FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
91位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
5位
アクセスランキングを見る>>

DELUXE版”BE-OD”と新作ローゲインドライブ 【Friedman】

 至高のアンプリファイを生み出すブランド「Friedman」が作り出すペダル。

 Friedmanを代表するアンプリファイ、「BE-100」の音色をペダルとして再現した製品、「BE-OD」にデラックスバージョンが登場しました。


Friedman BE-OD DELUXE 新品 オーバードライブ[フリードマン][Overdrive][デラックス][Effector,エフェクター]




 11月27日発売のFriedman 「BE-OD DELUXE」は、新たな機能と2チャネンル仕様の2ストンプスイッチタイプ。

 まさにデラックスな一品となりました。


FRIEDMAN 《フリードマン》 BE-OD【台数限定特価】




 デラックス版の1チャンネルは、これまでのBE-ODペダルと同じ回路を搭載。

 もう一つのチャンネルはローゲイン仕様となっております。


FRIEDMAN BE-OD DELUXE 【11月27日発売予定】




 この二つのチャンネルをフットスイッチで切り替えて使用可能となった本機は、リズムとリードを一台で賄える様になりました。

 2チャンネル分のコントロールノブを搭載するデラックス版は以前のBE-ODに比べ一見ノブの数が少なくなっている様にも見えますが、デラックス版の方は小さなPresenceノブが採用されている為、そう見えるだけであります。

 チャンネルあたりのノブ構成に変化はありません。(Volume、Gain、Bass、Mid、Treble、Presence)

 加えて、低域を調整する”Tight”スイッチを搭載。

 これは、3ポジションのトグルスイッチとなっております。


 さらに内部には調整可能なトリムポットも用意されており、全体的なゲイン量を抑える事も可能になっているそうです。




 スイッチはトゥルーバイパス仕様。

 電源は9V~18Vに対応し、18V駆動する為のスプリッターケーブル(9Vx2を接続する為の物)が付属します。


 ローゲインチャンネルも備え、機能も増えたBE-OD DELUXE。

 BE-ODをメインに据えたい方には大変有用な一品になるのではないかと思います。


FRIEDMAN 《フリードマン》GOLDEN-PEARL 【11月27日発売予定】




 そして、Friedmanからは、新作ペダルがもう一台。

 Friedman 「Golden Pearl Overdrive」は、”オーバードライブしたアンプをさらにプッシュするように設計された”、クリア/ローゲイン志向のオーバードライブペダル。

 3つのクリッピングが選択出来る”VOICE”スイッチと、同じく3ポジションのハイカットスイッチを搭載し、様々な機材/セッティングでの活躍が期待出来るペダルとなっております。




 BE-OD DELUXEに比べると地味な感じのする一品ですが、天下のFriedman謹製のローゲインドライブですので、こちらも非常に気になる製品であると思います。

 
 Golden Pearl Overdriveの方も9V~18V対応。

 スイッチはトゥルーバイパス仕様です。


FRIEDMAN 《フリードマン》BE-OD DELUXE [CLOCKWORKS EDITION] 【11月27日発売予定】






楽天市場
関連記事

ペダル版”ECSTASY”がミニサイズ化 【Bogner】

 天才アンプビルダーが生み出した「Bogner」ペダルが、ミニサイズとなって発売。


 世界を席巻し続けるBognerアンプのフラッグシップモデルのトーンを再現したBognerペダルを代表するペダル、


Bogner / ECSTASY BLUE




Bogner Ecstasy Red




 「Ecstasy Blue」と「Ecstasy Red」がそれぞれコンパクトなサイズとなりました。


Bogner 《ボグナー》 Ecstasy Blue Mini 【11月27日発売予定】




 Bogner 「Ecstasy Blue」は、クラシックなドライブサウンドを生み出す”Ecstasy”の”Blueチャンネル”を再現したペダルです。

 MINIサイズとなるにあたって、2ストンプスイッチ型から1ストップスイッチ型へと変更。

 4つのミニスイッチ搭載型であったものが、3つのミニスイッチ搭載型へと変更されています。


 搭載されるミニスイッチは、”variac”、”pre eq”、”gain”の各設定。

 さらに本体を裏返すとミッドレンジ調整用のトリムポットが装備されています。

 これは、裏蓋を外すなどせずにアクセスが可能です。


 ミニスイッチが削減された事で機能が縮小されているようにも見えますが、3ミニスイッチ+トリムポットの設定と形を変えただけで、機能的にはフルサイズモデルと変わらない物となっているようです。


Bogner Ecstasy Red Mini 【11月27日発売予定】




 同様にミニサイズとなった「Ecstasy Red」。

 Ecstasyならではのハイゲインクランチ、リードトーンを生み出す”Ecstasy”の”Redチャンネル”を再現した品です。


 こちらもブースト用のフットスイッチが無くなり、1ストンプスイッチ化。

 Blue MIIN同様、”variac”、”pre eq”、”gain”のミニスイッチと本体背面にトリムポットを搭載。

 こちらもフルサイズEcstasy Red同様の機能が、小さな筐体に収められている品です。


 以上、2つのEcstasy Mini。

 ペダルボードに導入しやすいサイズとなり、価格もスリムアップ。

 こうなると「Uberschall」ペダルのミニサイズも発売されるのではないかと期待が持てますが、今回発売になったのはEcstasy2機種のみです。


 Bognerアンプにまで手が届かなくとも、ペダルなら・・・とお考えのユーザーにもより手の届きやすい価格となったBogner Pedal Mini。

 Ecstasy Miniは、11月27日の発売となります。


Bogner 《ボグナー》Atma/Ecstasy Shell ver.【あす楽対応】






楽天市場
関連記事

ちょっとした小技64

 知っていると、少しだけためになるかもしれない小技。


 今回は、ギターが上達するにつれ陥る”落とし穴”というお話です。


 日々熱心に練習すればもちろんのこと、適当に楽しむ感じで弾いていてもギターの腕前は上達していくものです。

 今まで弾けなかったフレーズが弾ける様になったというのは判りやすい例ですが、それでなくともミスが減ったり、綺麗に音が鳴らせる様になったり、少し早いテンポでも弾けるようになったり、と細かい部分で必ず上達して行きます。

 そして、そんな差に気が付いて行けると、尚のことギターを弾くのが楽しくなるものであります。

 ですので、こうした”自分の上達具合に気づく”というのもギターを上達していく上で大切な事なのだと思います。


YAMAHA PACIFICA012 DBM 初心者14点セット 【ヤマハアンプ付き】 エレキギター 【パシフィカ】 ヤマハ




 さて、そうして少しずつ演奏が上手になっていきますと、単純に弾いていて楽しい。

 すると、今までよりも手慣れた感じでギターを扱ってみたり、同じく慣れた感じでフレーズを弾いてみたり、コードストロークをしてみたり、もう少しテンポアップして弾いてみたりと、色々出来る様になると思います。

 もちろんこれは上達と見る事が出来るのですが・・・


 この時、今一度自分の演奏を見直してみると、結構乱雑な状態となっているかもしれません。

 ある程度上達し、慣れたが故に起こる、演奏が雑という状態です。


 たしかに、初心の頃であればそんな雑な(慣れた感じの)演奏をしようと思っても単に滅茶苦茶になるだけで、”雑でも慣れた感じ”に演奏出来るようになったという時点で上達しているという事にはなりますが。

 しかし、楽器で音楽をやる以上、いくら慣れた感じに楽器を扱えている風でも演奏や出音が雑であれば問題です。

 唯本人だけが楽しいだけでは不足という訳です。


Donner DPA-1 9V DC 1Aアダプター エフェクター用電源分岐ケーブル PSE認証




 ではどうすれば良いのかと言えば、やはり自分の演奏(音)をしっかり見直す事です。


 以前より、楽に(または無意識に)弾ける様になったフレーズも、果たして一音一音しっかりならせているのか?

 テンポアップしても対応出来る様になったと感じている技術(運指/ピッキング)も、本当に対応出来るようになっているのか?


 この辺りをもう一度じっくり見直してみると良いと思います。

 すると大体、慣れて来たが故の雑さはそこに発見出来るものだと思います。


 たとえ雑な演奏でも、ギターに必要な筋力・運動能力の鍛錬という見方をすれば無駄ではありません。

 しかし、そのままではしっかりとした運指やストレッチ、ピッキングなどを行うには、不備があるかもしれません。

 楽をした部分は、何時までも鍛えにくい状態にありますから。


 理想は、その慣れた状態でしっかりと演奏出来る事。

 その為にもう一度演奏をチェックし、足りない部分を鍛える。

 さすれば、雑な演奏だったものがまた余裕をもって演奏出来る状態へとなっていくと思われます。


 しかしこれは、また次の段階の雑な演奏・慣れた演奏へ繋がる事だとも言えます。

 ですがそうなったらそうなったでまた上達のチャンス。

 再度、自己演奏をチェックするだけです。


 結局こうした繰り返しが、上達していく(同時に自己の上達を感じる)秘訣になるのではないかと思います。

 キリが無いように思えますが、これもギターの上達の味を知れば飽きずに続けて行ける物なんだと思います。


KC エレキギター用 セミハードケース SHE-120/BK ブラック



関連記事

««前のページ  | ホーム |  次のページ»»