FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
67位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
3位
アクセスランキングを見る>>

真空管アンプヘッドユーザーの為の一品 【Fryette】

 プリアンプやロードボックスなど、拘り抜いた製品を開発する「Fryette Amplification」から、真空管アンプユーザーの為の大変便利な機器が発売されました。





FRYETTE / PL-1 POWER LOAD


 コンパクトなサイズにダミーロード/マイク・キャビネットシミュレーション機能を搭載した一品。

 Fryette 「PL-1 POWER LOAD」です。


 やはりアンプは真空管。とお気に入りの品を所有している愛好家の方も多くいらっしゃるかと思いますが、問題なのは何処でも気軽に使える訳ではないという事であると思います。

 基本的にキャビネット接続が必須の大出力真空管アンプリファイは、ある程度音量を出してやらないとその良さも半減してしまったりするものです。

 となると、自宅で思う存分鳴らすのは困難である場合が多いと思われます。





FRYETTE / PL-1 POWER LOAD


 ある意味、そうした使い勝手の悪さが今のモデリングアンプの人気やキャビネットを接続しなくとも駆動可能な真空管アンプヘッドなどの進歩・発展に繋がっているとも言えますが、それでもお気に入りのアンプヘッドがある場合にはそれも捨てがたいと思われるのではないでしょうか。

 そうした悩みの解決が期待出来る機器。それがこの「PL-1 POWER LOAD」です。


 本機は、最大200W出力までのアンプリファイに対応。

 キャビネットを接続する事なく真空管アンプヘッドの駆動が可能。

 ホームユースやラインレコーディングにお気に入りの大出力アンプヘッドが利用出来る様になります。


 しかも、これまでのダミーロードやスピーカーアッテネーターを使ったレコーディングでは、実際にキャビネットを鳴らした時と比べ微妙にその良さが失われてしまう場合も多くありました。

 これは、キャビネット使用時とダミーロード使用時のアンプの反応動作が異なっていることがその原因であります。


 しかし、本機はスピーカーキャビネットを接続された場合と同様にギターの周波数に対してリアクティブに反応。

 キャビネットに接続した時とほぼ同じ挙動を再現し、アンプヘッドの魅力を最大限に活かす工夫が施されております。





FRYETTE / PL-1 POWER LOAD


 ライン環境で真空管アンプリファイの魅力を引き出す工夫は他にもあります。

 キャビネット/マイクエミュレーションを搭載し、スピーカーキャビネットの周波数特性を調整するボイシングスイッチやキャビネットのキャラクターを変化させられる機能も搭載。

 マイク特性を変化させる中・高域の”COUNTOUR”コントローラーやマイクセッティングを調整する”AIR/BITE”スイッチ等。

 多種のキャビネット/セッティングを使い分けている様な事がこれ一台で可能になります。





FRYETTE / PL-1 POWER LOAD


 またこれらの機能を強力に支援する各種入出力も大充実。

 もちろんヘッドフォンも利用出来ます。

 
 何より小型で、何台ものキャビネットに匹敵する機器。

 アンプリファイも進歩著しいものですが、旧来の機器を生かすこうした機器もまた進歩していると感じられる素晴らしい製品だと思います。





FRYETTE / PL-1 POWER LOAD




楽器の事ならアフターも安心の石橋楽器店!
関連記事
スポンサーサイト




 | ホーム |