FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
55位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

ギタリストのお勉強55

 ギターを弾く上で知っておくとお得な楽典その55。


 今回は、コード進行、コード変化により生じるインパクトについてです。


 以前、代理コードについての記事の中で、”共通の構成音”、”似通った響きを持ったコード”なんていう概念に触れました。

CEA.jpg

 コード機能上”代理”として働くコードは、トニックやサブドミナントコードと共通のコード構成音を含み、響きが似ているので代理として作用するというお話です。

 つまりは、似ている響きのコード同士の移行は、ゆるやかなコード進行と捉える事も出来る訳です。

 逆に言えば、まったく構成音が違うコードへと変化すれば、”コードが変わった”感じが強く発揮され、曲中の流れにインパクトある転換点を付加する、曲に抑揚をつける効果があると言うことにもなります。


TAB255.jpg

 そういう点を踏まえ、まず最も変化の少ない、緩やかなコード進行は?と言うと、まったく同じ和音同士の連続がもっとも緩やかな進行と考えられます。

 同じ和音が二度繰り返されるだけですが、一応これも和音進行。

 オクターブが上がったりすればまた聞こえ方も変わりますが、基本同じコード(同じ転回系)であれば、進行的には弱いものとなります。


 次に、同じコード、そしてボトム(最低音)も同じ、積み重なる上声音のみ違うコード。

 同じ和音でも耳に付きやすい上声部が変化することにより、若干コード変化が起きたように感じられます。


TAB256.jpg

 さらに大きな変化を感じさせる為には、同じコードでもボトムが変化した形。つまりは転回系

 和音構成音が変わらなくとも、ボトムが変わる事により印象も変わります。

 これは、バンドアンサンブルでも言える事で、ギタリストが同じコードを弾いていても、ベーシストがベースラインを動かすことにより、立体的な躍動感を生み出す事が出来るのと同じです。


 さらに大きな変化をもたらすのは、同機能の違うコードネームへの移行。つまりは代理コードへの移行です。

 但し、先ほども言いました様に、代理コードには共通の構成音が含まれ、似たような響きを持つという特性がありますので、進行による変化自体は大きなものとは言えません。

 コードの変化を出したい場合には、ボトムの変化や転回の仕方に工夫して使う必要があるかもしれません。


 最後に上記よりも大きな進行変化を出せるのが、まったく違うコードへの移行。

 単純に捉えて、コード機能の違うコード進行(トニックからサブドミナントへ~等)となります。


 
 しかし、ここで注意すべきは、弱いコード進行がすなわち悪いという訳ではないという事です。

 コード進行は曲(メロディ)を盛り立てる為に構成されるものですので、ある時は緩やかに、ある時はインパクトの大きな転換点を与えるといった様に、曲全体に抑揚をつける役目のも大切です。


 コード機能を考慮に入れたコード選定から始まり、構成音の在り方(転回、ボトムの変化)を含むコードチェンジによりどれだけコードが変わった感を演出するか、を考えコード進行を組み立てると今ある曲がより印象的なものへと変えられるかもしれません。





Fender USA / American Elite Telecaster Thinline Natural Maple【S/N US16072827】




Gibson、Fender、Martinなら充実の品揃えの石橋楽器店!
関連記事

漆黒のDS-1【BOSS】

 世界中で愛されてきた「BOSS」コンパクトシリーズは、今年で誕生40周年。

 それを記念して、BOSSコンパクトペダルの歴史的名機であるディストーション”DS-1”の限定モデルが発売になります。





BOSS / DS-1-4A Distortion ボス ディストBOSS / DS-1-4A Distortion 【ボスコン40 周年記念の限定モデル】【ボスコン40 周年記念の限定モデル】【NAMM SHOW 2017】《予約受付中/1月28日発売予定》


 1月28日発売予定。

 漆黒の筐体。限定生産のDS-1、「DS-1-4A」です。


 1978年に登場して以来、BOSSコンパクトシリーズの中では最もロングセラー。

 言わずもがな誰もが知るであろう名機中の名機の特別バージョンです。


BOSS / DS-1 Distortion ボス ディストーション《DS-1デザインピンバッジプレゼント:811142900》




 一応、こちらが通常のDS-1。

 数々のクローンペダルを生み出し、後に名機と謳われる数々のディストーションペダルの原型となったオレンジ色の筐体。

 長年ギターを愛好している方ならば、必ず見たことがあるであろう世界的に有名な姿です。





BOSS / DS-1-4A Distortion ボス ディストBOSS / DS-1-4A Distortion 【ボスコン40 周年記念の限定モデル】【ボスコン40 周年記念の限定モデル】【NAMM SHOW 2017】《予約受付中/1月28日発売予定》


 そして、今回の40周年記念モデルの方はブラックカラーに金文字。

 更に、通好みな銀ネジ仕様と、同じDS-1とは思えぬ重厚な仕上がりとなっております。




 まさにヘビーデューティーギア。抜群の耐久性と信頼性とを表している様なBOSSコンパクト40年の歴史を物語る特別な品であると感じます。





BOSS / DS-1-4A Distortion ボス ディストBOSS / DS-1-4A Distortion 【ボスコン40 周年記念の限定モデル】【ボスコン40 周年記念の限定モデル】【NAMM SHOW 2017】《予約受付中/1月28日発売予定》




石橋楽器店
関連記事

Limited Edition ”ALL BLACK”【Bacchus】

 価格を超えたハイクォリティーで人気の「Bacchus」ブランド”GLOBAL Series”から、限定のオールブラックモデルが発売になっています。


Bacchus GLOBAL Series Limited Edition BST-ALL BLACK




 ボディやピックガード、ヘッドやネック裏までオールブラック。

 金属部品はクロームパーツを採用し、キリッと引き締まった印象に仕上げられています。


 今回の限定オールブラックモデルのラインナップは、定番のストラトタイプとテレキャスタータイプ。

Bacchus GLOBAL Series Limited Edition BTL-ALL BLACK 【12月下旬入荷予定】





 PBタイプ、JBタイプのベースギターモデルも発売。

Bacchus 《バッカス》 GLOBAL Series Limited Edition BPB-ALL BLACK




Bacchus GLOBAL Series Limited Edition BJB-ALL BLACK





 テレキャスタータイプのモデルはボディにバインディング入り。

Bacchus 《バッカス》 GLOBAL Series Limited Edition BTL-ALL BLACK




 テレキャスタータイプボディの美しい造形を際立たせる演出が見事です。


Bacchus 《バッカス》GLOBAL Series Limited Edition BST-ALL BLACK【あす楽対応】




 兼ねてより、新しい素材の採用にも積極的な取り組みを見せております株式会社ディバイザー/「Bacchus」製品。

 今回のオールブラックシリーズのボディ材も”ジェミリーナ”という少々聞きなれぬ材がボディに使用されております。

 この”ジェミリーナ”は、アルダーに近い特性を示す材だそうで、東南アジアを中心に広く利用されている素材なのだそうです。


 自慢のディバイザーフィリピンファクトリーと、その立地を生かした材選定。

 今回のALL BLACKモデルもチャレンジ精神溢れる「Bacchus」の製品作りに対する姿勢が存分に発揮された製品と言えるのかもしれません。


 手の届きやすい価格で作りの良さが自慢。

 これからもギター愛好家の強い味方となるようなブランドであると思います。


Bacchus GLOBAL Series Limited Edition BJB-ALL BLACK【初心者セット】【エレキベース入門10点セット】【1BOX梱包お届け】






楽天市場



関連記事

««前のページ  | ホーム |  次のページ»»