FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

”TransAcoustic”を身近に 【YAMAHA】

 アコースティックなシステムなのに、コーラスやリバーブが楽しめてしまうという夢のアコースティックギター。

 「YAMAHA」の開発した驚きの最新技術”TransAcoustic”を応用したトランスアコースティックギターモデルに同社”FG/FSシリーズ”をベースにしたお求めやすいモデルが登場しました。





YAMAHA / FG-TA Brown Sunburst (BS)


 YAMAHAの新しいFG(/FS)-”TA”モデルは、これまで高級モデルのみのラインナップであった”TransAcoustic”を身近にするエフェクト搭載型アコースティックギターモデルです。


 私の様に既に頭の固くなった人間からすると、アコースティックギターなのにエフェクト搭載というのがいまいちピンと来ないものでありますが、トランスアコースティックギターは、楽器からもたらされる響きを処理しつつ、振動として楽器に戻してやる(※)という特殊な方式によりこれを実現しています。

 ※ 弦などの振動を電気信号に変換してエフェクト処理。ボディの内部に設置したアクチュエーター(加振器)でギター全体を振動させる方式。

 そう言った特殊なシステムですので、見た目も弾き味もほぼ通常のアコースティックギターそのものです。





YAMAHA / FG-TA Vintage Tint (VT)


 エフェクトコントロール用に3つのコントロールノブがボディサイドに設置されていますが、極控えめ。

 ここから耳を疑うようなエフェクティブなサウンドが(アンプ等を利用せずギターから)飛び出してくるのですから聞けばまず驚きます。





YAMAHA / FG-TA Vintage Tint (VT)


 一応、電気的な仕組みを持つアコースティックギターですので、電源は必要です。※ 要アルカリ単三乾電池。

 バッテリーボックスは本体底面、ストラップピンの位置に配置されています。





YAMAHA / FS-TA Ruby Red (RR)


 トラッドウェスタンタイプの「FG」、フォークタイプの「FS」の”TA”モデル共に、スプルース単板トップのマホガニーサイド&バック。

 ナトーネック、指板、ブリッジはローズウッドとYAMAHAの高いクォリティが生かされた製品がベースとなっております。




 ※ 動画は既存の「LL-TA」モデル発表時のものです。


 ある意味、夢のような体験をさせてくれる楽器。トランスアコースティックギターを身近に。

 最小限の機材で場所を選ばず、エフェクターによるサウンドバリエーションが生み出せてしまうのですから、それこそアコースティックギターの未来形と言っても過言ではないのだと思います。





YAMAHA / FG-TA Black (BL)




アコースティックギターなら石橋楽器店!
関連記事
スポンサーサイト




 | ホーム |