FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

定番フレーズ83

 ギター練習に役に立ちそうな練習フレーズ83回目。


 今回のお題は、フレーズの音符を短く弾くという課題です。


 実際に練習するフレーズの内容はどんなものでも構いません。

 普段取り組んでいる基礎的な運指フレーズでも、得意のフレーズでもなんでも。

 但し、そのフレーズの音符を短く切って演奏します。


 例えば、


TAB319.jpg

 こんな基礎練習フレーズを~


TAB320.jpg

 この様に演奏します。


 音を短く発音する事で、自然と間には休符が入ることになりますので、その部分はしっかりと左手の力を抜いてミュートをしなければなりません。

 つまりこうする事で、左手指のON/OFFを鍛錬しようという内容です。


 初めは適当に音符を短く切ってみるという事を繰り返しても良いですが、やがてはメトロノームなどに合わせてきちんとリズムをキープして演奏出来るように練習すると良いと思います。


TAB321.jpg

 最初の例題は機械的な運指練習フレーズでしたが、もう少し音楽的なフレーズになると少し難しくなるかと思います。


TAB322.jpg

 譜割りが少し複雑になれば、それだけしっかりと休符を感じなければなりません。


 後は技術的にはそれ程困難な物ではないと思われますので、繰り返し練習すると押弦とミュートの鍛錬に繋がると思います。


 併せて、右手のミュートやピックストップなどを活用して音を短くすると言った方法も練習すると、フレーズ表現の幅を広げる練習にも繋がると思います。


 大した事のない練習でありますが、意識してやってやると押弦/ミュートのコントロールが上達に役立つと思います。


DONNER/BOOST KILLER ドナー



関連記事
スポンサーサイト




 | ホーム |