FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
55位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

”特別賞”に輝いた逸品 【Factory of the apes】

 近年、新ブランドを開拓すると共に新作エフェクターを次々と生み出すきっかけともなってきた、東京エフェクター主催の「エフェクタービルダーズコンテスト」は、今年で早くも5回目。

 今年開かれたその第五回コンテストで初の”特別賞”に輝いた品が発売となりました。





Factory of the apes / DOSUKOI


 今年第五回のテーマは”ハイゲイン”。

 それにファズという形で答えた「Factory of the apes」の一品、「DOSUKOI」です。


 ビルダーズコンテストですとか、特別賞などという事実が全て吹き飛んでしまいそうな強烈なモデルネーム。

 ハイゲインファズペダルを表す名として、これ以上力強さを感じさせるワードが存在するでしょうか?





Factory of the apes / DOSUKOI


 しかも、その名同様の1コントローラーのみというインパクトある仕様。

 無駄を削ぎ落とした極めてシンプルな回路を採用しているという、これまた力強さを感じる一品なのであります。


 コンセプトからして揺るぎないモノを感じる本ペダル。

 賞に輝くのも納得という感じが致します。


 ですが、製品コンセプトが注目されるだけで受賞出来る程甘くはありません。

 当然その音も高い評価を受けたものであります。




 ハイゲインながら音色の輪郭を失わない強烈な歪みは桁外れの迫力を生みだします。

 再度ここで、DOSUKOIという製品名/コンセプトが活きてくる様な気がするサウンドであります。


 シンプルな操作だからこそ楽しめるストレートな音色。

 「Factory of the apes」の本気が伝わってくる様な一品だと思います。





Factory of the apes / DOSUKOI




楽器の事なら石橋楽器!
関連記事

Fenderアンプのスプリングリバーブを再現 【Source Audio】

 ハイスペックなデジタルエフェクターが有名なブランド「Source Audio」から、また新たなリバーブペダルが発売されました。


SOURCE AUDIO SA247 True Spring Reverb




 先端技術を生かしたペダルを得意とするブランドが開発した新型は、なんと60年代のフェンダーアンプに搭載されていた”スプリングリバーブ”を再現した品。

 その名もSource Audio 「True Spring Reverb」という一品です。


 もちろん物理的なスプリングを使用すること無く、デジタルでこれを実現。

 この為に、オリジナルのエフェクトエンジンを一から製作。

 オーディオ専用に開発されたAnalog Devices社製DSP、”Sigma DSP”を搭載し、スプリングの生み出す複雑な残響音を完全再現しています。


 搭載されるリバーブは3種類。

 Short /Long /Tank(アウトボード/外付けユニット)の各スプリングリバーブ/モードを選択可能です。


 さらに本機には、Vertio Tremoloに搭載されている3種のトレモロエフェクトも内蔵。

SOURCE AUDIO SA243 Vertigo Tremolo トレモロ




 Opt(optical) / Harmonic / Bias、3種のトレモロの内一つをリバーブと組み合わせて使用する事が出来ます。


SOURCE AUDIO SA247 True Spring Reverb




 ヴィンテージリバーブを再現するペダルではありますが、機能的には非常に現代的。

 モノラル対応の2in/2out仕様で、モノ→ステレオなどの接続にも対応します。


 フットスイッチは、例によってバッファードバイパス、トゥルーバイパスを選択/設定が可能な方式。

 合計6つまでのプリセットに対応する他、Neuroソフトウェア(Desktop Editor/ Mobile Aoo)にも対応。

 追加モデルやアルゴリズム、プリセットデータのダウンロード等に対応します。




 歴史的名品も今やコンパクトに再現出来てしまう時代。

 なのに人々が追い求めるのは、往年のサウンドというのも不思議な気が致します。


SOURCE AUDIO SA247 True Spring Reverb






楽天市場
関連記事

バリトンスケールの”SNAKEBYTE” 【LTD】

 メタル界の”リフマスター”。

 元祖スラッシュメタル「メタリカ」のフロントマン、「ジェイムズ・ヘットフィールド」愛用のシグネイチャーモデル”SNAKEBYTE”に限定モデルが登場。


LTD ( エルティーディー ) SNAKEBYTE SE Baritone【 ジェイムズ・ヘッドフィールド Model】 メタリカ JAMES HETFIELD




 なんと”バリトンスケール”採用のSNAKEBYTE。

 LTD 「SNAKEBYTE SE Baritone」です。


 ご存知、Gibson Explorerを進化させた様な独特な形状。

 このスタイルに惚れ込み、同モデルを手に入れたというファンも多いのではないかと思います。


LTD SNAKEBYTE SE Baritone (See Thru Purple Sunburst) [James Hetfield Signature Model] 【世界限定500本】 【11月下旬入荷予定】




 そんな洗練されたスタイルのジェイムズ・ヘットフィールドシグネイチャーモデルSNAKEBYTEですが、通常モデルはミディアムスケール(628mm)。

 今回登場のバリトンモデルは27インチスケール(686mm)ですので、その差実に58mm。

 当然、出荷時のゲージは極太サイズ(D’Addario EXL158 16-32)が張られており、チューニングはレギュラーチューニングから2音半下げ(B-E-A-D-F#-B)の状態にセットアップされています。


 ボディはマホガニーの3ピース。ネックも3ピースのマホガニー製。

 そのボディデザインと共に、メイプルのキルトトップにパープルサンバーストというカラーが妖しくも美しいスタイルを際立たせております。

 電装系もシグネイチャーモデルとなる、EMG JH ”HET”Setを採用しています。


 今尚、時代と共に変化を続ける「メタリカ」&「ジェイムズ・ヘットフィールド」。

 バリトン仕様のSNAKEBYTEから、またどんな名リフが生み出されるのかと楽しみになるようなモデルだと思います。


 LTD 「SNAKEBYTE SE Baritone」は、世界限定500本の限定生産。

 11月25日ごろ発売の予定です。


【ご予約商品】[JAMES HETFIELD METALLICA] LTD SNAKEBYTE SE Baritone(See Thru Purple Sunburst )






楽天市場
関連記事

««前のページ  | ホーム |  次のページ»»