FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
67位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
3位
アクセスランキングを見る>>

スタジオコンソールメーカーのプリアンプぺダル 【API】

 アメリカのスタジオ系機材メーカー「API」から、コンパクトなペダル型ギター(/ベース)用プリアンプペダルが発売になります。





api / TranZformer GT ≪予約注文/6月上旬発売予定≫


 6月上旬の発売予定のAPI 「TranZformer GT」です。


 歴史あるミキシングコンソールメーカーの発売する品という事で、やはり独特な設計が感じられるこの新製品。

 フットペダルは3つ用意されており、BYPASSスイッチ以外には”TONE”と”COMP”等というスイッチが搭載されております。





api / TranZformer GT ≪予約注文/6月上旬発売予定≫


 これは、API自慢のトーン回路とコンプレッサー回路を搭載する本機がその機能を個別にON/OFF出来るものであります。

 トーンとコンプレッサーは個別にOFF出来ますが、当然プリアンプ回路は通ります。


 コンプレッサー回路は6段階設定。

 設定したGAINに対して常に自然なコンプレッションを簡単な操作で与えてくれます。


 トーンコントロール部は200Hz/1.5kHz/5kHzの三つの帯域が設定可能。


API TranZformer LX(ベース用)【予約商品・6月上旬発売予定】




 ベース用のTranZformer ”LX”ではこの帯域に違いがあります。





api / TranZformer GT ≪予約注文/6月上旬発売予定≫


 スタジオ機器メーカーのペダルという事で、自然とXLR端子のバランス出力も備えております。

 高音質をそのままダイレクトにミキサーへ。

 D.Iとしても使用出来ます。




 エフェクター環境でも、今やスタジオ品質という言葉が当たり前の様になってきましたが、まさにスタジオクォリティをもたらすプリアンプペダル。

 魅力的な音と高音質というのは、また違った要素ではあると思いますが、 単純にどこまでの高音質なのかというのも非常に気になります。

 何より高音質を求める方ならば大注目の一品になるかと思います。





api / TranZformer GT ≪予約注文/6月上旬発売予定≫




楽器の事ならアフターも安心の石橋楽器店!
関連記事
スポンサーサイト




 | ホーム |