««前のページ  | ホーム |  次のページ»»