FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
50代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
80位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
4位
アクセスランキングを見る>>

定番フレーズ81

 ギター練習に役に立ちそうな練習フレーズ81回目。


 今回は随分前にも行いました単音弦バッキングフレーズの応用編。


TAB303.jpg

 6弦と5弦を行き来するロックでは良く見られるパターンですが、今回は3連符です。

 プロの方は当然として、熟練者の方が演奏すると、単純でも音楽的で非常に格好良いフレーズになると思います。


 3連符という事は8分音符のフレーズと比べて1.5倍手数が必要になります。

 ですので、初めはゆっくりとしたテンポから練習すると良いと思います。


 そもそも、3連符自体がいまいち良く掴めないという方は、メトロノームなどを利用しながら練習すると良いでしょう。


モーリス クリップチューナー メトロノーム機能付 CT-3




 最近ではメトロノーム付きのクリップオンチューナーなども安価な物が発売されていますのでおすすめです。


 さて、こうした3連符フレーズでの注意点としましては、今回の様な弦移動を含む場合にその周辺でリズムが狂ってしまう事です。


TAB304.jpg

 右手ピッキング動作と円滑な弦移動が上手く行かず、辻褄を合わせる為に16部音符になってしまうのでは具合が悪いです。

 この点注意しながら練習してみて頂きたいと思います。


TAB305.jpg

 さらにこうした5弦部分の音をピッキングハーモニクスで演奏するというのも良く見られるパターンです。

 実際にやってみて頂くとお分かり頂けるかと思いますが、意外と難しいです。


TAB306.jpg

 そこで、熟練者の方ならば自然と行う工夫がこちら。

 フレーズの初めをアップピッキングからスタートする方法です。

 こうする事によって、ピッキングハーモニクス部の5弦部分を自然なダウンピッキングで行うことが可能になります。

 ダウンピッキングから入り、ダウン→ダウン(P.h)と無理に弾くよりもリズムが安定し易くなると思います。(アップピッキングでのP.hも簡単という方ならば気にする必要はありませんが)


 アップピッキングからスタートというのも初めは戸惑うものかもしれませんが、こうしたやり方に慣れておくと様々な場面でも応用が利く様になりますので練習しておいて損はないと思います。


 3連符フレーズは慣れないリズムに”乗ろう/合わせよう”とピッキング動作を行う事で、自然と密度の濃い鍛錬となりうると思います。

 3連符にはあまり馴染みがないという方こそチャレンジし甲斐のある課題だと思います。


Donner DT-4 クリップ式 メトロノーム チューナー トーンジェネレータ 3 in 1



関連記事
スポンサーサイト




 | ホーム |