FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

伝統の”SG”。2019年モデル 【Gibson USA】

 早くも発表になりました来期2019年モデル「Gibson」ラインナップ。

 当然今年もレギュラーラインナップとして伝統の”SG”モデル各種が登場しています。





Gibson USA / SG Standard 2019 Heritage Cherry《予約注文/納期未定》


 2019年の「SG Standard」は、ラージピックガード搭載型。

 しかし来期は、もう一つの形のSG Standardがラインナップされています。





Gibson USA / SG Standard 61 2019 Vintage Cherry


 もう一つの形とはもちろんスモールピックガード搭載型の61年モデル、「SG Standard 61」。

 例年ではどちらか一つがレギュラーラインナップとして発売され、シーズン途中にLimited製品が投入されたりするケースがよく見られましたが、2019年は好きなほうを選べる体制。

 SG好きにとっては嬉しいラインナップとなっております。





Gibson USA / SG Standard Tribute 2019 Vintage Cherry Satin《予約注文/納期未定》


 さらに、若干リーズナブルな価格のサテンフィニッシュモデル、「SG Standard Tribute」も用意されています。

 こちらは、ドットインレイ仕様でネックバインディングなしとシンプルな装飾が特徴のモデルです。


 上記3機種とも今や希少なローズウッド指板仕様というのも注目される点です。





Gibson USA / SG High Performance HP 2019 Trans Black Fade《予約注文/納期未定》


 そして今年もSGラインナップの中でも注目される一品、”High Performance”モデルも発売となりました。


 モダンなノンピックガードスタイルにフィギアードメイプルトップの豪華なルックス。

 チタニウム製のアジャスタブルゼロフレットナットや”HP-2 High Performance Circuit”と言った先進装備に身を包んだ現代型のSGモデルです。





Gibson USA / SG High Performance HP 2019 Trans Black Fade《予約注文/納期未定》


 銀色のエスカッションやトラスロッドカバーも未来的なルックスに良く似合います。


 しかし、見た目よりも注目されるのは、2019年のLes Paul Standardにも採用される事となったHigh Performance Circuit。

 DIPスイッチの組み合わせで、コイルタップ/スプリットなど様々な効果が得られるというサーキットであります。


 本来、ワイヤリングを変更するなどしなければ得られなかった効果が、たとえ専門的な知識が無くとも手軽にセッティング出来てしまうというのは非常に便利で有用な話だと思いますが、それにしても若干今になって?という気がしないでもありません。

 何十年物間変わることの無かったシンプルなエレキギターの配線。

 本当はもっと早い段階でこうした機能切り替えシステムが搭載できたのではないか?とも思うところです。


 しかし、”音質”という難しい命題と常に向き合ってきたこうした楽器としては、古き良きものをなかなか捨てられない、需要としても新しいものは受け入れられ辛いという現実がこの発展を遅らせていたのだと考えられます。

 そう考えると、このGibsonの改革と挑戦していく姿勢は非常に挑戦的で意欲溢れる革新であると捉えられると感じます。


 エレキギターの内部配線もコネクター式やワンタッチのクランプ式など徐々に登場してきてはいますが、まだまだ一般的とは言い辛いものです。

 どうか、音質的な問題をクリアし、ヴィンテージの幻想を打ち破るような、そんな素晴らしい新製品をこれからも開発していってくれることを望みます。





Gibson USA / SG High Performance 2019 Blueberry Fade 【S/N 180079002】




Gibson、Fender、Martinなら充実の品揃えの石橋楽器店!
関連記事

”Slash Firebird”発売 【Epiphone】

 「Epiphone」から、「スラッシュ」ファン必見の限定アーティストモデルが発売になります。





Epiphone / Slash Firebird Trans Black Limited Edition《予約注文/9月下旬以降入荷予定》


 9月下旬発売予定のEpiphone 「Limited Edition Slash Firebird」は世界900本限定のお品。

 AAAグレードのフレイムメイプル材をトップに配した、トランスルーセントブラックカラーの豪華な一品です。





Epiphone / Slash Firebird Trans Black Limited Edition《予約注文/9月下旬以降入荷予定》


 Gibson直系ブランドのEpiphone製だから名乗れる、”Firebird”。

 見た目はもちろん王道フォルムを受け継ぐ完璧な仕上がりです。


 ピックアップにはSeymour Duncan製Slashモデルを採用。(APH-1N/2B)

 ネックプロファイルもスラッシュの好みが反映されたものとなっております。


 その上、見えない部分にまでこだわりを見せるのが最近のEpiphoneアーティストモデルの凄い所。

 キャパシターにオレンジドロップを使用するなど、楽器として妥協なき作りが感じられます。





Epiphone / Slash Firebird Trans Black Limited Edition《予約注文/9月下旬以降入荷予定》


 ボディやネックはもちろんマホガニー材を使用している本機でありますが、スペックシートによるとネックはスルーネックではなくセットネック方式となる様です。(Glued In: Deep-set neck tenon)

 指板にはパーフェロー材が使用されています。





Epiphone / Slash Firebird Trans Black Limited Edition《予約注文/9月下旬以降入荷予定》


 伝統のバンジョーペグスタイル。

 お馴染みトレードマークの“Skull & Top Hat”のロゴがピックガードに入れられた格好の良い一品だと思います。




 Epiphoneブランドとは言え格安とは行かない本品価格でありますが、出来を見れば納得の価格であるかと思います。


 尚、このSlash Firebirdには、認定書とギグケースが付属します。





Epiphone / Slash Firebird Trans Black Limited Edition《予約注文/9月下旬以降入荷予定》




楽器の事なら石橋楽器!
関連記事

未来型のコンプレッサーペダル 【Darkglass Electronics】

 本日とりあげますのは、日本で発売になったばかりの有名“ベース製品”ブランドからの新製品。





DARKGLASS ELECTRONICS / HYPERLUMINAL


 ベース用のアンプリファイやエフェクターなどで知られるブランド「Darkglass Electronics」から発売されたコンプレッサーペダル、「HYPER LUMINAL Hybrid Compressor」という製品です。


 まず製品名からして只者ならぬ雰囲気のこの製品でありますが、一体何が”Hybrid”なのかという部分が気になるところです。


 製品自体は4ノブ搭載の一般的なコンパクトエフェクター。

 しかし、よく見ていただくとお分かり頂ける様に、コントロールノブとストンプスイッチの間に小さなLEDが数多く内蔵されております。

 そして、そこに描かれている”円”模様の傍には”RATIO”と”MODE”という表記が。

 デザインの一環とも思えるこの”円”模様も実はコントローラーになっているのです。

 なんとこれタッチセンサー式であります。


 今や様々な場面や機器で見かけるようになったタッチセンサーでありますが、まさかストンプペダルにまで当たり前のように搭載される日がくるとは。

 年寄りの私には少々驚きを感じるものであります。


 すなわち本機は、アナログの回路を最新デジタルテクノロジーで制御するという最新の形。

 エフェクターの未来を思わせる様な仕組みを持った”Hybrid Compressor”なのです。




 3つ搭載されたモードの切り替えやRATIOの設定はタッチセンサーで。

 当たり前の様にUSB ケーブルを介し、PC/MACと接続といった事も可能な次世代ペダル。


 タッチセンサー部に関しては、別に機械式スイッチでも構わないのではないかとも考えてしまうところですが、筐体デザインやイメージをトータルで考えるとこの形が最適だったと納得させられてしまう感じが致します。


 物には必ず、良いところと悪いところがあるものですので、この形が最良とは言いません。

 しかし、これからの時代はこうしたスタイルの製品がもっと増えていく様な気もします。

 そのうち、コントロールノブ自体の無いペダル(スライド式タッチセンサー)なんて言うのもあり得る話なのかも知れません。





DARKGLASS ELECTRONICS / HYPERLUMINAL




石橋楽器店
関連記事

««前のページ  | ホーム |  次のページ»»