FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
50代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
80位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
4位
アクセスランキングを見る>>

定番フレーズ93

 ギター練習に役に立ちそうな練習フレーズ93回目。


 今回は以前とりあげました、基礎練習と基礎練習の組み合わせ。

 単純なもの同士を連続して練習するという内容です。


TAB378.jpg

 練習して頂くのは、こんなフレーズ。

 開放弦をオルタネイトピッキングで弾き、そこから続けてドレミ~へと繋がる練習フレーズです。


 以前からずっと取り上げて来ましたこうした基礎練習ですが、単一の内容であればそこそこ弾ける様になったという方でも、また少し異なるメニューになると躓くというのは良くある話でございます。

 単純に、(練習)フレーズとフレーズの切り替えが上手く行かないという話であると思われますが、それでは円滑な演奏には支障があります。

 そこで、上記の様なマシンガンピッキングの様な状態から、続けてスケールを辿ってみようという訳です。


 単一弦のオルタネイトピッキングから、ドレミ~へ移行する際にどうしても詰まるという場合には、それぞれピッキングの使い方(右手の振り)が異なってしまっているという事が考えられます。

 こうした演奏内容の場合、全体を通して均一なピックの振り方を心掛け、練習してみると良いでしょう。


 そもそも、弦移動が苦手と言う場合には、基本的なスケール練習をさらに徹底してやると少しずつ上達していけるかと思います。


TAB379.jpg

 一応、上記フレーズの開放弦の後に続くドレミは、2フレットからのハ長調ドレミ~のこの様なポジションです。

 余裕がありそうでしたら、オルタネイトから続くスケール部分の演奏内容を工夫してみても良いと思います。 


TAB380.jpg

 同様に7フレットから始まるポジションでも。


TAB381.jpg

 こちらも、オルタネイトピッキングに続くのは、基本的なハ長調のスケールです。

 高音弦部分でも淀みなく演奏出来るように練習すると良いかと思います。


 同じように、コードストロークからの単音フレーズやその逆など、変化のあるフレーズ同士を連続して演奏するのは意外と難しかったりするものです。

 その為、有名曲をコピーする様な作業は非常に練習になるものですが、今回の様に部分部分に分けて自身の苦手な部分を発見し克服するというのも上達に必要な事だと思います。


 右手ピッキング動作の演奏フォームを確認しながら、じっくり取り組んでみてはいかがでしょうか。


Donner Dark Mouse ディストーション ペダル ギターエフェクター ミニー



関連記事

ナチュラルカラーにマッチする小型ワイヤレスシステム 【Xvive】

 中国ブランド「Xvive」から発売中の小型デジタルワイヤレスシステム”XV-U2”の限定カラーモデルが発売になりました。


【限定生産・予約品】 X VIVE・エックスバイブ / XV-U2/N Natural ナチュラルウッド デジタルワイヤレス・システム 【2019年7月中旬~下旬入荷予定】






 ”Wood Color Series”と名付けられたXV-U2は、なんと木目調。

 カラーも3タイプ。


Xvive XV-U2/2S [2-Tone Sunburst]【限定ウッドカラーシリーズ】 【送料無料】 【7月中旬以降入荷予定】




Xvive XV-U2/3S [3-Tone Sunburst]【限定ウッドカラーシリーズ】 【送料無料】 【7月中旬以降入荷予定】





 ”ナチュラル”、”2トーンサンバースト”、”3トーンサンバースト”とギターの塗装としてお馴染みのバリエーションが用意されています。


【ポイント10倍】【送料込】【限定モデル】Xvive エックスバイブ XV-U2/Blue 2.4GHz デジタルワイヤレス・システム 【smtb-TK】




 これまでも、メタリックカラーやカーボン調など、好みで選べるカラーバリエーションが結構豊富に用意されていたXV-U2。

 しかしながら、こうした本体カラーですと、ギター本体に装着するタイプのレシーバーが、嫌に目立ってしまうというのが気になっていた方もいらっしゃるのではないかと思います。


Xvive《エックスバイブ》 XV-U2/W Digital Wireless [Wood]【あす楽対応】【oskpu】




 実は少し以前に”Red Wood”モデルというものも登場していました。

 確かにこれも木目調ではありますが、今回の限定Wood Color Seriesの方が一般的なギターのカラーと違和感なくマッチすると思われます。

 いかにもワイヤレスを使ってますというのはちょっと…とお考えの方には、良い一品になるのではないかと思います。



 この限定モデルも従来通りレシーバーとトランスミッターで1セット。

 最大伝送距離約30m。

 リチウムイオンバッテリーの充電方式で約5時間使用出来るタフさも魅力。

 4チャンネル仕様ですので、複数人が同時に使用する事も可能です。


 近年、各社から続々と発売されている、手軽なデジタルワイヤレス機器。

 「一度使ってしまうと、もう従来のシールドケーブル生活には戻れない」

 そんな声も良く聞かれる様になりました。


 やはり、邪魔な配線が無い事と、簡単に接続/接続の切り替えが出来る。すぐに使える。等、便利さという点では革命的な機器なのだと思います。


Xvive XV-U2/N [Natural]【限定ウッドカラーシリーズ】 【送料無料】






楽天市場
関連記事

復活のドラゴンテレキャスター 【Fender】

Led Zeppelin 1 [DELUXE EDITION 2CD]




 伝説のアルバム「LED ZEPPELIN I」リリース50周年となる今年。

 「Fender」より復活する、「ジミー・ペイジ」シグネイチャーモデル。


 先ごろ発売されました”ミラーテレキャスター”に続き、これまた大変有名な一本である「ドラゴンテレキャスター」が復刻されました。





Fender / Jimmy Page Telecaster


 多くの歴史的資料にその姿が残る”ドラゴンテレキャスター”。

 Led Zeppelin結成後のジミー・ペイジと言うと、やはりレスポールモデルのイメージが強いだけにファンの方以外ですと少々意外な一品に思えるかもしれません。

 しかし、ヤードバーズの頃からLed Zeppelin初期まで、彼がメインとして居たのはこのテレキャスターであります。





Fender / Jimmy Page Telecaster


 今回復刻されたこの品は、当時ペイジ本人が手書きしたペイントを細部まで精巧に再現。

 オリジナルと見紛うばかりの完成度を誇ります。





Fender / Jimmy Page Telecaster


 ボディはアッシュ素材。

 Fender伝統のメイプルネックには特別なOval Cシェイプが施されています。





Fender / Jimmy Page Telecaster


 指板は見ての通りのローズウッド仕様になりますが、スラブボード(平面接着・分厚い指板材)仕様。

 今や珍重される、60年代当時の製品同様の贅沢な設計となっております。(指板R、184R)


 ピックアップは”Jimmy Page Custom Tele”を搭載。

 コントロール類は一般的なテレキャスターと同一仕様です。




 間違いなく時代を作った一品の復刻版。

 このドラゴンテレキャスターが示すのはロックの歴史そのものであると思います。


 正直、これほど個性の強い一本をどう扱えば良いのか?と悩んでしまうところですが・・・

 ここまでの品であれば、最早好きに扱うしかないのかもしれません。

 眺めて楽しむのも良し。メモリアルな品として大切に保管しておくも良し。

 もちろん、抱えてステージに出て行っても良いのだと思います。


 しかし、こんな品を手にLed Zeppelinのフレーズを一人つま弾けば、それこそ至福の時が得られるのかもしれません。

 



Fender / Jimmy Page Telecaster




Gibson、Fender、Martinなら充実の品揃えの石橋楽器店!
関連記事

««前のページ  | ホーム |  次のページ»»