FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
70位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

シンプルで多機能なディレイ&リバーブ 【NUX】

 昨日に引き続き、日本での販売を活発化させ始めている「NUX(ニューエックス)」ブランドの新製品。





NUX/ ATLANTIC DELAY+REVERB


 ミニサイズペダルも開発するNUXブランドとしては少し大きめな筐体サイズの”Verdugo Series”から発売された新作。

 ディレイ&リバーブペダル、NUX 「ATLANTIC DELAY+REVERB」です。


 その名の通り、ディレイエフェクトとリバーブエフェクトとを一台に搭載したこのペダル。

 60年代、70年代、80年代と各時代を象徴するディレイエフェクトを搭載しているのが特徴であります。


 60年代ディレイはというと、テープエコーの時代。

 物理的な仕組みで生み出された、ウォームなヴィンテージライクディレイが得られます。

  (ディレイタイム 55ms - 550ms)


 70年代は現代でも愛好者の多いBBD素子を利用したアナログタイプのディレイ。

 これを最新の技術でシミュレートします。

 (ディレイタイム 40ms - 400ms)


 80年代はデジタルディレイの時代。

 クリアな残響が得られるので、他のエフェクトとの相性も抜群です。

 (ディレイタイム 80ms - 800ms)


 各モードは、本体上のミニトグルスイッチにより切り替えが可能です。


 各ディレイタイムは、本体左下のフットスイッチによりタップテンポ設定が可能。

 タップスイッチによる設定の場合には、どのディレイタイプでもディレイタイムは125ms ‐ 1500msの間になります。





NUX/ ATLANTIC DELAY+REVERB


 そして、同じくミニトグルで選択可能なリバーブも3タイプ搭載。

 スプリング、プレート、ホールと代表的なリバーブ3種の内一つを選択して利用出来ます。


 搭載されるディレイ部とリバーブ部はルーティング(接続順)の変更も可能。

 さらに、本体上部に設置されたスイッチにより、シリアル(直列)/パラレル(並列)接続も出来ます。

 この場合ディレイとリバーブの信号は別々に処理した上でミックスアウトされる仕様です。


 出力は、モノラル対応のステレオ仕様。

 INPUTジャックは一つのみ搭載の本機でありますが、Y字分岐ケーブルを使用する事でセンドリターンへの接続も可能としております。

 使用するアンプにセンドリターンがある場合には重宝する機能です。

 さらにINPUTは、ハイインピーダンス/ローインピンダンス両対応しています。(これも本体上部のスイッチにより設定)




 これ一台あれば、残響系は全て賄えてしまう位の一台。

 しかも、ペダルとしては高価になりがちなディレイとリバーブが一緒になっている製品と考えるとお得感のある価格設定も魅力になるかと思います。





NUX/ ATLANTIC DELAY+REVERB




楽器の事なら石橋楽器!
関連記事
スポンサーサイト




 | ホーム |