FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
68位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

複数ブランド同時発売のシグネイチャーモデル 【ESP・Edwards・GrassRoots】

 日本のメロディックパンクバンド「HEY-SMITH」のフロントマン、「猪狩秀平」氏が愛用するエクスプローラータイプモデル”EP”が、「ESP」、「Edwards」、「Grassroots」と一挙3ブランドより発売されました。


ESP EP [Shuhei Igari Signature Model] 【受注生産品】




 当然、ブランド毎にグレードの違う品ですので、仕様や価格に差はありますがボディー素材は共通で厚さ38mmのマホガニー製。

 ボディからネック、ヘッドへと施されたバインディングとブラックのピックガード、ゴールドパーツ仕様が目を引くシグネイチャーモデルです。


【新製品】【受注生産】[HEY-SMITH 猪狩秀平モデル] EDWARDS E-EP




 ESP 「EP」モデルと中間グレードのEdwards 「E-EP」モデルは、受注生産品。

 エボニー指板採用の高品質・高級素材によって組み上げられる豪華な一本です。


 本モデルの特徴と致しまして、ボディのシルエットが一般的なエクスプローラータイプと異なる点が挙げられます。

 ボディエンドのジャック部が少し多角的なシルエットになっております。

 若干の違いではありますが、個性を感じる点であり、格好良い造形だと感じる部分です。


 さらに、ヘッド形状がバナナタイプでない事も本機ならでは。

 ESP系ブランドでお馴染みの形状のダブルサイデッドヘッドとなっているのも目を引く点です。


GrassRoots G-EP [Shuhei Igari Signature Model]




 一番手に取りやすい価格のGrass Roots 「G-EP」モデルでは、指板に”BLACKWOOD”を採用。

 ですが、セットネック構造なのは上級モデルと同じです。


 指板部分をよく見ますと、全モデル共ピースマークのオリジナルインレイが施されているのがわかります。

 さらに、指板サイドのポジションマークは蓄光素材(Luminlay)を使用。

 細かい所にまで個性の光る仕様であります。


 ネック側ゴールドカバー、ブリッジ側オープンというピックアップ仕様も個性的でありますが、当然これもグレードにより差があります。

 ESP/EdwardsブランドモデルではmSeymour Duncan ”SH-55n”と”SH-5”を搭載。

 GrassRoots 「G-EP」モデルでは、GrassRoots製品定番の”GH-1G”ピックアップが採用されています。


 3ブランド同時発売という大変な力の入れようが感じられるShuhei Igari Signature 「EP」モデル。

 ファンの方へ向けてというのはもちろんですが、純粋に一本のギターとして見ても大変格好良い一本であると思います。
 

GrassRoots G-EP [Shuhei Igari Signature Model]






楽天市場
関連記事
スポンサーサイト




 | ホーム |