FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
50代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
63位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
3位
アクセスランキングを見る>>

ペダルボードブランド発のコンパクトペダル 【Aclam Guitars】

Aclam Guitars Smart Track S2 Softcase S2 [w / UNIVERSAL S]




 マジックテープ不要のすのこ型ペダルボードを販売するスペインのブランド「Aclam Guitars」から、往年のブリティッシュアンプサウンドを再現するドライブペダルが2種発売になりました。





Aclam Guitars/ CINNAMON DRIVE


 まず一つ目。Aclam Guitars 「Cinnamon Drive」 。

 ペダルボードブランドが開発したこの新作ドライブペダルは、60~70年代のレジェンドアーティスト達が作り上げた伝統的なブリティッシュアンプトーンを再現するペダルです。


 高い内部電圧により作り出された広いダイナミックレンジとヘッドルーム。

 極限までドライブさせたヴィンテージチューブフィールをペダルで再現するものです。





Aclam Guitars/ CINNAMON DRIVE


 少し横長の筐体には、同社ペダルボード製品に対応する固定パーツが内蔵されており、そのままボードへ固定可能という新しい試みが見られます。




 フットスイッチは2つ搭載されており、左はブースト用。

 TONEコントロールが一つのみとシンプルな操作となっておりますが、内部トリムポットやDIPスイッチの設定により、さらに繊細なトーンコントロール機能を発揮出来るとの事です。





Aclam Guitars / DR.ROBERT


 続きまして白の筐体。

 Aclam Guitars 「Dr.Robert」は、「The Beatles」が使用したことで有名なVox ”UL730”アンプを再現するペダルです。

 こちらも筐体左右に同社ペダルボードに取り付け可能なアタッチメントを内蔵。


 今や伝説とされるハイブリッド(トランジスタ+チューブパワーアンプ)をオリジナル個体を元に再現。

 チューブプリアンプ+トランジスタパワーアンプというアンプリファイは今でも結構存在しますが、”UL730”の様な設計は珍しい部類。

 それを完全再現するペダルというだけで非常に価値のある製品なのではないかと思われます。




 Toneコントロールの代わりに搭載された”MIDS”コントロールが本機の持ち味。

 極端なスクープサウンドからゲインアップなど、ミッドレンジに特徴的な彩を加えるのに一役買ってくれます。


 左側のフットスイッチは“MACH SCHAU!”。

 独立したボリュームを持つ、一種のチャンネル切り替えの様なモード切替えスイッチになります。

 リードとバッキングでサウンドを切り替えたい場合などに役立つ機能です。


 ちなみに、筐体デザインはThe Beatlesの “Revolver” のジャケットを手掛けたクラウス・フォアマン氏のイラストだそうです。


 以上、ペダルボードブランドの手掛けたドライブペダル2種。

 どちらも独特な仕様が感じられるペダルで、市場に溢れるドライブペダルの中でもひと際目立つ存在になるのではないかと思います。





Aclam Guitars/ CINNAMON DRIVE




大都市圏に15店舗を運営!楽器の事ならアフターも安心の石橋楽器店!
関連記事
スポンサーサイト




 | ホーム |