FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
76位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

シリコン版、縦型Fuzz Factory 【Z VEX】

 先日、縦型筐体を採用した新シリーズ”Vexter Series”として、ブランドの看板製品である「Fuzz Factory」を発売した「Z.VEX」。


Z.VEX / Vertical Fuzz Factory Vexter Series ジーベックス ファズ【新宿店】




 「Z.VEX」製品としては目新しい一般的な縦型筐体とカラフルなデザインが印象に残る新型でした。


 そして今回、これに続く新作が縦型Vexter Seriesから発売されました。





Z.VEX / Silicon Fuzz Factory Vexter Series


 今度はシリコントランジスタ採用のFuzz Factory。

 Z.VEX 「Silicon Fuzz Factory Vexter Series」です。


 昔ながらのゲルマニウムトランジスタを採用したモデルよりも耐熱性能の高いシリコントランジスタを採用した縦型モデル。

 熱ダレ知らずの安定性が売りのFuzz Factoryです。


 サウンドはもちろんFuzz Factoryを踏襲したものになっており、コントロール構成も同じです。

 スムーズなファズサウンドやラジオファズサウンド、過激な発信サウンドなど、バリエーション豊かなファズサウンドを生成出来ます。




 今回もインパクトあるカラーリングが施される事となったMade in USAファズペダル。

 広く一般的な縦型デザインとなった事で、他のペダルと組み合わせる場合などでもペダルボードへの導入がし易くなったのではないかと思います。





Z.VEX / Silicon Fuzz Factory Vexter Series




石橋楽器店
関連記事

カナダ製ペダルのニューブランド 【Ground Control Audio】

 カナダのエフェクターブランド「Ground Control Audio」製品3機種が日本でもお目見えとなりました。





Ground Control Audio / Amaterasu


 まずはプリアンプ/ブースターペダル、Ground Control Audio 「Amaterasu」。

 いきなりの漢字表記と”アマテラス”という製品名、そして日本風なグラフィックデザインに驚かされますが、れっきとした外国製品です。

 このペダルを見てお分かり頂けます様に「Ground Control Audio」はペダルデザインにも拘りを持ったブランドだそうでして、その見た目も楽しめる製品が特長とも言えそうです。


 「Amaterasu」は最大+26dBまでのブーストが可能なプリアンプ/ブースターペダル。




 コントロールは”GAIN”と”BRIGHTスイッチ”というシンプルな形態。

 BRIGHTスイッチにより、きらびやかなトーンを得ることが可能になっています。





Ground Control Audio / Serpens


 続いて、Ground Control Audio 「Serpens」はナチュラル志向のコンプレッサーペダル。

 光学抵抗を用いたナチュラルなアタックとリリースが特長のペダルとなっています。




 クリーンシグナルとエフェクト音のバランスを取る”BLEND”コントロールを搭載。

 通常のVolumeやGainコントロールの他、さらに筐体内部にトリムポットが3つ搭載されており、Gainコントロールの調整幅やリリースタイムの設定などが出来る仕様です。





Ground Control Audio / Blood Oath


 最後は、ロー~ミドルゲインのオーバードライブペダル、Ground Control Audio 「Blood Oath」。

 コントロールノブは4つ。2ストンプスイッチ型。


 ”Volume”、”Drive”、”Tone”に加え、プリゲインブーストを調整可能な”Pre”コントローラーを搭載。

 このプリゲインステージは独立したもので、左側のストンプスイッチでON/OFFが可能となっています。




 分離感の良いサウンドが魅力的に感じます。


 以上、カナダ製「Ground Control Audio」の3製品。

 音のクォリティはもちろんのこと、見た目にも愛着の持てそうなペダルだと感じます。

 今後さらに、どのようなペダルが日本へとやってくるのか、非常に楽しみなブランドだと思います。


 今回、日本へとやってきた3機種は全て乾電池駆動不可。アダプター駆動のみに対応する製品ですのでご注意を。





Ground Control Audio / Amaterasu




業界No.1のインターネット楽器販売専門サイト石橋楽器店!
関連記事

新作オーバードライブとリバーブペダル 【Mad Professor】

 フィンランドのペダルブランド「Mad Professor」から、新作ペダルが2機種発売となりました。





MAD PROFESSOR / Little Tweedy Drive


 一つは、オーバードライブペダル、MAD PROFESSOR 「Little Tweedy Drive」。

 ”Tweed Deluxe”の様なスモールサイズアンプのトーンを再現するドライブペダルです。


 50年代後半の甘いヴィンテージサウンドを再現するこのペダル。

 アンプライクな歪みというのはもちろんですが、それと同時にヴィンテージアンプの弱点と言える諸問題を克服。

 出力の低下を防ぎ、レスポンスの良いドライブが得られる設計となっているそうです。




 アンプライクな歪みペダルという事で、他のオーバードライブやブースターペダルと組み合わせても良し。

 単体でも、複数接続しても魅力的なトーンが得られるペダルとなっております。





MAD PROFESSOR / KOSMOS


 新作もう一つは、コンパクトな筐体にバラエティ豊かなモードを備えたリバーブペダル、Mad Professor 「KOSMOS FAC」。


 右上のモードノブにより選択可能となるリバーブタイプは全11種類。

 Prete、Hall、Springから、ShimmerやSwellまで多彩なリバーブ表現を可能としています。




 エフェクトON/OFFの為のフットスイッチは、長押しによる操作でリバーブエフェクトのフリーズも出来る仕組みになっています。

 加えて、電源投入時のペダル長押し操作で”Dry+Wet/Wetのみ”の設定も可能です。


 以上、「Mad Professor」の新作ペダル2機種。

 流石人気ブランドらしい、押さえるべきところを押さえた感じのする新作だと思います。





MAD PROFESSOR / Little Tweedy Drive




楽器の事ならアフターも安心の石橋楽器店!
関連記事

««前のページ  | ホーム |  次のページ»»