FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
67位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
3位
アクセスランキングを見る>>

2017

 謹賀新年


 良き新年をお迎えのことと存じます。

 皆様のご健康と良きギターライフとを心よりお祈りいたします。


 2017年元旦 BlackDog
関連記事
スポンサーサイト



ちょっとした小技47

 今年は元旦から日曜日という事で、毎度役に立つか否か微妙なこちらの記事から。


 知っていると、少しだけためになるかもしれない小技。


 以前から、基礎的な練習について繰り返し記事にしてまいりましたが、大切とは分かっていても実際にどう取り組むべきかというのは意外と曖昧なものなのではないかと思います。

 例えば、基礎練習として大変ポピュラーな「クロマチック」フレーズの練習。


TAB204.jpg

 ただ、見た通り闇雲に練習しても必ず効果の出る練習であるとは思いますが、より上達を促す為にはどんな点に注意して練習すべきか。

 そう言った基礎的な技術向上のための注意点について一つ二つ考えてみようと思います。


 まず、漠然とした出来る出来ないの話。

 初めてギターを手にした時の状態を考えれば、単一弦の一つ一つとなりのフレットを抑えて行くという単純なクロマチックフレーズでさえもままならないのが当たり前です。

 出来ない事こそ練習すべき。それが上達への近道。

 変な言い方ですが、”ならば基礎練習フレーズを弾きこなせるようになろう”と練習に取り組む気持ちにもなれるものです。


 最初は弦を抑えるのもやっと。もちろんピッキングも滅茶滅茶。

 しかし、丹念に取り組めば、やがてある程度スムーズに演奏出来る様になり、他の弦へ移動したり、他のパターンも弾けるようになっていくと思います。


 この時点で、確かに上達していますので、”クロマチックフレーズ(他の基礎的なフレーズ)は練習すべき”という言い方も出来ると思います。

 しかし、これはまだほんの入り口。

 クロマチックフレーズをある程度弾けるようになったとしても、恐らくまだまだ出来ない事が山積みな状態。

 全く同じクロマチックフレーズを弾くのでも、困難な事が沢山残っているのです。


Donner ギターピック 16枚セット それぞれ厚さ カラフル 多種多色




 次の段階でまず出来ない事は?と考えると、単純に速いテンポに対応出来ないですとか、パターンの違うクロマチックフレーズが組み合わさると上手く弾けないという事があると思います。


 そしてまた、クロマチックフレーズの練習。

 押弦/ピッキング動作の為の筋力不足、柔軟性不足を解消しつつ、様々なパターンに対応出来る様、さらに練習を積む事となります。


 これもある程度対応出来るようになったとして、ここで基礎練習は卒業かと言うとそうでもなく、さらに細かく観察すれば新たな練習課題も見つかって来るものです。


 大分速いテンポでもある程度弾ける状態になったと思っても、実は時々音がしっかり鳴っていないというのは良くある話。

 その多くが、”押弦とピッキングのズレ”によるものなのではないかと思われます。


 当たり前の話ですが、押弦とピッキングはギター演奏の両輪。

 どちらかに不備があっても楽器は上手く鳴りませんし、そのタイミングがずれていてもまた上手く鳴ってくれません。

 幾らフィンガリングフォームに注意しても、ピッキングフォームに拘っても、ズレてしまっていては台無しです。


 テンポが速くなれば、このズレは気づき難くはなりますが、注意して聞けばすぐに気づける問題だと思います。

 ギターの上手下手を定義するのはなかなか難しいですが、単純に上手いと言われる方はこの辺りも非常にしっかりしていると感じます。


Gibson ギブソン エレキギター Melody Maker 2014 Charcoal Gray Satin




 テンポがゆっくりなら上手く行くのに、速いとなぜズレが生じるかという問題ですが、丹念にやったつもりの押弦/ピッキング練習も実は不足しているという場合が殆どだと思います。

 ゆっくりとしたフィンガリングならばある程度はいう事を聞いても、速くなると遅れやイレギュラーが出るというケースです。

 これはピッキングに関しても同じ。


 これを少なくして行くにはやはり丹念な基礎練習が必要であると思います。

 もちろん、速い動きに対応するために、速い練習ばかりをすれば良いというものでもなく、ゆっくりとしたテンポでもしっかりとした押弦とピッキング、そしてしっかりとした左右の動きを連携させる事を意識した練習が必要だと思います。


 しかも、このイレギュラーや左右のズレを限りなく少なくするというのはかなり大変な課題になると思います。

 それこそ、呼吸をするかのようなレベルまで、左右の手の動きを連携させなければならないのですから。


 そうして考えると、熟練者といえども基礎練習をおろそかにしていないという事に納得出来るのではないかと考えます。



 新年早々、だらだらとした長文にお付き合い頂き大変申し訳なくもありますが・・・。

 しかしこれを機に、今一度基礎練習に向き合ってみようと思って頂ければ幸いです。


Elixir エリクサー エレキギター弦 2セット 1ボーナスセット NANOWEB Light .010-.046 #16542 (12052 3個セット) 【国内正規品】



関連記事

 | ホーム |