FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
70位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

長時間動作を実現した新型クリップチューナー【KORG】

 見やすく小型軽量にどんどん進化を続けるクリップチューナー。

 チューナー機器大手と言えばやはりこのブランド「KORG」から、新型クリップチューナーが発売されました。





KORG / AW-LT100G


 三角柱型の本体部がひと際目立つ新作、KORG 「AW-LT100G」です。


 コンパクトで薄型の本体と進化を続けて来たクリップチューナーに、何故あえての三角柱形状なのかという点が気になる所ですが、なんとこの新型単四乾電池駆動型なのです。

 これまでボタン電池(CR2032)駆動が定番であったクリップオンチューナー。

 コンパクト化、軽量化という進化の側面を見れば当然の仕様と言えるものですが、これを単四乾電池駆動とすることで実に約100時間の使用時間を確保することに成功しました。


 その分、若干の重量増(電池含み32g)となりましたが、従来モデル(※)と比べても微増。十分軽量と言える範囲であると思います。

 ※ PitchCrow-G 21g、sledgehammer 25g (共に電池を含む重量)






KORG / AW-LT100G


 ”ギター専用”として開発された本機は、メーターの追従性や安定性、反応速度の向上を実現。

 VA型カラーLCDディスプレイを採用し、高輝度ホワイトバックライトとカラーLCDメーターによる高コントラストと広視野角を実現しています。

 ”レギュラー”、”ストロボ”、”ハーフストロボ”各表示モードを搭載。

 本体側面の三角型シャトルスイッチによる簡単操作で、キャリブレーション設定にも対応。


 見やすく扱い易い新型として進化しております。





KORG / AW-LT100G


 様々なデザイン・厚みのギターヘッドに対応する形状のクリップにより、高いホールド感を実現。

 可動アームとボールジョイントによるフレキシブルな取り付け角度設定も可能です。





KORG / AW-LT100B ベース専用


 ギターに最適化されたギター専用モデル「AW-LT100G」に加えて、ベース用「AW-LT100B」も発売されました。

 ギターモデルの測定範囲がB1(61.74Hz)~ E6(1319 Hz)であるのに対し、ベース用モデルはE0(20.60Hz)~ C5(523.3Hz)とベースギター向けに最適化されています。




 単四乾電池搭載可能となった事で長時間駆動を可能にしたKORGの新作。

 これで、いざ使いたい時に電池が無いという不都合から解放されるかもしれません。





KORG / AW-LT100G




石橋楽器店
関連記事

いよいよ来ました”S” Series【Gibson USA】

 昨年、「Gibson USA」2017年モデルが発表になった際、本国公式ページに掲載されたニューモデルの中に少々変わったモデルシリーズがありました。

 ”2017 Sシリーズ”と紹介されていたそれらモデルは、新しいコンセプトの元、デザインや仕様が従来のGibson製品とは異なる目新しい製品。


Gibson SG Fusion (Ebony) [Gibson USA 2017 Models]




 コストパフォーマンスを重視し、Gibsonブランドとしては低価格な製品群です。

 しかし、海外では既に話題になっていたものの、一向に国内に入ってくる様子の無かったシリーズでもありました。


 このまま日本での販売はされないシリーズなのか?と不思議に思っていたところですが、6月初旬あたりから幾つかの楽器店において販売が始まりました。

 そして最近、イケベ楽器さんの方でもこの”S”シリーズの取り扱いが始まった様です。


 晴れて日本での正式デビューを飾ったGibson S Series。

 まずはGibson代表的なモデルの一つSGから。


Gibson SG Fusion (Wine Red Solid) [Gibson USA 2017 Models]




 Gibson USA ”S Series” 「SG Fusion」。

 オクターブピッチ調整可能なラップアラウンドブリッジと縦に長いピックガードが特徴的なSGモデルです。


 まず、どのあたりがリーズナブルな価格帯の製品かという部分ですが、ネックはメイプル材を使用。ローズウッド指板仕様。

 セットネックなのはもちろんですが、ネック色の裏塗りはなし。(メイプルのナチュラルカラー)

 ボディはマホガニー材使用とありますが、仕様書にマルチピースであるとの記載が成されております。

 その為かボディフィニッシュはグロス仕上げ。

 その代わりと言ってはアレですが、カラーバリエーションが豊富に用意されています。(全8カラー)


Gibson SG Fusion (Lavender Fog) [Gibson USA 2017 Models]




 コントローラーは1Volume、1Tone、1トグルスイッチのシンプルな形。

 ピックアップは”DS-C”と”DS-C+”。

 恐らくこのS Seriesの為に開発された新作ピックアップが採用されています。



 続いて、S Seriesにはレスポールモデルもあります。


Gibson Les Paul Custom Studio (Scarlet Red) [Gibson USA 2017 Models]




 Gibson 「Les Paul Custom Studio」。


 先ず、”Custom”なんだか”Studio”なんだか良くわからないネーミングでありますが、レスポールカスタム的なマルチバインディングやブロックインレイと言った要素はありませんので、あくまで”カスタムされたスタジオモデル”というコンセプトなのだろうと考えられる製品です。

 見た目としては、ピックガードレスで1Volume・1Tone仕様のレスポールスタジオと言った本機ですが、アッシュボディ(2ピース)仕様であります。

 ネック材はこちらもメイプル。ただし裏塗り有りです。


Gibson Les Paul Custom Studio (Reptile Green) [Gibson USA 2017 Models]




 サテンフィニッシュ採用でカラーは全7色。渋めのものから艶やかなものまで多種用意されています。




 ネックジョイント部はスカーフ接合。ハイフレットでの演奏性を高める工夫が盛り込まれています。

 ピックアップは”DS-A5”と”DS-A5+”を採用。アルニコピックアップになるそうです。



 さらに続いて、S Seriesの中でも特に異彩を放つ一品。


Gibson Firebird Zero (Ebony/Black Pickguard) [Gibson USA 2017 Models]




 リバースモデルのFirebiradをさらに裏返したような特異なボディ形状。

 Gibson 「Firebird Zero」。


 こちらも、縦に長い大型のピックガードが特徴的。

 ブリッジはSG Fusionと同じくアジャスタブルラップアラウンド採用です。


Gibson 《ギブソン》Firebird Zero (Ebony/White Pickguard) [Gibson USA 2017 Models]【あす楽対応】




 S Seriesの中でも特に廉価と言える価格の品であり、独特な雰囲気から大変なお得感を感じさせるZeroモデル。

 ボディ材はGibson製品としては珍しいポプラ材を使用しています。

 ネックはメイプル材を使用。裏はメイプルのナチュラルカラーです。

 個人的に、セットネック仕様でネック裏塗りなしという見た目が結構好みであったりします。




 ピックアップはSG Fusionと同じくセラミックピックアップ”DS-C”と”DS-C+”を搭載しているモデルです。




 この他にもS Seriesには、「Les Paul Custom Special」やFirebird Zeroよりも定価の安い「M2」と言ったモデルもGibson公式に掲載されています。

 まだ国内では見かけないモデルでありますが、時機店頭に並ぶのではないかと考えるところです。


 5~6年前に発売された廉価なGibsonモデル、Melody Maker ”V”や”Explorer”などにも驚かされましたが、今回のS Series各種もそれとは違った興味深さを感じさせてくれるニューモデルであると思います。


Gibson 《ギブソン》Firebird Zero (Ebony/White Pickguard) [Gibson USA 2017 Models]【あす楽対応】






楽天市場
関連記事

おもしろグッズ56

 ギターにまつわるちょっとおもしろいグッズ。


 今回取り上げますのは、アメリカのギター用品ブランド「D&A Guiatr Gear」が開発した、ギターストラップ関連アイテム。





D&A GUITAR GEAR / GIG STRAP STANDARD GST0100 【お取り寄せ商品】


 それがこちら、D&A GUITAR GEAR 「GIG STRAP」という製品。


 ギターストラップの関連アイテムと言われても少々ピンと来づらいものかもしれませんが、見ていただければなんとなくお分かり頂けるであろうこの品。

 ストラップの肩に当たる部分に装着する形の後付けショルダーパッド。

 オプショナルショルダーパッドとも言うべき製品であります。


 使用法は簡単。

 このショルダーパッドをストラップへと巻き付けマジックテープで止めるだけです。


 ではこのショルダーパッドの特性は如何にという話になりますが、それは肩にあたる部分。パッド裏面を見るとお分かりいただけると思います。





D&A GUITAR GEAR / GIG STRAP STANDARD GST0100 【お取り寄せ商品】


 御覧の通り、パッドには大小様々な突起が設けられております。

 そして、一見堅そうに見える突起は、柔らかいTPEポリマー(熱可塑性エラストマー)素材が使用されています。





D&A GUITAR GEAR / GIG STRAP STANDARD GST0100 【お取り寄せ商品】


 つまり、この突起によりギターを担いだ状態での肩へのマッサージ効果が期待できる。そんなアイディアグッズなのであります。

 もちろんこの突起はギターのずり落ちを防止するグリップ効果も発揮することとなります。





D&A GUITAR GEAR / GIG STRAP STANDARD GST0100 【お取り寄せ商品】


 従来のショルダーパッド(部)を考えてみると、分厚く柔らかい素材のパッドですとか、如何にギターがずり落ちないか等の点が重要視されてきた訳ですが、まさかのギターを背負いながらマッサージ効果を得るという着眼点を持つのがこのGIG STRAPという製品なのです。


 4kg以上あるような重いギターを吊り下げるのに使えば、更に効果的?かもしれません。

 いくら柔らかい突起とは言え重いギターに使うと痛いと感じるのならば、それはそれで若い(健康)という証拠だと思います。


 尚、GIG STRAPにはスタンダードサイズ(GST0100)とワイドサイズ(GST0200)が用意されておりますので、お使いのストラップの幅に合わせて選択出来ます。

 スタンダードサイズは幅2~2.5インチ、ワイドは、3~3.5インチ幅に対応しています(1インチ=2.54センチ)


 ギターの重みを活用して肩をマッサージ。

 意外とはまってしまいそうな感じのする製品だと思います。





D&A GUITAR GEAR / GIG STRAP STANDARD GST0100 【お取り寄せ商品】




業界No.1のインターネット楽器販売専門サイト石橋楽器店!
関連記事

««前のページ  | ホーム |  次のページ»»