FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
91位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
5位
アクセスランキングを見る>>

気になるギタリスト75

 気になるギタリスト75回目の今回は、先日この世を去った孤高の天才ギタリスト「アラン・ホールズワース」です。


レジェンダリー・ギタリスト 特集●アラン・ホールズワース [増補改訂版] (シンコー・ミュージックMOOK)




 彼に特別興味が無くとも、一度は何処かでその名を聞いたことがあるのではないかと言う位の大物。

 ジャンルを問わず活躍した彼は、今年70歳でこの世を去るまで次回作の制作を行っていたと言われる音楽を愛し、ギターに生きた人物です。


ザ・シックスティーン・メン・オブ・テイン 2 (SHM-CD紙ジャケット仕様)




 多くの有名プロアーティストからも尊敬するギタリストとして名前が挙がる程ですので、その技量はやはり超絶的。

 大きな手を生かしたフレーズワーク。繊細極まりないレガート。

 真似をしてみたくともおいそれとは真似の出来ない、天才的なギターワークを持ち味としていました。


 今では良く見かけるようになったライトハンドタッピングや両手を使ったタッピング奏法などを一早く披露していたのも彼です。

 (タッピング奏法の元祖等とも言われていますが、それはアラン本人が否定していたそうです)


ザ・ベスト・オブ・アラン・ホールズワース (SHM-CD紙ジャケット仕様)




 自由な創作、音楽スタイルである彼は、ギターシンセサイザーやブレスコントローラー(息の圧力を感知しシンセサイザーをコントロールする機器)など、時代を先どる機材を積極的に取り入れて行くギタリストでもありました。

 また、ヘッドレスギターの使用やダブルネックモデルやバリトンギターを取り入れるなど、常に新しい音楽を求めていた姿が感じられます。


 誰かの真似では無いオリジナリティーを追求するその姿。

 当然、多くのファン、フォロワーを生み出して行った訳なのですが、そんな彼も度々資金難に陥る事があったというのは有名な話です。

 誰もが知る天才。だからと言って商業的に成功するとは限らないという皮肉な現実。

 それでも、今わの際まで音楽家として生きた彼の姿は彼の残した音源と共に長く語り継がれて行くギタリストであると思います。


I.O.U



関連記事
スポンサーサイト




 | ホーム |