FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
50代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
66位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
4位
アクセスランキングを見る>>

アンプ/キャビネットモデリング搭載型アンプヘッド 【Mooer】

 機能満載のマルチエフェクターや折りたたみ式のミニフットコントローラーなど、面白い製品開発でも知られる中国ブランド「MOOER」から、今度はちょっとユニークなアンプヘッド製品が発売になりました。


Mooer Little Tank D15 モデリングアンプヘッド




 重量約670gの小型軽量な筐体に、25種類のアンプモデリングと20種類のキャビネットモデリングを搭載。

 15Wパワーアンプを内蔵したアンプヘッド、MOOER 「Little Tank D15」です。


Mooer Little Tank D15 新品 ギターアンプヘッド[ムーア][リトルタンク][モデリング][Guitar Amplifier Head][動画]




 搭載されるアンプモデリングは、MarshallやFender、VOXにMesa/Boogieなどの有名機種から、PEAVEYやHIWATT、SOLDANOやMACHLESSなど通好みな有名モデルまで全25種類。

 同じく有名メーカーのキャビネットモデリング20種と自由に組み合わせて使用出来ます。


 この時点で何とも贅沢なアンプヘッドでありますが、さらにモジュレーションやディレイ、リバーブなどのエフェクターも多数搭載。

 もちろんプリセットに対応し、自由にセッティングした内容を40種類まで保存可能です。

 其の内、4種まで本体前面のA~Dプリセットボタンに設定することが出来ます。

 これにより、設定したプリセットを瞬時に呼び出すこと可能になるという仕掛けです。


MOOER Little Tank D15




 本体背面には、センドリターンや外部入力端子、ヘッドフォン端子などを装備。

 15w出力のアンプヘッドですので、当然キャビネットへ接続して音を出すことも出来ます。

 (ヘッドフォン接続時にはスピーカー出力はミュートされる仕様)


 さらにBluetooth接続にも対応し、無線で外部オーディオの入力も可能としております。




 まさに、今現在の流行を形にした様なモデリングアンプヘッド。

 小型軽量な上、これ一台で豊かな表現力を発揮するという大変頼もしい機器であると思います。


Mooer Little Tank D15 新品 ギターアンプヘッド[ムーア][リトルタンク][モデリング][Guitar Amplifier Head][動画]






楽天市場

 
関連記事

スタジオコンソールメーカーのプリアンプぺダル 【API】

 アメリカのスタジオ系機材メーカー「API」から、コンパクトなペダル型ギター(/ベース)用プリアンプペダルが発売になります。





api / TranZformer GT ≪予約注文/6月上旬発売予定≫


 6月上旬の発売予定のAPI 「TranZformer GT」です。


 歴史あるミキシングコンソールメーカーの発売する品という事で、やはり独特な設計が感じられるこの新製品。

 フットペダルは3つ用意されており、BYPASSスイッチ以外には”TONE”と”COMP”等というスイッチが搭載されております。





api / TranZformer GT ≪予約注文/6月上旬発売予定≫


 これは、API自慢のトーン回路とコンプレッサー回路を搭載する本機がその機能を個別にON/OFF出来るものであります。

 トーンとコンプレッサーは個別にOFF出来ますが、当然プリアンプ回路は通ります。


 コンプレッサー回路は6段階設定。

 設定したGAINに対して常に自然なコンプレッションを簡単な操作で与えてくれます。


 トーンコントロール部は200Hz/1.5kHz/5kHzの三つの帯域が設定可能。


API TranZformer LX(ベース用)【予約商品・6月上旬発売予定】




 ベース用のTranZformer ”LX”ではこの帯域に違いがあります。





api / TranZformer GT ≪予約注文/6月上旬発売予定≫


 スタジオ機器メーカーのペダルという事で、自然とXLR端子のバランス出力も備えております。

 高音質をそのままダイレクトにミキサーへ。

 D.Iとしても使用出来ます。




 エフェクター環境でも、今やスタジオ品質という言葉が当たり前の様になってきましたが、まさにスタジオクォリティをもたらすプリアンプペダル。

 魅力的な音と高音質というのは、また違った要素ではあると思いますが、 単純にどこまでの高音質なのかというのも非常に気になります。

 何より高音質を求める方ならば大注目の一品になるかと思います。





api / TranZformer GT ≪予約注文/6月上旬発売予定≫




楽器の事ならアフターも安心の石橋楽器店!
関連記事

新作リバーブ2種発売 【Mr.Black】

 サウンドのみならずデザイン的にもハイセンスな製品を開発するアメリカのペダルブランド「Mr.Black」から、新作リバーブペダル2種が発売になりました。





Mr. Black / Deluxe DeluxePlus


 まず一つ目は、Mr.Black製品としては少し珍しい横型筐体のこちら。

 リバーブとトレモロエフェクトを一台にまとめた「Deluxe DeluxePlus」。


 本体左がトレモロエフェクト、右にリバーブを搭載した本機は、両方を同時に使用することはもちろん、どちらか一方のエフェクトだけでも使用することが可能です。


 ”ウェットなスプリング・リバーブで波間を駆け、バイアスモジュレーショントレモロで波に乗りましょう”とその製品イメージが紹介されています。




 搭載されるコントロールはシンプルなもので、トレモロの深さとスピード、そしてリバーブレベルと3ノブだけの簡単操作。

 トレモロエフェクトというと良く音量落ちが問題になったりもしますが、本機の場合には自動で音量レベルを補正してくれる機能が搭載されています。


 バッファードバイパス仕様。

 9Vアダプター駆動にのみ対応で乾電池は使用出来ません。 





Mr. Black / BloodMoon


 続いてもう一つの新作は、シンプルな操作で長大なリバーブサウンドを演出するペダル、「BloodMoon」。


Mr. Black Super Moon




 この新作「BloodMoon」は、幻想的なサウンドを生み出す同社リバーブペダル、「SuperMoon」のリバーブコントロールをカスタマイズした製品になるそうです。





Mr. Black / BloodMoon


 本機は、300msから”30秒以上”ものリバーブを生成可能なペダルです。

 ”REVERB”コントローラーは、ドライシグナルとウェットシグナルのバランス調整。

 絞り切る事でドライシグナルのみ、最大設定でエフェクト音のみに設定することも出来ます。




 中央の”SWAY”コントロールによりモジュレーションも付加可能。

 こちらも絞り切る事でモジュレーション無しの設定が出来ます。


 こちらのペダルは、トゥルーバイパス仕様。

 9Vアダプター駆動のみの乾電池非対応型です。


 残響系を得意とするブランドの高品位リバーブ。

 もちろんハンドメイドの確かな品です。





Mr. Black / Deluxe DeluxePlus




楽器総合小売店の石橋楽器!
関連記事

««前のページ  | ホーム |  次のページ»»